コラム

公開日:2015/04/19 5:12

インナーボールを使って膣トレを試してみる

対策改善法膣内膣トレ美マン

自分の膣の締りが心配で、ダイエットも兼ねてストレッチをしてみることにしました。ストレッチを調べるうちにインナーボールの存在も知り、自分の家でお風呂に入るときはいつもインナーボールでストレッチをしてます。

 

膣トレのきっかけはセックスが楽しめなくなったから

 

膣トレを始めたきっかけは、彼とのセックスがあまり楽しめなくなってきていたからです。自分の感度が落ちているのか、段々と気持ちよさに欠けてきていました。彼のほうは毎回ちゃんといっていたので大丈夫だと思うのですが、さすがに毎回そこまで気持ち良くないのは私自身が痛くて辛かったので困っていました。

 

締めるだけで膣内が気持ちよくなることに気付く

 

ネットで感じやすいカラダの作り方を調べていると、膣のしまり具合も関係していることを知りました。 膣のしまりがよくなれば、彼自身が動いてどの場所に当っても気持ちよく感じることができるとのことでした。 田舎で過ごす私の時間で、移動は車、ストレッチもすることがほとんどなく、もしかしたら筋肉が落ちているのかもしれないと考えました。

 

どちらにしろ、ストレッチでおなか周りもすっきりすることが分かったので一石二鳥を狙ってさっそくトレーニングを始めることにしました。

 

一番簡単なことはおしっこを途中で止めること。 これはまだ容易にできたので、寝転がって足を上げ下げしたり、10センチほど両足を上げたままキープしたりと、下半身を鍛えられそうな簡単なストレッチをしていました。

 

どうしてもめんどくさがり屋で、きついものは確実に続かないと自分で分かっていたので楽で短時間を毎日行うようにしました。

 

手が空いている時はお尻の穴をきゅっと締めて、緩めるストレッチをできるときに取り入れていたのですがここで1つ気付いたんです。何もいれていなくてもきゅっと締めると不思議と膣の中がキュンとすることに。ただ締めているだけなのにちょっと気持ちよく感じるということは、もっと鍛え上げれば、彼とのセックスではもっと気持ちよくなれるんじゃないかってすぐにわかりました。

 

過去の自分を反省して新しいグッズで再トレーニング

 

振り返ってみれば、セックス中に意識して締めることもなかったし、締めたような記憶もありませんでした。

 

もっと膣のしまりをよくすることができないかと探していると、インナーボールというグッズを発見。 少し重くなった連なった球を、膣内に入れて同じようにストレッチをするといいと書かれていました。どうせならと一番重たいものを購入してお風呂場で試してみることに。

 

初めは冷たかったのでお湯で温めて挿入してみましたが、さほど痛みはなし。 きゅっと力を入れて抜くと、すぐに膣から出てきてびっくりしました。まさかそまで入口部分の筋肉が緩んでいるとは思わなかったので、結構ショックでしたね。それからほぼ毎日しっかりトレーニングをすることにしました。

 

さらに負荷をかけて筋力をあげた結果

 

少し慣れてきたらローションを使ってわざと滑りをよくしてストレッチをしました。 ずっと力を入れたままギュッとしめっぱなしにして髪を洗ったりすると、自然と力が抜けていてインナーボールが落ちてくるので、これはかなりストレッチに負荷を掛けることができたと思います。

 

半年近く続けていると効果は手に取るように感じることができ、彼とエッチをしても、締める場所が段々とわかってくるようになりました。徐々にだったので彼自身はあまり気づいていないようでしたが、不思議と彼からのエッチのお誘いも増え、前戯を丁寧にしてくれるようになったんです!!私自身の感度も上がっているため毎回充実したセックスをすることができています。

 

後々知ったのですが、膣の緩みは尿漏れにもつながることを知って、定期的にストレッチはしておこうと心に決めました。

 

 

公式サイトへ

インナーボール

98145

気に入ったらシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す



あわせて読みたいコラム

人気のコラム

    アクセスランキングはまだ集計されていません。

人気の商品レビュー

    アクセスランキングはまだ集計されていません。

人気の悩み・質問

    アクセスランキングはまだ集計されていません。