• TOP
  • まんこの病気
  • SEX(セックス)をした後は病気になりやすい!まんこの正しいケアとは?

コラム

公開日:2015/12/29 1:58

SEX(セックス)をした後は病気になりやすい!まんこの正しいケアとは?

まんこ臭い対策おりもの性病治療ケア商品SEX痒み市販薬痛み再発

彼との楽しいSEXの後、まんこのケアしてますか?そのままベッドでのんびり寝たい…。むしろ寝ています!そんな方はいつか病気になってしまうかも!?SEX前後はまんこをしっかり清潔にすることが大事。以外と知らない正しいケア法を知っておきましょう。

 

 

SEXした後にまんこを不潔にしているとどうなるの?

セックス後はケアをしないと…

 

ラブホテルの休憩だったらSEX前後の両方お風呂に入るけれど、夫婦や同棲カップルなら、SEXの前はお風呂に入って、終わった後はパパッとティッシュでまんこを拭いて、そのまま寝ちゃう事が多いなんて事もあるのではないでしょうか?

 

それを続けていると、元気なうちは何ともなくても、ふと体調を崩した時に突然まんこの病気になってしまうこともあります。

 

では、一体どんな病気なのでしょうか。

 

細菌性膣炎

 

膣内に細菌が繁殖し、善玉菌と悪玉菌の比率が逆転してしまう現象。

 

まんこから強烈な魚が腐ったような臭いがし、酷いときにはおりものにブクブクと泡が混じり始めます。

 

自分で膣内洗浄をしても改善する事は少なく、病院での膣内洗浄後、抗生剤での治療が必要になります。

 

カンジダ膣炎

 

女性が発症しやすく再発しやすい病気です。細菌性膣炎は男性には移りませんが、カンジダ膣炎は感染してしまいますので注意が必要です。

 

元々膣内や皮膚に潜むカンジダ菌が、まんこを不衛生にしておく事で増殖して発症します。

 

見た目ですぐに分かりやすく、おりものにツブツブの酒かすの用な物が混じります。見た目は米粒が混じった甘酒みたいな感じです。

 

カンジダ膣炎は面白い事に、発症した後に洗浄したりとキレイにしようとすると酷くなる特徴があります。病気が進行すれば、おりものにカッテージチーズの様なはっきりとした固まりができる様になります。

 

さらに猛烈なかゆみに襲われる為、まんこがかぶれる事もあります。おりものに粒が混じり始めるまえに、まんこの痒みで気付かれる女性もいます。

 

治療法は膣内に直接薬を1週間ほど挿入し続け、まんこに痒みがある場合は痒み止めで対応します。

 

発症したすぐは、治っても風邪や疲れなどで簡単に再発してしまう事があるので注意が必要です。再発した時はドラッグストアでも薬が購入できるほど、ポピュラーな病気になります。

 

バルトリン腺膿炎

 

私のなかで、もっとも怖いのがバルトリン腺膿炎です。

 

SEXの際にぬるぬるとした愛液が出てきますが、それを分泌する腺にばい菌が入り込み、入り口を塞いだ後、さらに分泌腺内で細菌が繁殖して炎症を起こします。

 

出口が閉まってしまったバルトリン腺には、愛液が溜まり続け、炎症が酷くなると膿がたまり始めます。この状態がバルトリン腺膿炎です。大きなニキビがまんこの皮膚内にできていると思ってください。

 

ぱんぱんに膨れ上がったバルトリン腺は、まんこを見れば一目瞭然で、膣の横側がぷっくりと腫れ上がってきます。

 

酷くなれば酷くなるだけ座るだけでかなり強い痛みが走り、寝返りが打てなくなります。さらにばい菌が浸食すると、鼠径部のリンパが腫れ、高熱を出す事もあります。

 

治療法は様々ですが、自然破裂を待つ事もあれば、針を刺して抜き取ったり、メスで切り込みを入れて押し出すこともあります。

 

通常バルトリン腺は小さいのですが、これが慢性化すると大きな袋ができ上がってしまい、細菌がちょっとでも入ると再発を繰り返しやすく、最終的には摘出手術を行わなければいけないこともあります。

 

SEX前後はしっかりシャワーでまんこを洗うことが大事

お風呂

 

不衛生な所には細菌が湧くのは想像がつきますよね。皮膚には沢山の細菌が潜んでいます。

 

たとえコンドームをしているから安心でしょ!と思っていても、手マンされたのなら彼の指の間にはばい菌が沢山居る事でしょう。口でオーラルセックスをすれば、口の中からも菌が移ります。

 

ピストン運動をすれば、コンドームを付けていてもそれらの細菌が膣奥へ押しやられる事も想像できますよね。

 

もちろん、普段体調が良ければ、そのほとんどは酸性で保たれたおりものが退治して、外に排出してくれます。

 

しかし、風邪を引いたり、いつもより疲れが溜まっていたりすると、簡単にカラダの抵抗・免疫力は下がってしまいます。

 

そのため、今まで何事もなかったのに、突然まんこから異臭がしたり、かゆくなったりと異変が起き始めるのです。

 

これを回避する為には、SEX前後にまんこを清潔に保つ必要があります。

 

カンジダ予防には、カンジダ菌を抑えるミコナゾール硝酸塩が配合されたコラージュフルフルが非常におすすめです。私自身、カンジダに2ヶ月に1回は再発するほど悩まされていましたが、コラージュフルフルを使い続けてから1度も再発していません。

 

コラージュフルフル

コラージュフルフル

公式サイトへ

 

SEX前は1日の汚れを落とし、さらにSEX後はかいた汗、分泌物、おりものなどで汚れたまんこをキレイにし、細菌が繁殖しない様に心がけましょう。

 

正しいまんこの洗い方をお勉強したい方はこちら

 

お風呂から上がった後は菌を繁殖させないように消臭クリームを塗ることも対策としておすすめします。細菌性膣炎やカンジダやバルトリンは非常に再発率が高い病気です。

 

何をしても頻繁に再発して困っているかた、いませんか?

 

消臭クリームには、臭いを発生させるための常在菌を殺菌し、長時間の抗菌作用もあります。なのでSEX後だけでなく、日中ずっと座り続けてまんこが蒸れやすく菌が増殖しやすい方も、臭いの軽減だけでなく病気の再発にも一役買ってくれるのです。

 

クリアネオ

クリアネオ

公式サイトへ

 

激しいSEXの後は正しい膣内洗浄を

膣内洗浄

 

SEXのしすぎなど、膣内の乾燥を悪化させると細菌性膣炎を発症しやすくさせます。膣内を守っているおりものが足りなくなるのです。

 

特にコンドームを使っていて段々濡れてこない場合、乾燥と痛みが出始め、カンジダ膣炎も引きおこしやすくなります。

 

それだけでなく、膣内が摩擦で炎症を起こし”びらん”と呼ばれる症状が起こります。膣内が傷ついて出血したりしている状態です。時間が経てば自然治癒はしますが、これが原因で性病に掛かりやすくもなります。

 

これらを予防する為にも、SEXをしすぎてちょっと膣内の衛生面が心配だな…と感じた場合は、膣内洗浄をしてみましょう。

 

注意点は、お風呂のシャワーでは行わない事。

 

たとえ飲める水だったとしても、塩素でアルカリ性寄りになっている水道水は、酸性寄りの膣内とは相性があいません。

 

その点、ドラッグストなどで購入できる使い捨てビデ(膣内洗浄)の精製水は中性で、不純物なども極限まで排除してありますので安心して使う事ができます。

 

デリクリア

公式サイトへ

 

しかしこれにも注意が必要で、短期間で使い続けると、細菌と戦うおりものが常に膣内にいない状態になってしまうため、逆に細菌が繁殖しやすい状況になってしまいます。

 

そこで使ってもらいたいのがおりものの主成分である乳酸菌を配合したジェルです。膣内に注入する事で、おりもののサポートを行い、正常な膣内を保つ事ができるのです。

 

インクリア

インクリア

公式サイトへ

 

体調を崩したらSEXは控えて!

SEXを控える

 

もっとも、これらの病気はカラダの免疫力が高ければ発症する確立も低くなります。

 

普段から体調を崩さない様に心がけ、もしも風邪を引いて熱があったり、仕事や育児で疲れ切っている時にはSEXは控えるようにしましょう。

 

SEXをする際も、しっかりSEX前後でまんこだけでもキレイに洗い、激しいSEXは避ける様にしてください。

 

もちろんコンドーム着用も大切ですが、濡れにくかったりする場合はローションを使って乾燥させないようにする事も大切です。

 

普段は色々言い合えるのに、SEXの話になると途端に消極的になる日本人。いくら自分が辛くても、嫌われてしまうかも…と我慢してSEXをする女性も数多くいます。

 

できれば自分勝手なSEXをするSEXパートナーよりも、しっかりと体調を労ってくれるSEXパートナー、自分から「今日は体調が良くないからできない」ときちんと意思疎通のできる間柄になっておく事も大切です。

気に入ったらシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメント

  • 2016-09-19 11:03 AM | ゆゆ

    生でするのはやっぱり危険でしょうか?

コメントを残す



あわせて読みたいコラム