悩み・質問

公開日:2016/01/29 3:11

しょっちゅうカンジダを再発しているのですがまんこが汚いからでしょうか?

おりもの性病治療改善法SEX痒み陰毛

 

しょっちゅうカンジダを再発しているのですがまんこが汚いからでしょうか?高校生の時に初めてカンジダを発症してから、半年に一回のペースで再発してしまいます。酷い時には数週間後です。まんこが汚いからかな?と思って常にきれいにしているつもりなのですが、何がいけないのかすぐにカンジダが再発してしまいます。どうにかカンジダの再発を抑えることはできませんか?

 

清潔にしすぎていませんか?カンジダ膣炎を予防するボディソープを使ってみましょう。

 

カンジダ膣炎は清潔にしていないことで発症することが多いのも事実です。しかし、きれいにしなければと洗いすぎることでも再発しやすい病気です。

 

特にカンジダ膣炎はおりものに変化があるため、膣内を洗ったり、膣に指は入れなくても入口の粘膜付近を念入りに洗ったりしてしまいがちです。

 

このとき、お湯や洗剤が膣内に入り込むことで、逆に膣内酸性度のバランスを崩してカンジダ膣炎を再発させてしまう原因になります。

 

また、まんこ自体が乾燥していてもカンジダ膣炎は再発しやすい病気です。乾燥が気になる場合は、クリームなどでまんこの皮膚を保湿し乾燥から守ってあげましょう。

 

普段からの予防策としては、カンジダ膣炎の治療で使われるミコナゾール硝酸塩が配合されているコラージュフルフルとういボディソープを使ってまんこを洗ってあげてください。

 

公式サイトへ

コラージュフルフル泡石鹸

 

201506221550502230

 

もちろん、膣内は洗ってはいけません。泡が出てきますから、あくまでもその泡でまんこを包むように洗ってあげましょう。様々な口コミを見てきましたが、みなさんかゆみを感じた時などに使い始めて、酷くならない内に完治しているようです。

 

製薬会社が開発したボディソープですので、その点でも安心感がありますよね^^

 

よく生理前になるとカンジダ膣炎になりやすい女性がいますが、生理前は粘っこいおりものが排出されるため、まんこにたまりやすく細菌が繁殖しやすい傾向にあります。さらに女性ホルモンの影響で膣内酸性度が高まり、普段よりもカンジダ菌が繁殖しやすい状態になっています。

 

生理前の女性ホルモンの状態は妊娠中と同じですので、妊婦さんもカンジダ膣炎を発症しやすい時期です。

 

おりものが多いと感じた場合は、おりものシートを数回変えてみるなど細菌が繁殖しにくい環境を作ってあげましょう。

 

それから、カンジダ膣炎は体調面でも再発しやすくなります。冬の時期は風邪、夏場は夏風邪や夏バテなど、著しく体力が落ちた時に免疫力も低下してしまいます。この際に簡単に膣内酸性度が変化し、カンジダ膣炎を再発します。

 

体力が落ちているときのSEXも注意が必要です。細菌が膣内に入りやすくなりますから、膣内での細菌繁殖が悪化しやすい状態です。相手から誘われても、体調が悪いときちんと断るようにしておきましょう。

 

ここからはライフスタイルに合わせて行ってほしいのですが、Iラインの陰毛を脱毛したり、自己処理することもおすすめです。私自身が半年に一回のペースで再発していたのが、Iラインの陰毛を処理してから5年近くまったく再発していないんです。

 

簡単にまんこをきれいにできますし、むれを気にすることもなくなったので個人的には非常におすすめです。

 

◆コラージュフルフルでまんこを洗う

◆お湯や洗剤で膣内洗浄はしない

◆ボディソープで洗いすぎない

◆乾燥を防ぐ

◆体調を崩さないようにする

◆体調を崩しているときのSEXはしない

◆おりものが多いと感じたらおりものシートを交換する

◆Iラインの陰毛処理

 

これらをカンジダ膣炎予防として行ってみましょう。

気に入ったらシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す



あわせて読みたいQ&A

人気の悩み・質問

    アクセスランキングはまだ集計されていません。

人気のコラム

    アクセスランキングはまだ集計されていません。

人気の商品レビュー

    アクセスランキングはまだ集計されていません。