• TOP
  • まんこの悩み・質問
  • 生理前のおりものの特徴を教えてください。いつもと違う場合は性病の可能性がありますか?

悩み・質問

公開日:2016/04/12 23:48

生理前のおりものの特徴を教えてください。いつもと違う場合は性病の可能性がありますか?

まんこ原因対策おりもの生理前生理後生理中

 

生理前のおりものの特徴を教えてください。いつもと違う場合は性病の可能性がありますか?生理前のおりものはどんな感じでしょうか?今まで気にしたことがなかったため、生理前のおりものがどんなものかがわかりません。最近になっておりものの臭いや量が気になり始めました。でも自分のおりものの状態が通常なのかもわからないため、判断することができません。現状は少しさらっとしたおりものがたくさんでいる状態です。

 

生理前で現状のおりものでは性病の可能性が少なからずあります

 

残念な結果をお知らせすることになりそうなのですが、現状のおりものの場合、性病に感染している可能性があります。

 

おりものは生理周期に合わせて形状や臭い、酸性、アルカリ性と様々な形に姿を変えていきます。観察しておけばすぐにわかるような状態ですので、よく覚えておいてください。

 

 

生理終わり

 

生理が終わったばかりのおりものは少しさらっとしていますが量はさほど多くありません。臭いもほとんどない状態です。デリケートな生理期間を終えて、膣内も酸性に保たれ始めます。

 

排卵期(卵胞期)

 

一番妊娠しやすい時期です。膣内は精子を受け入れやすくするため、形状を変え始めます。

 

おりものは通常酸性に保たれることで外から入ってくる雑菌を受け付けない働きをしてくれています。ですが、酸性のおりものは雑菌だけでなく精子まで殺してしまうため妊娠しにくい状態です。

 

人間のカラダはよくできたもので、妊娠しやすい排卵期になるとおりものは酸性からアルカリ性へと変化します。これは精子がアルカ性であるからで、数日間という短い期間ですが、このタイミングであれば通常時に比べると比較的妊娠率が高くなるのです。

 

また、形状もかなりさらさらとしたものになり、量も少し増えてきます。さらさらになることで精子を子宮内に運びやすくするためです。さらっとしたおりもののため、下着が汚れやすくなり、下着が臭うなと感じることがあります。

 

生理前

 

排卵期を過ぎると、今度は妊娠を維持するためのカラダ作りに移行しはじめます。

 

妊娠していることを仮定しておりものは子宮を雑菌から守るために酸性に切り替わります。

 

さらに、入り込んでしまった雑菌や精子を子宮内に入り込ませないために、おりものの形状もどろっとした重たいものに変化します。量は排卵期よりも多くなってくるため、下着に白く塊になりやすい時期です。

 

多くなれば臭いも気になってきますので、1か月を通して一番デリケートゾーンの臭いが気になる時期になります。

 

カレンダー

 

このように、おりものは排卵期にかけてさらっとし、生理前になるとどろっとしたものに変化します。そのため、今回のように生理前になってもさらっとしたおりものが大量に出てくるじょうたいは、異常事態ということになるのです。

 

考えられる点としては、性病、または雑菌が膣内に入り込んでいる状態になります。

 

雑菌が入り込むと、おりものは膣外に出そうと大量におりものを分泌し始めます。さらに膣内で殺菌された雑菌類がでてくると、おりものが黄色身を帯びていることが多いです。風邪をひいているときの鼻水に色がつきますが、あれと似たような状態だと思ってください。

 

ただの雑菌であれば、数日もすれば元の状態に戻ることもありますが、性病にかかっていてはそうはいきません。抗生剤などで根本的に治療しない限り生理日以外は常におりものがガンガン分泌されている状態が続きます。

 

考えられる性病&病気は以下の通りです。

 

◆クラミジア

◆淋病

◆淋病

◆細菌性膣炎

 

セックスパートナーがいれば性病の疑いはさらに強くなるでしょう。もっとも、自分が感染した場合、相手も100%感染していますので一緒に治療をしてください。

婦人科までいく勇気がない場合、自宅で検査をすることができるので試してみてください。

 

治療は適切に行うことが大事ですので、陽性だった場合は必ず婦人科・産婦人科を受診するようにしてくださいね!

 

おりものについてもっと知る

気に入ったらシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す



あわせて読みたいQ&A