• TOP
  • まんこの悩み・質問
  • 膣の入り口の横がぷっくりと腫れてきました。おしても痛くはないのですが、病気ですか?元に戻りますか?

悩み・質問

公開日:2015/02/20 23:04

膣の入り口の横がぷっくりと腫れてきました。おしても痛くはないのですが、病気ですか?元に戻りますか?

まんこ原因対策性病治療改善法SEX病院痛み

膣の入り口の横がぷっくりと腫れてきました。おしても痛くはないのですが、病気ですか?元に戻りますか? ちょっと前からたまに膣の入り口左側が盛り上がる事があったのですが、突然2センチ近いくらいぷっくり大きく腫れてきました。 触っても痛くはないのですが、結構柔らかくてぷにぷにしてます。病院に行った方がいいでしょうか?

バルトリン腺が膨れている状態です

 

バルトリン腺とはまんこ(あそこ)の入り口に左右対称に存在している分泌腺です。 SEXやオナニーをした際にヌルヌルしたものが出ますよね?そのヌルヌルを出している分泌腺がバルトリン腺です。

 

まだ痛みがないとのことだったので炎症は起こっていない状態です。 しかし、大腸菌などの細菌や性病に感染する事でバルトリン腺が炎症を起こしてしまい、バルトリン腺炎という炎症状態になります。酷いとバルトリセン膿瘍(のうよう)といって膿みがたまり 歩行ができなくなるほどの激痛や熱が出ることもあります。

 

ふくらみが不安な方は、まずは自宅でもいいので最低でも淋病・クラミジア・カンジダの検査をしっかり受けておきましょう。さらに、炎症をおこさないために、日頃から清潔にしておく事が大切です。

 

公式サイトへ

201508191610302240

 

以前から膨らむ事があったとのことだったので、膨らんだり縮んだりを繰り返し慢性化しているのかもしれません。 今までの状態をバルトリン腺嚢胞(のうほう)と言います。

 

自宅でできる処置法としてはまずはお風呂に入る事。 腰湯をすることで患部をあたためバルトリン腺の入り口部分を開き、分泌物を自然と出して行きます。できればぷっくりの部分が落ち着くまで1日3〜4回ほど下半身だけでも暖めてもらえればと思います。 この際に激しくまんこ(あそこ)を揉んだりすると炎症を起こしてしまう可能性があるのでやめましょう。

 

large-6

 

しかし、慢性化している状態ですので、今後も何かがきっかけで腫れが復活してしまう事があります。 普段できる対策は必ずお風呂に入る事、SEXが終わった後は必ずまんこ(あそこ)をキレイにする事。 この際はわざわざつからなくても大丈夫です。シャワーで暖めるだけでもヌルヌルは出てきます。

 

もしも痛みが出てしまった場合はすぐに病院へ。膿み始めるとなかなか治るのは難しくなってきます。 治療には針で患部から直接膿みを取り出す方法(穿刺吸引)と、切開して膿みを出す方法 患部に穴を開け、自然と膿みを排出させる方法(開窓術、造袋術) あまりにも何度も炎症してしまう場合はバルトリン腺を取ってしまう最終手段もあります。

 

症状がまだ軽ければ、抗生剤のみで経過観察をする病院もあるでしょう。

 

私が何度か炎症を起こして1度目は歩けなくなりました。寝返りも打てなくなり、病院に行くタクシーに乗るのすらきつくて…本気で救急車を予防かずっと迷っていました。

 

さらに運が悪かったのか初めて行った病院の処置がダメダメで、泣くほど痛い穿刺(せんし)吸引をされたのにも関わらず、膿みを取り出しきれてなくて1時間後に再発しました。正直、あの病院は今でも恨んでますね。笑 )すぐに病院を変えてその場で開窓術をしてもらえたので治りましたが、気をつけていても半年に1回ほどのペースで腫れる事があります。

 

まずはすぐにお風呂に使って自然と排出させてください^^ぷっくりが小さくなるまではSEXなどムラムラっとしてしまうような行動はさけましょう。

 

気に入ったらシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す



あわせて読みたいQ&A