悩み・質問

公開日:2017/11/07 3:53

ラッシュ(lush)はデリケートゾーンに使っても良いですか?

臭い石鹸

 

ラッシュ(lush)は普通の石鹸だと思うのですが、デリケートゾーンにそのまま使っても大丈夫でしょうか?エッチ前に洗えば良い匂いがしそうですよね!

 

ラッシュの石鹸をデリケートゾーンに使うことはおすすめしません。生臭い臭いがする可能性が高いです。

 

お店の前を通らずともいい香りが漂ってくるのがラッシュ(lush)ですが、匂いも強ければ洗浄力もあります。

 

 ラッシュの特徴  

●動物性の成分は使われておらず、すべて植物性天然成分でできている

色や香りが豊富で選ぶのが楽しい

●美容成分も様々

●手作り石鹸

 

これだけみるとよさそうなラッシュの石鹸ですが、基本的に固形石鹸はアルカリ性寄りのものが多く、デリケートゾーンには不向きな洗浄剤です。

 

アルカリ性の固形石鹸がなぜデリケートゾーンに使ってはダメなのか

 

弱アルカリ性の固形石鹸は非常に洗浄力が高く、よく汚れが落ちます。

「汚れが落ちるなら良いやん。」と感じますが、肌は本来弱酸性です。

弱酸性の肌が、様々な刺激から身を守っています。

 

ですが、ここに洗浄力のある固形石鹸で洗うと、汚れや皮脂をしっかり取り除いたあと、皮膚は一時弱アルカリ性の状態になります。

無防備な肌はより敏感になるため、もともと敏感肌の方やアトピーの方はお風呂上りに痒くなったり、ヒリヒリ感を感じやすくなります。

 

ラッシュの石鹸に限らず、固形石鹸で洗顔をする方もたくさんいるかと思いますが、洗った後の肌のツッパリ感は尋常じゃないですよね。

いかに皮脂をかっさらっていくかが理解できるはずです。

 

肌に合わないまま余分に皮脂をとりつづければ、肌はせっせと皮脂を分泌させますので、逆に脂っぽい肌になることもあります。

みんなが良いと言っているから私も合うとは限らないのです。

 

特に膣内にラッシュの泡が侵入するのはアウト

 

さらに、膣内は常時酸性で保たれています

肌と同じように、膣内を酸性にすることで、細菌の侵入を防いでいるのです。

 

ですが、ラッシュの石鹸の泡でデリケートゾーンを洗うと、膣の入り口付近おりものが洗い流されてしまうときがあります。

こうなると、膣内酸性度のバランスが崩れ、一時的に雑菌が沸き、強烈な生臭い臭いがおりものから発生します。

 

いくらラッシュの石鹸が良い匂いでも、洗った後のおりものがクサければ意味がありません。

酸性に戻そうとおりものも余計に分泌されますので、下着も汚れてしまいます。

 

さらに、全身の肌の中でもデリケートゾーンはとても皮膚が薄く乾燥しやすい場所です。

陰毛もありますし、洗った後いちいち確認しないのであまり気付かないかもしれませんが、白く粉を拭いたり、肌がカサついていることがあるんです。

デリケートゾーンの乾燥が続けば黒ずみの原因にもなります。

 

ラッシュを使う場合はデリケートゾーンは避けて専用の物を

 

以上の理由から、ラッシュをデリケートゾーン石鹸として使うのはおすすめしません。

さらに言うなら、ラッシュ石鹸の種類によっては通常の石鹸よりも洗浄力が強いものがあります。

 

石鹸素地に、プラスでシャンプーなどにも含まれるラウリル硫酸Naが配合されているものです。泡立ちをよくするための界面活性剤の1つですが、肌が弱い自覚がある方は、この成分が配合されているものは絶対に使わないくらい刺激性も毒性も高い成分です。

 

これがラッシュにW配合されていれば、デリケートゾーンに使うのがどれだけハイリスクであることかが分かりますよね。

 

実際、アトピー&乾燥肌である管理人は、ラッシュは1回で肌がガサガサになり、結果的にボディではなく手洗い石鹸に降格しました。

 

デリケートゾーンに使う石鹸は、きちんと専用の物を使うようにしましょう。

 

LCジャムウ・ハーバルソープ

01

公式サイトへ

 

デリケートゾーンに使える固形石鹸一覧はこちら

気に入ったらシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す



あわせて読みたいQ&A