• TOP
  • まんこの臭い
  • まんこ(陰部)の整形ってどんなものがあるの?女性器整形のあれこれまとめ

コラム

公開日:2017/09/04 0:13

まんこ(陰部)の整形ってどんなものがあるの?女性器整形のあれこれまとめ

まんこ臭いSEX黒ずみ美マン

自分のまんこ(陰部)を見たときに、ビラビラが黒くて大きかったり、まんこ(陰部)のお肉が多くてクリトリスが埋もれていることが気になったことがありませんか?

 

太っているからと思って痩せてみても、実はこういった場合、痩せてもほとんどの皮膚は伸縮せずたるんだままなんです。

 

特にビラビラに関しては個人の体質によるもののため、太っている、太っていないは最初から関係ありません。理想のまんこ(陰部)に近づけたい場合は切除する以外に方法がないのです

 

切除するということは美容外科で女性器整形を受けるということになります。

 

しかし、女性器整形は、これまで「整形」というだけで長年悩み続けてストレスになっているにも関わらず、恥ずかしさや手術のリスク、料金などに不安があり、病院に相談に行くことすら勇気がいる行為に位置づけられてきました

 

そんな女性器整形ですが、最近はまんこ(陰部)の手術を受ける女性が格段と増えてきているんです。

 

デリケートゾーンケアということで雑誌やメディアで脱毛などが取り上げられるようになり、その延長線上でまんこの形自体も意識が向くようになってきたからです。1度意識すれば不快感やストレスも重なるわけであって、もはや整形というよりは「治療」目的で訪れる女性もとても多いのです。

 

増えてきたということはとても良いことであって、病院側の実績も積み上げられ、以前よりも腕が上がっているということになります。女医さんも増えていますし、今の時代は女性器整形を受けるにはとても適しているんですね。

 

もちろん、切除することだけが女性器整形ではありません。膣の締まりを改善したり処女膜再生といった様々な種類が存在します。

 

そこで、今回は女性器整形にはどんな種類があり、どういったことを行うのかを簡単にまとめてみました。

 

 

 

小陰唇縮小術

小陰唇縮小術

 

一番人気の高い、いわゆるまんこ(陰部)にあるビラビラを切除し、小さくする手術になります。

小陰唇(ビラビラ)に関しては、切ってしまったら大きくさせることはできません。その為、病院選びはしっかり行うことが大切になります。

 

小陰唇縮小術のさらに詳しい内容はこちら

 

<どういう人が受けるのか>

●ビラビラが大きい、長い

●セックスの際に巻き込まれて痛い

●ビラビラがあることでおしっこが違う方に飛び散る

●座るだけでビラビラが圧迫されて痛い、赤くなる時がある

●男性に指摘されたことがある

●汚れが溜まって臭いが酷い

●ビラビラが黒い

●ビラビラの形が左右で違う

●ビラビラの形がヒダ錠状になっていて気になる

●見栄えを良くするためにとにかく理想的なビラビラに仕上げたい

 

<メリット>

●幼少期からのストレスや悩みが一気に消える

●理想的なまんこ(陰部)に仕上がる

●自信が持てる

 

<デメリット>

●病院によっては経験不足のところも

●術後の形が気に入らない可能性

●感染症を起こす可能性

●すぐにセックスはできない

 

<整形費用>

●5万円~

 

大陰唇の縮小・増大術

大陰唇の縮小・増大術

 

大陰唇がビラビラだと思っている方がいますが、分かりやすく言えばIラインの部分になります。

この部分が痩せていても元々お肉が多かったり、太った後お肉が取れなかったり、年齢によって垂れ下がってきてシワが気になるようになってきます。

この場合はお肉を切除することで改善します。

 

逆に、増大術はお肉を増やし、ふっくらとしたまんこ(陰部)を作り出します。

 

<どういう人が受けるのか>

●大陰唇のお肉が多くセックスの際に邪魔になる

●たるんでシワができていたり皮膚が伸びている

●老後介護されたとき、見られたときに恥ずかしい

●ハリが無くなってシワができている

●たるみ始めてからまんこ(陰部)の臭いが気になるようになった

 

<メリット>

●若々しいふっくらとしたまんこ(陰部)になる

●皮膚の切除によりすっきりしたまんこ(陰部)の見た目になる

 

<デメリット>

●増大術の場合、ヒアルロン酸注入になるため半永久的ではない。

●切除した場合傷が残る可能性もある

 

<整形費用>

●5万円~

 

クリトリス包茎の整形

クリトリス包茎

 

クリトリスに皮膚が覆いかぶさっており、指で引っ張らない限りクリトリスが見えない状態のことをクリトリス包茎と言います。

クリトリス包茎の場合、お肉の重なっているところに汚れが溜まりやすく、臭いを気にする周りのお肉を切除することでクリトリスを3分の1ほど露出させます。

 

<どういう人が受けるのか>

●クリトリスに皮がかぶっていて恥ずかしい

●不感症、感じにくい

●クリトリスでもイケない

●すぐに汚れが溜まって臭い、洗っても汚れが取れていない時がある

 

<メリット>

●まんこ(陰部)の見た目がスッキリする

●クリトリスが勃起した際きちんと露出するため、感じやすくなる

 

<デメリット>

●切り取りすぎてしまうと、クリトリスが普段から露出してしまい、下着の摩擦で痛みがあることも

●感染症の可能性

 

<整形費用>

●5万円~

 

副皮縮小術

副皮縮小術

 

小陰唇縮小術やクリトリス包茎と一緒にされることもありますが、大陰唇と小陰唇の間にある余分な皮のことを副皮と呼ひます。

クリトリスの横に2、3重に皮が重なっている方はこの副皮縮小術が適しています。

 

副皮を切除することでまんこ(陰部)の見た目がスッキリとします。

 

<どういう人が受けるのか>

●クリトリスの周りに何重も皮が重なっている

●汚れが溜まりやすく臭いが気になる

●見た目が気になる

 

<メリット>

●汚れが溜まりにくくなり、見た目もすっきりする

 

<デメリット>

●感染症の可能性

●切除し過ぎによるツッパリ感

 

<整形費用>

●5万円~

 

膣口縮小

膣口縮小

 

出産後や筋力の衰えによって膣の入り口が開いている状態です。膣口の粘膜を切開し小さく縫い合わせることで広がった膣口を小さくします。

 

<どういう人が受けるのか>

●出産後や年齢によって膣口が広がっていることが気になる

●お風呂に入るとお湯がたくさん入る

●膣が緩いと指摘された、不安

●鏡で見ると膣口が大きく開いていることに気付いた

●カンジダなど病気を繰り返しやすくなった

 

<メリット>

●膣口が狭くなることで菌の侵入を防ぐことができる

●膣口が狭いことでセックスパートナーも喜ぶ

 

<デメリット>

●膣口を狭くしすぎたせいで、セックスが痛くなることも

 

<整形費用>

●5万円~

 

会陰部贅皮(ぜいひ)切除術

会陰部贅皮切除術

膣口縮小に似ていますが、妊婦さんなら聞いたことがある出産時の会陰切開についての問題改善手術になります。

出産時の会陰切開後、縫い合わせが下手くそでずれていたり、形がおかしくなっている会陰部を再度きれいに縫い合わせる手術です。

 

また、大陰唇縮小術の一つとしても行われており、出産後の伸びてたるんでしまった大陰唇をスッキリさせることで、傷跡や黒ずみも少なくすることができます。

 

<どういう人が受けるのか>

●出産後の会陰部の縫い合わせがずれていた

●会陰部の縫い合わせがガタガタで見た目が悪い

●痩せて大陰唇がたるんでしまった、しわが気になる

●出産時に伸びて大陰唇が伸びた

 

<メリット>

●膣口の見た目がきれいになる。要望によっては膣口縮小も一緒にできる

●大陰唇のたるみを改善することで黒ずみの範囲も狭くなる

 

<デメリット>

●膣口を狭くしすぎたせいで、セックスが痛くなることも

●再度出産すればリセットされる

 

<整形費用>

●5万円~

 

不感症治療

不感症治療

 

膣内部は出産するために元々鈍感にできている場所です。

ですが元々膣内が広かったり、だんだんと年齢を重ねることによって膣内部の肉が薄くなり、感度が落ちるようになってきます。

不感症治療はいくつかの治療法によって膣内部の中でも敏感な場所に男性器が当たりやすくする手術になります。

 

◆膣壁形成術

直接膣内にメスを入れて縫い合わせ、膣内を狭く作り変えます。

 

◆G-Shot®︎

メスをいれず、比較的誰でも感じやすいGスポットにヒアルロン酸を注射する方法です。膣内形成術よりも手軽に行えます。

 

◆M-Shot®︎

俗にいう名器を生成します。巾着やイクラあたりが有名でしょうか。

ヒアルロン酸注射や半永久的に持続するパフォーム(バイオアルカミド)を使用し忠実に作り上げていきます。

 

<どういう人が受けるのか>

●オーガズムを感じたことがない、中でイッたことがない

●出産後膣内が広くなってしまい感じられなくなった

●年齢とともに感じにくくなった

●もともと膣内部が広め

●パートナーを喜ばせてあげたい

 

<メリット>

●女性も男性も喜べる

●膣の緩みを改善することができる

 

<デメリット>

●G-Shot®︎はヒアルロン酸注射になるため、時間がたてば元に戻ってしまう

 

<整形費用>

●5万円~

 

膣の引き締め

インティマレーザー

 

不感症治療に近いものになりますが、ゆるくなってしまった膣内を引き締める手術です

 

◆脂肪注入(膣壁縮小)

自分のお尻やお腹から余分な脂肪を抜き取り、それを膣内に注入します。自分の脂肪なので拒絶反応がほぼないことが最大のメリットです。

さらに、脂肪なので吸収されることがないため半永久的に膣内が縮小した状態になります。

 

◆ヒアルロン酸注入(プチ膣縮小)

脂肪注入に比べて比較的値段が安く行えます。ただし、脂肪注入とは違い体に吸収されてしまうため一時的なものになります。

 

◆インティマレーザー

メスを使わないレーザーを使った最新型の膣縮小術です。数回にわたって治療していきます。

レーザーと言っても熱くもなく、膣全体を引き締め&引き上げて尿漏れ防止にもつながります。

 

さらに、インティマレーザー自体の使い方を変えればまんこ(陰部)の黒ずみ改善にも使用することができます。

 

◆Viveve(ビビーブ)

膣内のコラーゲン生成を急促進させるメスを使わない方法です。数回にわたって使用することで、徐々に効果を確実に実感していきます。

 

ただし、コラーゲンは徐々になくなっていくため、定期的に受けなければもとに戻ってしまいます。

 

◆膣壁形成術

直接切開して縫い合わせて膣内を狭める方法です。

 

<どういう人が受けるのか>

●出産後の膣の緩みが気になる

●年齢とともに膣が緩んできた

●お風呂に入るとお湯がたくさん入る

●感じられなくなってきた

●男性に指摘されたことがある

 

<メリット>

●女性も男性も気持ちよくなれる

●場合によっては尿漏れなどの改善にもつながる

●膣内が引き締まることで細菌が入りにくくなる

 

<デメリット>

●手術内容によっては数カ月で効果が失われる

●治療が1回月に1回必要になる場合も

 

<整形費用>

●5万円~

 

処女膜切開&喪失・再生術

処女膜再生

処女膜はパチンと破れていなくなっているわけではなく、細かくちぎれて膣口の周りに永遠に残っています。

これをつなぎ合わせて処女の時と同じように狭くし、セックスをした際は出血もすることができます。

 

逆に、処女膜の中にもさまざまな形があり、本当に膜が張っているくらい狭い処女膜や、膜に開いているものなどセックスが苦痛でできない場合もあります。この場合は自然に破れたように切れ目を入れて処女膜を喪失させます。

 

処女膜について詳しいことはこちら

 

<どういう人が受けるのか>

●新しい彼氏に処女だと思わせるために

●スポーツをやっていたため勝手に破れていた

●パートナーのプレイの一環として

●処女膜のせいで痛くてなかなか挿入できない

●膜に穴が張っているような処女膜で、どう頑張っても破くことができない

●年齢を重ねてずっと処女だったと思われたくない

 

<メリット>

●初心に戻れる

●スムーズにセックスができるようになる

 

<デメリット>

無し

 

<整形費用>

●5万円~

 

どて(恥丘)脂肪吸引

どて脂肪吸引

 

いわゆるモリマンさんの改善手術になります。骨が出ている場合もありますが、その上にあるお肉の部分の脂肪を吸引することで、普通と変わらない状態にしていきます。

 

<どういう人が受けるのか>

●恥丘がもっこりしていて水着を着たり温泉に行くのが恥ずかしい

●ピタッとした服が着れない

●モリマンであることを指摘されたことがある

 

<メリット>

●自身がモテる

 

<デメリット>

●1度の吸収で満足できない場合も

 

<整形費用>

●5万円~

 

女性器整形専門クリニックもオープン

専門クリニックオープン

 

色々なまんこ(陰部)に対しての女性器整形術がありますが、実際どこに行って受けたらいいのかわからないですよね。

 

大手で言えば湘南美容外科といったクリニックもあります。女医さんが対応してくれる店舗もありますので、自分の近くの湘南美容外科や他の美容外科にも連絡してみましょう。

ホームページを確認すると、積極的に行っているところは必ず載っているはずです。逆に行ってはいるけれど実績が少ない場合は載せていないこともあります。

 

また、美容外科でも女性器整形は行っていない病院も数多くあります。

 

必ず事前リサーチは行うようにし、評判もしっかり調べておきましょう。

 

素晴らしいことに、現代はまんこ(陰部)に対する美容意識が非常に高くなっています。堂々と街中でVIO脱毛!なんて広告が出るようになったのがその証拠ですよね。

脱毛だけでなく女性器整形も比例するように需要は高まっており、その需要に合わせて、なんと女性器整形の専門クリニックも開院されたんです。

 

本田ヒルズタワークリニック

 

本田ヒルズクリニックは、アメリカで女性器整形の名医にも認定された医師が施術するだけでなく、症例数も3千人と経験豊富なクリニックになります。女性器を専門で行っているからこそ、相談もしやすく安心ポイントは高くなりますよね。

 

ストレスを解放させてHappyライフを手に入れて

専門クリニック

 

自分の理想のまんこ(陰部)に仕上げることはもちろん、一人では病院を受診できず悩み続けてきた10代のころのストレスや悩みを、一気に開放・解消できるのが女性器整形です。

 

自分のライフスタイルに合った方法を選び、ぜひ自分らしい自身の持てるまんこ(陰部)の形を手に入れてください。

 

 

気に入ったらシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す



あわせて読みたいコラム

人気のコラム

    アクセスランキングはまだ集計されていません。

人気の商品レビュー

    アクセスランキングはまだ集計されていません。

人気の悩み・質問

    アクセスランキングはまだ集計されていません。