• TOP
  • まんこの臭い
  • デリケートゾーンケアの方法まとめ!美白用品は家族にばれず手に入れることが出来る?

コラム

更新日:2019/02/28 1:26

デリケートゾーンケアの方法まとめ!美白用品は家族にばれず手に入れることが出来る?

まんこ臭いSEX脱毛黒ずみ美マン陰毛

「彼氏がいるけど、デリケートゾーンの臭いが気になってセックスに集中出来ないことがある」

 

「デリケートゾーンを見たら前よりも黒ずみがひどくなっていた!ショックだけど家族がいるから美白クリームを注文しづらい…ばれないようにするにはどうしたらいいの?」

 

デリケートゾーンの臭い、黒ずみ、陰毛などの悩みって中々友達にも言えないし、一人で抱えこんでしまう女性も多いんです。

 

でも、デリケートゾーンはとっても敏感な場所。しっかりケアしてあげないと焦り始めた頃にはもう手遅れ…という場合もあるんです!

 

今回は、デリケートゾーンの基本的なケア方法や、デリケートゾーンのケア用品を家族にばれないよう手に入れる方法をご紹介していきます!

 

 

まずはデリケートゾーンの構造を知ろう!

疑問を持つ女性

 

デリケートゾーンの臭いや黒ずみ、陰毛のケア方法はとても大切ですが、自分のデリケートゾーンを鏡で見たことはありますか?

 

「デリケートゾーンを鏡に映すなんて何だか恥ずかしい…」「ちょっと見たくないかも」と感じる人もいるかと思いますが、デリケートゾーンの構造をしっかり知らないと正しいケア方法も理解出来ません。

 

 デリケートゾーンのチェックポイント 

▼デリケートゾーンの全体的な形や肉付きは?

▼膣の周りのビラビラ(少陰部)の形や大きさは?

▼クリトリスに皮膚が被っていないか?

 

  • 女医

    ビラビラが大きかったり、デリケートゾーンの肉付きがいい場合は、汚れがたまりやすくなります。また、クリトリスの皮が完全にかぶってしまっている「クリトリス包茎」の場合、クリトリスと皮の間に汚れがたまりやすくなり、臭いの原因になります。

 

デリケートゾーンで特に汚れがたまりやすい場所がある!

 

デリケートゾーン イラスト

 

こちらは、デリケートゾーンでも特に汚れがたまりやすい場所を分かりやすく図にしたものです。

 

「クリトリスの周り」「クリトリスとビラビラの間にある溝」「ビラビラの側面」。この3か所は特に汚れがたまりやすい場所で、きちんとケアしないと臭いや黒ずみの原因になることがあるんです!

 

しかもデリケートゾーンの汚れはこまめにケアしないと、簡単に落とせなくなるということをご存知でしたか?それが強い臭いの原因になるんです。

 

デリケートゾーンの汚れは何故こまめにケアしないとダメなのでしょうか?

デリケートゾーンの汚れは「恥垢」(ちこう)と呼ばれます。恥垢はデリケートゾーンのおりものや皮脂、尿などの汚れがたまったもので、水分を含むため粘度があります。どんな汚れも乾燥すればポロポロ落ちますが、恥垢は皮脂の影響で粘度があるため、デリケートゾーンの汚れがたまりやすい場所に白いカスとなってたまっていくのです。

 

「デリケートゾーンはシャワーで洗い流すだけで十分だと思ってた!」「デリケートゾーンは自浄作用があるから、洗いすぎると良くないと思ってた」

 

そう思っていた人もいるかも知れませんが、ここまで読むとそれまでの認識が間違っていたことに気付くかと思います。

 

  • 女医

    デリケートゾーンの表面には自浄作用がありますが、汚れ(恥垢)を落とす作用はありません。恥垢をつけないよう、デリケートゾーンは毎日正しく洗うことが大切です。

 

アメリカなど欧米諸国では、デリケートゾーンケアは当たり前になっており、女の子は10代になると親からデリケートゾーンケアの方法を教えられるのですって!日本は恥ずかしさからか、そのような習慣はないですよね。

 

でも、デリケートゾーンケアはいわば女性にとって重要なケアの一つ。常に見られる顔と違い、人に見られる機会はほとんどないものの、美意識の高い女性はデリケートゾーンもしっかりとケアしているんですよ。

 

人に見えないところをしっかりケアしてこそ、美しい女性になる第一歩 だと思います!

それでは、デリケートゾーンケアの方法を「洗い方」「黒ずみ予防」「陰毛のケア」の3つに分けてご紹介していきます。

 

デリケートゾーンの正しい洗い方は?

手を洗う

 

デリケートゾーンの正しい洗い方をご存知でしょうか?

 

恥垢がたまりやすい場所をゴシゴシしっかりと洗う 

膣の臭いも気になるから、指を入れて洗う 

市販の安いボディソープで体を洗っているし、ついでに洗っちゃう

 

これ、どれもNGな洗い方なんです!

 

何故ゴシゴシ洗ってはダメなの?

 

「ボディタオルでゴシゴシ洗った方が汚れが取れそう」と思うかも知れませんが、そもそもデリケートゾーンで汚れがたまりやすい場所はとても狭く、ボディタオルでは届きにくいんです。

 

さらに、デリケートゾーンの皮膚はまぶたよりも薄く、大変敏感な場所です。ボディタオルで顔をゴシゴシしませんよね?顔を洗う時は洗顔フォームをしっかり泡立てて、泡で優しく洗いますよね。デリケートゾーンも同じなんです。

 

  • 女医

    デリケートゾーンをボディタオルなどでゴシゴシと洗うことは、必要以上の刺激となります。刺激からデリケートゾーンを守ろうと、「メラノサイト」からメラニン色素が分泌され、黒ずみの原因になることがあります。

 

メラニン色素は、ご存知のように日焼けの原因となります。それだけではなくシミやそばかす、お肌の黒ずみの原因 にもなるんです。全ては「皮膚を守って!」と脳からメラノサイトに命令が下ることで起こります。

 

デリケートゾーンを洗う時は「優しく」「指の腹で丁寧に」「たっぷりの泡で」洗うようにしましょう。

 

デリケートゾーン専用ソープで洗おう

 

デリケートゾーンを洗う際には「デリケートゾーン専用ソープ」で洗いましょう。

 

膣は子宮と直接繋がっているので、様々な細菌から守ろうとデリケートゾーンは「酸性」に保たれています。酸性だと菌を殺しやすくなるからです。

 

しかし、市販の安いボディソープは「アルカリ性」である商品が多いのです。そんなボディソープでデリケートゾーンを洗ってしまうと「洗いすぎ」になってしまい、バリア機能を果たしている細菌や皮脂までも洗い流してしまうのです。

 

  • 女医

    デリケートゾーンの皮脂を洗い流してしまうことで、肌のターンオーバーがスムーズに行われなくなります。それにより、皮脂や汗、おりものなどが過剰に分泌されてしまい、臭いや黒ずみの原因 となってしまいます。

 

ボディソープとデリケートゾーン専用ソープはどう違うの?

市販の安いボディソープは、原価の安い強力な脱脂力を持つ洗浄成分を使用している商品がほとんどです。一方、デリケートゾーン専用ソープは、デリケートゾーンを洗うのに適した「弱酸性」の優しい成分を配合している商品がほとんどになります。また、デリケートゾーンにとって刺激となるアルコールや合成着色料や香料、パラベンなどは使用していないものが多いです。

 

「デリケートゾーン専用ソープって高いイメージ…」と思われるかも知れませんが、ボディソープと違ってデリケートゾーンにしか使用しないので、意外と長持ちしてコスパもいいんですよ!

 

デリケートゾーンケアには、デリケートゾーン専用ソープを使って洗うようにしたいですね。

 

デリケートゾーン専用ソープでも膣内は洗えません!

 

チェックと×

 

デリケートゾーンに刺激を与えることなく安心して洗えるデリケートゾーン専用ソープですが、残念ながら膣内まで洗うことは出来ません。膣内はいわば内蔵の一部です。内臓を洗うことなんてありませんよね?

 

また、膣は細菌などの侵入を防ぐため、常在菌やおりものを分泌することで子宮を守っています。それを洗い流してしまうと、膣内や子宮を守るものが何もなくなってしまい、雑菌が入り放題になってしまうのです!すっごく怖いですよね。

 

  • 女医

    膣内の常在菌やおりものを過度に洗い流してしまうと、「膣を守るものが足りなくなったから守って!」と脳が命令し、余計におりものや皮脂などを分泌するようになります。それが臭いの原因になることもあるのです。

 

膣内は洗わない方がいいというのは分かりますが、それでも臭いが気になります…

膣内の臭いの原因は、生理周期や食生活(野菜不足)、ストレスや睡眠不足など様々な要因が複雑に絡み合っていることが多いです。膣内の臭いが気になる場合は、基本的な生活習慣を今一度見直してみるのも一つの方法です。どうしても臭いが気になってしまう場合は、膣内に使用出来る「インクリア」や、膣内用のビデを使用するのもいいでしょう。

 

インクリア

インクリア

公式サイトへ

 

デリケートゾーンの正しい洗い方まとめ

ナース

 

 デリケートゾーンの正しい洗い方 

▼汚れがたまりやすい場所を、指の腹を使って優しく洗う

▼デリケートゾーン専用ソープで洗う

▼膣内は洗わない

 

汚れを落とすのはデリケートゾーンケアの基本です。デリケートゾーンの正しい洗い方をマスターするだけで、デリケートゾーンケアの約60%くらいは達成出来ると言ってもいいでしょう!

 

あなたも今日からデリケートゾーンを正しく洗って、美しい女性の第一歩を踏み出しましょう!

 

陰毛の処理、自分に合った方法で正しく出来ていますか?

女性の下着

 

デリケートゾーンを鏡で見た時、陰毛の生え方もしっかりチェックすることも大切です。セックスの時、パートナーに意外と見られているデリケートゾーン。もちろん、陰毛もしっかり見られているんですよ!

 

  • 嫌な顔をする男性

    30代男性:彼女のアソコを見た時、処理されていないボーボーの毛を見てショックを受けました…せめてカットするなりしてほしい。  

 

  • NGをする男性

    20代男性:パンツからはみ出ているアソコの毛…ちょっとだらしないと感じてしまいます。 

 

「まだ一度も陰毛の処理をしたことがない」という女性でも、男性のリアルな声を聞くと「何とかしなきゃ!」と思いますよね。まず初めに、デリケートゾーンに陰毛が生える場所を説明していきましょう。

 

陰毛が生える場所はVIOライン

 

デリケートゾーンに陰毛が生える場所を「VIOライン」と言います。場所ごとにそれぞれ「Vライン」「Iライン」「Oライン」と呼ばれています。

 

VIOライン

 

Vラインとは?

 

Vラインとは「ビキニライン」の略で前から見た時に見えるアンダーヘアのことです。自分で確認しやすい場所なので、処理も比較的簡単に出来ます。

 

Vラインは自分の好みに合わせて整える人が多いですが、Tバックやセクシーな下着を履くことが多い海外セレブなどは、サロンで永久脱毛しパイパンにしている人も多いですね。

 

Iラインとは?

 

デリケートゾーンの両サイドに映えている陰毛です。チェックやケアの際には鏡が必須!中々の曲者陰毛で、ムダ毛や黒ずみの原因になるなどのトラブルになることがあります。また、夏場や生理中は、蒸れやかゆみ、においの元になることも。

 

このIラインの処理が、デリケートゾーンケアにおいて重要ポイントになります。しかし、処理がとても難しいのもIラインの大きな特徴。リスクの少ないサロンやクリニックで処理をする人も多いです。

 

Oラインとは?

 

肛門周りに生えている陰毛で、見えにくいため自分では処理がかなり難しいです。実は欧米人と比べると、日本人女性のOラインは陰毛が生えていない人が多いようですが、油断は禁物です!一度合わせ鏡でチェックしてみましょう。

 

自分で処理するのは難しく、下手をするとケガしてしまうこともあるため、処理をする場合はサロンやクリニックでするのがおススメです。

 

  • 女医

    Vラインは自己処理が比較的簡単に出来るため、慣れてくると自分好みの長さや形にカットすることが出来ます。IラインとOライン(IOライン)は自己処理が難しくコツが必要なので、サロンやクリニックで脱毛してしまうのも選択肢の一つです。

 

ミュゼ

公式サイトへ

 

陰毛を処理するメリットは?

 

ボーボーだと見た目が恥ずかしいばかりではありません。陰毛を処理するメリットはたくさんあるんです。

 

 陰毛を処理するメリット

▼見た目がスッキリ!パートナーに見られても余計な心配をする必要がなくなる

▼パンツや水着から陰毛がはみ出てしまう心配がない

▼夏場は特に蒸れることが少なくなる

▼臭いや黒ずみの原因を減らすことが出来る

▼カンジダ症などを繰り返しやすい女性は、そのリスクを減らすことが出来る

 

陰毛がボーボーだと、蒸れやすくなりそれが臭いの元になることがあります。デリケートゾーンはおりものや汗で常にしっとりしている上、陰毛に付着してしまうことで悪臭を放ってしまうことも… 考えただけでゾッとしてしまいますよね。

 

  • 女医

    蒸れやすい状態が続くと、デリケートゾーンの薄い皮膚がダメージを受けることがあります。皮膚にダメージを受けると、ターンオーバーが上手くいかなくなり、黒ずみたかゆみの原因になってしまう可能性があります。

 

また、蒸れやすくなるということは雑菌がたまりやすくなり、人によってはカンジダ症の原因になってしまうことも…しかし、陰毛を処理をきちんとすることで、カンジダ症などの性病になる確率を減らすことも可能なんです。

 

陰毛の処理はどんな方法があるの?

 

女性の下着

 

「陰毛は臭いや黒ずみの原因になるから、早速カミソリや毛抜きで処理しよう!」と思ったあなた、ちょっと待って!デリケートゾーンの皮膚はまぶたよりも薄いということを思い出してください。

 

そのような非常にデリケートな場所をカミソリでジョリジョリ、毛抜きでプチプチしてしまうと、思わぬトラブルになることがあるんです!

 

カミソリや毛抜きは手軽なのに、何故陰毛の処理には適さないのですか?

カミソリは皮膚にとって刺激となります。毛の向きに沿って正しく剃らないと、再び毛が生えてくる時にチクチクする場合があります。また、毛抜きをした後をよく見ると赤くなっていることがありますが、これは「炎症を起こしている」サインです。これらは全て皮膚への刺激となりますので、メラニン色素を分泌させる要因となり黒ずみの原因になります。

 

比較的簡単に処理出来るVラインに関しても、カミソリや毛抜きは止めておいた方が安心です。

 

ましてや、処理が難しく一歩間違えれば怪我してしまうIOラインを、カミソリや毛抜きで処理するのはもってのほかです!

 

Vラインはヒートカッターで処理がおススメ!

 

カミソリや毛抜きがダメなら、ついつい手軽に出来るはさみを使って処理したいところですが…はさみも正しく使うことが出来るのであればOKです。正しく使うというのは「生えている向きに直角に切る」ということです。

 

斜めに切ってしまうと、チクチクして痛くなってしまいます。それでもはさみだけだと、どうしてもチクチクすることは多いように思います。そこでなくてはならないアイテムが「ヒートカッター」です!

 

 

LC*Vライントリマー

  • 3,810円(+税)
熱の力で隠毛を処理するため、毛先が丸くなりチクチクしないのが最大の特徴。Vライン専用ではあるので、Iラインに使用すると使いづらい可能性も。
 LC*Vライントリマーの特徴 

・肌に直接触れないので負担がほとんどない

・スイッチが入っている時だけ通電するから安心

・多くの毛を一気に処理出来る

 

IOラインを自己処理してみたいけど出来るの?

 

先程も述べましたが、IOライン、特にIラインは非常にデリケートな場所です。しかし、未処理のままですとおりものや生理の経血がついたりして、臭いや黒ずみの原因になります。

 

しかもセックスの時にいちばん見られやすい場所ですので、きちんと処理しておきたいですよね。

 

何度も申し上げていますが、カミソリや毛抜きは絶対NGです!はさみも止めて下さい 。チクチクするので痛いですし、最悪の場合炎症を起こして病気になってしまう可能性があります。

 

●ブラジリアンワックス

 

自己処理の方法としては、ヒートカッターで慎重にカットしていくか、一時的に手軽&安全に脱もが出来る「ブラジリアンワックス」もおススメですね。

 

ブラジリアンワックスって何ですか?

VIOラインや他の部分の脱毛にも使えるブラジリアンワックスは、主にはちみつを原料とした脱毛ワックスです。脱毛したい場所に塗り、毛の向きに沿って一気に剥がすだけで脱毛完了です。もちろん新しい毛は2~3週間程で生えてきますが、繰り返し使用しているうちに生えてくる周期が長くなったり、毛質が変わることがあります。

 

 

ANGELICA ブラジリアンワックス

  • 5,300円(+税)
ベビーパウダーやキットもついており、初心者でも使いやすくておススメ。デリケートゾーンのみに使用する場合、約10回分の容量がある。

 

公式サイトでは、VIOラインだけでなく体の至るところの脱毛方法を、動画で詳しく解説してくれています。

 

 

とても丁寧で分かりやすい動画ですよね!

 

 ANGELICA ブラジリアンワックスの特徴 

・植物性由来の原料なので肌に優しい

・多くの毛を一気に処理出来る

・自分で手軽に脱毛出来る

・脱毛したその日は、熱いお風呂に入ったり、プールや温泉には行けない

 

除毛クリーム

 

安心してVIOラインに使うことが出来る「除毛クリーム」も有効な処理アイテムの一つです。こちらは除毛クリームとして有名な「D・レジーナ・エピ・プレミアム」です。

 

D・レジーナ・プレミアム

  • 3,552(+税)☆お得な定期コースあり!
脱毛より肌に優しく、使い方も簡単なのでデリケートゾーンケア初心者におススメ。

 

 D・レジーナ・エピ・プレミアムの特徴 

・デリケートゾーンの刺激となるアルコールや化学合成された香料、着色料、パラベンは一切使用していない

・脱毛より皮膚に負担をかけないのでより安心

・使い方もとても簡単♪クリームを塗って10分間ほど放置し洗い流すだけ

・デザインがカワイイので急なお泊りなどでも除毛クリームとばれない♪

 

まずはサロンを利用しても

 

「自己処理はお手軽そうだけど、ちょっと不安…」「IOラインの処理の仕方が正しいのかイマイチよく分からない」と感じる方は、一度脱毛サロンに行ってみるのも選択の一つです。

 

基本的に相談料は無料ですし、しっかりした大手サロンであれば強引な勧誘や押し売りなどはしませんよ。何よりも脱毛サロンのスタッフさんは経験豊富なので、あなたに合った脱毛プランを一緒に考えてくれるのが凄く心強いですよね!

 

安いサロンよりも、確実に安心出来る大手サロンに行かれることをおススメします。脱毛サロンについては、こちらの記事に詳しく書いているのでご覧ください♪

 

ミュゼ

公式サイトへ

 

⇒まんこの毛(陰毛)の正しい脱毛&処理で臭いも見た目も劇的解消!

 

デリケートゾーンの黒ずみが気になる!原因や美白方法は?

水着の女性

 

デリケートゾーンを鏡でチェックした時、「ピンク色だと思っていたのにけっこう黒ずんでいてショック…」と感じた人もいるのではないでしょうか?実はデリケートゾーンの黒ずみで悩んでいる女性は意外と多くいるものなんです。

 

黒ずむ原因と言えば、女性であれば真っ先に思い浮かぶのが「メラニン色素沈着」ですよね。日焼けの原因は、メラニン色素が沈着することで起こる変化なのは、もはやほとんどの女性が知っていることです。

 

だからこそ「デリケートゾーンは下着もストッキングもしっかり履いているし、そもそも紫外線なんて当たらないのに、どうして黒ずむの?」と疑問に思ってしまいますよね。

 

そこでまずは、デリケートゾーンが黒ずむ原因を説明していきたいと思います!

 

そもそも「黒ずみ」ってどの程度?

 

「デリケートゾーンの黒ずみ」といっても、他の人のデリケートゾーンと比べるわけにもいかないし、「黒ずみの基準」って分かりにくいですよね…

 

「キレイなピンク色」を想像している方も多いかも知れませんが、実は成人女性のデリケートゾーンはまっピンクでないことがほとんどなんです。

 

  • 女医

    黄色人種が多い日本人は、白人と比べるとメラニン色素が分泌されやすい&沈着しやすい体質と言えます。ピンク色を想像するかと思いますが「肌の色より少し茶色」くらいの色が普通だと思っていいでしょう。

 

そうなんです!決してまっピンクではなく、最悪黒い部分がなかったら「キレイな色のデリケートゾーン」となるのです!

 

そもそもIOラインは下着やナプキンの摩擦などで黒ずみやすい場所です。デリケートゾーンを鏡で見た時、明らかに「うわ!黒ずんでる!」と感じなければOKですよ♪

 

デリケートゾーンが黒ずむ原因は?

 

デリケートゾーンが黒ずむ原因は、実はけっこうあるんです。

 

 デリケートゾーンが黒ずむ原因 

▼「刺激によるメラニン色素沈着」

▼「ホルモンバランスの乱れ」

▼「炎症」

▼「ターンオーバーの乱れ」

▼「デリケートゾーンの乾燥」

 

黒ずみの原因① 刺激によるメラニン色素沈着

 

先程の日焼けの話題でも触れましたが、皮膚は刺激を受けると脳から「メラノサイト」という器官に「皮膚を守って!」と命令を下します。命令を受けたメラノサイトは、皮膚を守る役割があるメラニン色素を分泌し始めます。

 

メラニン色素沈着

 

メラニン色素は皮膚を紫外線や活性酸素から細胞を守ってくれますが、それが蓄積されることでシミや黒ずみの原因になるんですね。

 

メラニン色素自体は、肌のターンオーバーと共に剥がれ落ちるんですよ。日焼けも冬になれば元通りになりますしね!

 

  • 女医

    デリケートゾーンにとって刺激となるのは、下着やナプキン、トイレットペーパー、陰毛、股擦れなどによる「摩擦」である場合が多いです。黒ずみを予防するにはデリケートゾーンには出来るだけ刺激を与えないことが大切です。

 

何度も言いますが、デリケートゾーンの皮膚はまぶたよりも薄いです。お顔はケアの時も拭く時も優しくしますよね。デリケートゾーンも同じことです。

 

出来るだけ肌に優しく締め付けない下着を着けたり、布ナプキンを使用する、陰毛の処理を正しい方法でするなど日頃からいたわってあげるようにして下さい。

 

黒ずみの原因② ホルモンバランスの乱れ

 

女性ホルモンは主に生理後に多く分泌される「エストロゲン」と、排卵後から生理開始まで多く分泌される「プロゲステロン」の2種類があります。

 

プロゲステロンは別名「妊娠ホルモン」と呼ばれており、メラニン色素が分泌されやすい状態になっています。

 

  • 女医

    妊娠中の女性の体は赤ちゃんを守ろうと、プロゲステロンが多く分泌されます。それにより、メラニン色素も多く分泌されるため、乳首や脇、デリケートゾーンが黒ずみやすくなります。

 

女性ホルモンはとてもデリケートで、一方のバランスが乱れてしまうと、もう一方のホルモンもバランスを崩しやすくなります。これにより、プロゲステロンが多く分泌されてしまうとデリケートゾーンが黒ずむ原因になるのです。

 

黒ずみの原因③ 炎症

 

「デリケートゾーンに炎症が起こるの?」と疑問に思う方もいるかも知れませんが、気を付けないと炎症を起こしてしまうことはよくあるんです。

 

 デリケートゾーンの炎症の原因 

▼乾燥肌、敏感肌の方(アトピーや乾燥などで起こりやすくなる)

▼あせも

▼陰毛の間違った処理方法

▼性病などによる治療痕

 

特に多いのが「陰毛の間違った処理」ですね。毛抜きで陰毛を抜くとすごく痛くなることがあります。私も経験がありますが、ヒリヒリして赤くなってしまいました。

 

陰毛の正しい処理の仕方のところでも述べましたが、実はそれも「皮膚への過度の刺激」となってしまい、放っておくと黒ずみの原因になることがあるんです!

 

黒ずみの原因④ ターンオーバーの乱れ

 

「肌のターンオーバー」という言葉はもはや常識となっていますが、デリケートゾーンの皮膚ももちろんターンオーバーを繰り返しています。

 

ターンオーバーは皮膚細胞が生まれてから死滅して剥がれ落ちるまでの過程のことで、大体28日周期が理想とされています(年齢によって差がありますが)。

 

ターンオーバー

 

基底層から生まれた細胞は、有棘層→顆粒層→角層の順に、役割を果たしながら上へ上へと上がっていき、最後には剥がれ落ちます。メラニン色素も同じです。

 

赤ちゃんから高校生くらいまでは、肌のターンオーバーも円滑なので、メラニン色素がシミになる前にどんどん剥がれ落ちていきます。

 

しかし、様々な要因でターンオーバーが乱れてしまうと、角質にある古いメラニン色素が剥がれ落ちることなく次のメラニン色素が上がってきてしまいます。それがたまりにたまってしまい、シミや黒ずみの原因になるんですね。

 

 ターンオーバーが乱れる要因

▼ゴシゴシ洗い、肌に刺激の強いボディソープなどを使用する(角質が剥がれてしまい、次の角質が未熟な状態でターンオーバーが繰り返される)

▼乾燥

▼炎症

▼ピーリング(ターンオーバーを無理矢理早める結果になるのでNG)

▼紫外線

▼睡眠不足

▼ストレス

▼栄養不足(特にビタミン不足)

▼ホルモンバランスの乱れ

▼加齢

 

「ターンオーバーが乱れる原因って自分に当てはまるものがすごく多い…」と不安に思われる人も多いでしょう。私もいくつも当てはまります(加齢なんてどうしようもないですしね)。

 

最低限、「ゴシゴシ洗い」「洗浄力の強いボディソープで洗う」「過度のピーリング」「生活習慣が物凄く乱れる」ということを避けていれば、健康な人であればターンオーバーは正常におこなわれます。

 

「気にし過ぎ」もストレスになりますから、ほどほどが大切ですね!

 

黒ずみの原因➄ 乾燥

 

女性

 

「デリケートゾーンはおりものも出るし、汗もかきやすそうだから乾燥とは無縁っぽい」と感じている人もいるかも知れませんが、それは大きな間違いです!皮膚はとても薄くて敏感なデリケートゾーンは、むしろ乾燥しやすい場所です。

 

デリケートゾーンはおりものや汗などで潤っているイメージなんですが?

おりものや汗には保湿成分は入っていません。さらに下着やナプキンなどで常に摩擦を受けている状態なので、角質が摩耗してしまい乾燥しやすくなっています。また、意外と外気の状態にも左右されやすく、乾燥しやすい冬場は特に注意が必要です。元々乾燥肌の人は、デリケートゾーンも乾燥しやすくなります。

 

デリケートゾーンが乾燥すると、痒みの原因になるばかりでなく、角質が剥がれやすくなるためターンオーバーが乱れる原因にもなります。しっかりと保湿をすることが大切です。

 

デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法は?

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因は本当に様々なものがあることが分かります。でも、全てを完璧に排除することは中々出来ませんよね。

 

カワイイ下着はどうしても小さくデリケートゾーンを締め付けるものが多いですし、生理中にナプキンをしないわけにはいきません。時には暴飲暴食をすることだってあるし、睡眠不足になることもあります。

 

また、ストレスとは無縁の生活を送ることは中々難しいと思います。

 

デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因は実にたくさんありますが、最低限のポイントを押さえておけば、黒ずみはそこまで気にする必要はないと思います。そのポイントとは…

 

☆デリケートゾーン専用ソープで、正しい洗い方で毎日ケアする(保湿も忘れずに!)

☆陰毛(特にIOライン)の処理を正しくしておく

 

この2つを完璧にするだけで、黒ずみに対する不安はそこまで過敏になることはないと思います。

どうしてかは、これまでの内容をお読み頂ければもう分かりますよね!

臭いと陰毛処理だけで見た目はスッキリする

 

でも「これだけのことで黒ずみが抑えられるのか不安…」「もうすでにかなり黒ずんでいるから、美白したいんだけど…」と思っている人も少なくないでしょう。

 

確かに上記2つのポイントは、黒ずみ予防であって残念ながら黒ずみを取り除く手段ではありません。

 

デリケートゾーンの黒ずみを美白したい場合は、以下の方法があります。

 

 デリケートゾーンの黒ずみ美白方法

①デリケートゾーンに使える美白クリームをぬる

②美容外科やクリニックで黒ずみを除去する

 

美白クリームを使用する

 

女性の足

 

デリケートゾーンの黒ずみを解消するために手軽に行える方法として、「自宅で毎日美白クリームを塗る」ことが挙げられます。

 

デリケートゾーンにも使える美白クリームは、様々な商品がある上、デリケートゾーンケア初心者でも手軽に始めることが出来るためおススメです!美白クリームは保湿にも一役買うので正に一石二鳥ですよね。

 

ただし、美白クリームは毎日ぬらなければならず、忙しい人は中々続けにくいです。また、一度黒ずんだデリケートゾーンはクリームでは中々美白出来ないこともあるので、時間もかかります。

 

  • 女医

    メラニン色素が沈着してしまっている状態の皮膚には、少なくとも2~3か月は美白成分が配合されたクリームなどを塗る必要があると言われています。通常のターンオーバーでは中々剥がれ落ちないため、美白クリームを使用してもこれくらいの期間が必要となるのです。

 

根気との闘いになると思いますが、継続は力なり!続ければ必ず黒ずみは解消されることでしょう。デリケートゾーン専用のおススメの美白クリームは後述していますので、是非参考にしてみてください。

 

⇒【2018年版】まんこの黒ずみ解消&改善グッズランキング5!

 

美容外科やクリニックで黒ずみの除去をおこなう

 

「デリケートゾーンの美白に時間をかけたくない!」「医師の元で黒ずみ除去をしてもらった方が安心」という人は、美容外科やクリニックで黒ずみ除去手術を行うという選択もあります。

 

ピーリング(方法はクリニックによって違う)を行って黒ずみをピンポイントで除去したり、クリニック独自のレーザーを使って黒ずみを除去する方法などがあります。

 

ただ、保険適用外なので非常にお金がかかる上、一度の通院では完全に美白することは出来ないので通院にかかる時間も多くなってしまいます。

 

中には美白クリームと変わらないケースもありますので、美容外科などで黒ずみ除去をする場合は、しっかりと下調べをした上で行くことをおススメします!

 

家族と同居している人必見!家族にばれずにデリケートゾーンケア用品を手に入れる方法

仲良し家族

 

これまでお読み頂くと、デリケートゾーンケアに必要なアイテムは「デリケートゾーン専用ソープ」と、出来れば「デリケートゾーンにも使える美白クリーム」であることがお分かり頂けるかと思います。

 

でも、意外に多く聞かれるお悩みがコチラなんです。

 

  • NG

    デリケートゾーンケアをネットで購入したいけど、私は学生で家族と同居しているからばれるのがイヤ!

 

  • 悩む女性

    彼氏ができてデリケートゾーンケアに興味があるけど、専用ソープとかって高いイメージ…バイト代だけでは中々買えないよー…

 

社会人で一人暮らしをしている女性であれば、家族にばれずに購入出来るものも、モノがモノだけに「恥ずかしい」と思う人も多いものです。

 

デリケートゾーンケア商品は、中身が何か分からないような包装になっているものがほとんどなのですが、「家族に自分あての荷物が届いたこと自体知られなくない」「コンビニ受け取りとか出来ないの?」と感じている人も少なくないでしょう。

 

また、「デリケートゾーンケア用品は何となく高いイメージ」もあるので、デリケートゾーンケアに興味はあっても中々手を出せない人もいらっしゃると思います。

 

色々言っても、やはりお顔のケアやコスメ、服にお金をかけたい… 

 

でも、デリケートゾーンケアもしたい… 女性であればこの葛藤する気持ちは痛いほど分かります!また、「たくさんありすぎてどれがおススメなのか分からない」といった声も聞かれます。

 

そんなお悩みを抱えているあなた!家族にばれることなく購入出来るデリケートゾーンケアを厳選してご紹介すると同時に、高いお金を出さなくても手軽にケアを始められる裏技をこっそりご紹介させて頂きますね!

 

おススメデリケートゾーン専用ソープ2選!

 

デリケートゾーン専用ソープはドラッグストアで購入出来るものと、ネットで購入出来てなおかつ家族にばれることなく届けてもらえるものをご紹介したいと思います。

 

①ドラッグストア購入出来るもの:サマーズイブフェミニンウォッシュシリーズ

 

サマーズイブフェミニンウォッシュ

公式サイトへ

 

価格 

▼フェミニンウォッシュ マルチベネフィット デイリーバランス

(肌に優しいノーマルタイプ)864円(税込)

 

▼フェミニンウォッシュ マルチベネフィットシンプリーセンシティブ

(マイルドで低刺激なボディウォッシュ):864円(税込)

容量 237ml(両方とも):約80日分
1日あたり 10.8円
全成分

▼デイリーバランス

水、ラウレス硫酸Na、塩化Na、ラウリルグルコシド、コカミドプロピルベタイン、ポリクオタニウムー7、αーグルカンオリゴサッカリド、乳酸、安息香酸Na、EDTA-2Na、水酸化Na、香料

▼低刺激用

水、ラウレス硫酸Na、塩化Na、ラウリルグルコシド、コカミドプロピルベタイン、ポリクオタニウムー7、αーグルカンオリゴサッカリド、乳酸、安息香酸Na、EDTA-2Na、水酸化Na、香料

 

特徴

 

・デリケートゾーンケア先進国の米国において、No.1の売り上げを誇る!

1日あたり10.8円とリーズナブルな価格でコスパが高い

・ドラッグストアで購入出来るので(店舗による)、家族にばれることなく購入することが出来る

・デリケートゾーンに安心して使用出来る植物性由来の消臭成分、保湿成分を使用している

専門医による監修のもと製造されているので安心!もちろんアルコール、香料、着色料、パラベンフリーでさらに安心!

・肌質に合わせてノーマルタイプとマイルドタイプが選べる

 

「ドラッグストアで手軽に買えるデリケートゾーン専用ソープを探している」「リーズナブルな価格のケア用品を探している」「安心して使えるデリケートゾーン専用ソープが欲しい」

そんな人にピッタリのデリケートゾーン専用ソープです!

 

1日あたり約11円という最高値のコスパは、「デリケートゾーンケアをしたいけど、高いお金をかけられない」という人の強い味方となることでしょう!

 

また、「10代になると親からデリケートゾーンケアのやり方を教わるのが当たり前」の米国において、売り上げNo.1という圧倒的シェアを誇っています。

 

ただし、マイナスポイントもあります。それは高級アルコール系の「ラウレス硫酸Na」を使用していることです。

 

  • 女医

    ラウレス硫酸Naは、非常に脱脂力がある洗浄成分なので、デリケートゾーンに使用すると人によっては「洗いすぎ」となり、デリケートゾーンの臭いや黒ずみの原因になることがあります。

 

「あまり泡立たない」「においがちょっと合わない」などの口コミもありますが、その一方で「自分にすごく合っている!」「もう何年もお世話になっています」という声も多く、さすが米国No.1の売り上げを誇るケア用品という印象です。

 

ドラッグストアで手に入るデリケートゾーン専用ソープはあまりないので、手軽にリーズナブルに始められるという点でもおススメですよ。

 

②ネットで購入出来てなおかつ家族にばれることなく届けてもらえるもの:LCジャムウソープ

 

ジャムウハーバルソープ

公式サイトへ

 

価格 2,046円(税込)+送料
容量 68g:約2ヶ月分
1日あたり 32円
消臭成分 天然ジャムウ
全成分 石ケン素地、水、ヤシ油、硫酸(Al/K)、カミツレ油、アロエベラエキス、オタネニンジンエキス、スクワラン(※植物性)、甘草エキス

 

特徴

 

・合成着色料や界面活性剤、保存料など全て不使用なので、乾燥肌や敏感肌の人でも安心

・植物性由来の洗浄成分、保湿成分、消臭成分を配合!自然のチカラでデリケートゾーンケアができる

・インドネシアの工場で、1つ1つ手作りされている!

発売14年目で、何と305万個を売り上げている驚異の大ヒットデリケートゾーンケア用品!

コンビニ受け取り(クレジット決済のみ)、郵便局留(クレジット決済、銀行振り込みの場合)が可能!

 

「デリケートゾーン専用ソープといえば、ジャムウソープ!」と数々の雑誌などで取り上げられるほど有名な「ジャムウハーバルソープ」は、販売14年目で305万個を売り上げている実績あるデリケートゾーン専用ソープです。

 

使い方もとっても簡単で、石鹸を泡立ててデリケートゾーンにつけて3分ほど放置し、あとは丁寧に洗い流すだけ!これで臭いや黒ずみを抑えられるので、初心者はもちろん、数多くのリピーターからも愛用されているんですよ!

 

有効成分はインドネシアのハーブの総称である「天然ジャムウ」です。植物性由来だから、肌にも自然にも優しい石鹸なんです。

 

ジャムウハーバルソープは界面活性剤を一切使用していないので泡立ちにくいですが、泡立てネットを使えばしっかりモコモコの泡が出来ますよ!公式サイトから購入すれば、泡立ちネットとお試しコスメもついてくるのでお得です♪

 

 家族にばれないポイント 

▼コンビニ受け取り(クレジット決済のみ)や、郵便局留(クレジット決済、銀行振込のみ)が選べる

▼DMなど一切送られてこず、必要以上(他商品の勧誘など)の電話もない

 

「値段が高いかも…」と思われるかも知れませんが、デリケートゾーンのみに使うのであれば、3か月近くもつという口コミも多くあります。質が良く、意外とコスパも良いのでおススメのデリケートゾーンケアですよ!

 

デリケートゾーンにも使える美白クリーム厳選2選!

 

「デリケートゾーンを毎日洗う」「陰毛の処理を正しく行う」この2点をしっかりすれば、黒ずみはそこまで気にならないと申し上げましたが、それでも「黒ずみを美白したい!」「黒ずみ予防と乾燥対策をしたい」という人も多いと思います。

 

そこで、ドラッグストアで購入出来てデリケートゾーンにも使える美白クリームと、家族にばれることなく購入出来る美白クリームを厳選して2個ご紹介していきます!

 

①ドラッグストア購入出来るもの:ワキレホワイト

 

ワキレホワイト

公式サイトへ

 

価格 754円
容量 20g
有効成分 3-O-エチルアスコルビン酸(高浸透ビタミンC誘導体)、クエン酸
全成分 水、DPG、ポリアクリルアミド、クエン酸Na、メマツヨイグサ種子エキス、アロエベラ葉エキス、プルーン分解物、ヒアルロン酸Na、スクワラン、グリチルリチン酸2K、O-シメン-5-オール、(C13,14)イソパラフィン、ベヘニルアルコール、ステアリルアルコール、バチルアルコール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、EDTA-2Na、ポリソルベート60、ラウレス-7、BG、香料

 

特徴

・脇の黒ずみ専用クリームだが、肌に比較的優しい成分配合なのでデリケートゾーンにも使用出来る(個人差あり)

・ドラッグストア購入出来るから、家族にばれる心配がない上、価格もとってもリーズナブル。

・角質の奥まで浸透する高浸透ビタミンC 誘導体配合だから、しっかり美白出来る

・植物性由来の保湿成分が配合されている

 

ワキレホワイトは、脇の下の黒ずみ用クリームですが、比較的成分が優しいので肌が強い人であればデリケートゾーンにも使えることがあります。何より嬉しいのは、価格が1,000円以内ととってもリーズナブルな点♪

 

ドラッグストアでも販売されているので、こっそり購入出来るのも嬉しいですよね!しかし、デリケートゾーン専用クリームではないので、刺激の強い成分も多少含まれているので注意が必要です。

 

ワキレホワイトに含まれる、刺激の強い成分を教えて下さい。

「クエン酸」は強い酸性なので、デリケートゾーンには刺激が強すぎる場合があります。また、「べへニルアルコール」は刺激は弱いものの高級アルコールの一種なので、アルコールフリーではありません。防腐剤にパラベンも使用されており、デリケートゾーンに使用するにはやや不安が残ります。

 

「ワキレホワイトをデリケートゾーンに使用しても絶対に大丈夫!」と断言できるものではありませんが、価格帯を考えると少し試してみたくなりますよね。ただし、乾燥肌や敏感肌の人は使わない方が無難だと思います。

 

②ネットで購入出来てなおかつ家族にばれることなく届けてもらえるもの:イビサクリーム

 

イビサクリーム

公式サイトへ

 

価格 

▼公式サイト

●単品価格:7,560円(税込)+送料(360円)+手数料(150円)

●定期コース(集中ケアコース):5,367円(税込、送料・手数料無料)

4,827円(クレジット決済で初回のみ)

※定期コースは最低でも2回の注文が必要

※定期コースのみ28日返金保証サービス付き

 

▼楽天

8,623円(税込、送料無料)

 

▼amazon

5,660円(税込、送料無料)

 

▼Yahoo!ショッピング

6,264円(税込、送料無料)

 容量 35g(約1か月分)
 有効成分 トラネキサム酸、グリチルリチン酸
 全成分 BG、濃グリセリン、1,2-ペンタンジオール、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ポリアクリルアミド、メチルフェニルポリシロキサン、軽質流動イソパラフィン、POE(7)ラウリルエーテル、党参抽出物加水分解液、油溶性甘草エキス(2)、ローズ水、ウメ果実エキス、大豆エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、アルピニアカツマダイ種子エキス、サクラ葉抽出液、カモミラエキス-1、水添大豆リン脂質、オウゴンエキス、乳酸Na液、天然ビタミンE、ステアロイルフィトスフィンゴシン、フェノキシエタノール

 

特徴

・優秀な美白成分である「トラネキサム酸」、さらに4種類の植物性美白成分配合でデリケートゾーンの黒ずみを根本から除去してくれる!

数々の雑誌やサイトで高評価を得ているから、初心者でも安心

・デリケートゾーン専用美白クリームなので、刺激となる成分(アルコール、合成着色料や香料、パラベン)は一切配合されていないからさらに安心!

8種類の保湿成分が配合されているから、乾燥対策にも使える

・定期コース(集中ケアコース)なら、28日間の返金保証がついている

・公式サイトから購入すると、商品名などは記載されない「目隠し梱包」で配送されてくる。また、楽天から注文するとコンビニ受け取りが可能(通常価格のみ)。

 

「デリケートゾーンの黒ずみならイビサクリーム!」と言われているほど有名な美白クリームです。その効果は折り紙つきで、数々の雑誌や美容サイトなどで紹介&高い評価を得ています。

 

「トラネキサム酸」は、肌に優しくメラニン色素をしっかり除去してくれる美白成分で、高品質の美白クリームには必ずと言っていいほど配合されている成分です。

 

その上、4種類の植物性美白成分も配合されているので、これでもかというくらい美白に特化したクリームになっています。

 

  • 女医

    デリケートゾーン専用美白クリームは、美白だけでなくデリケートゾーンを保湿する役割もあります。イビサクリームは8種類の保湿成分が配合されているので、デリケートゾーンにピッタリの美白クリームです。

 

もちろん、デリケートゾーンにとって刺激となる成分(強い洗浄成分、アルコール、合成香料、着色料、パラベン)などは全く含まれていないので、乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使うことが出来る、本格派美白クリームです。

 

イビサクリームは公式サイトがあり、そこから購入可能ですが、楽天やamazon、Yahoo!ショッピングなどのネットショップからも購入出来ますよ。

 

ネットショップだと公式サイトよりも安く手に入れることが出来る場合もあるので嬉しいですよね♪

 

しかし、公式サイトのみで購入できる「定期コース(集中ケアコース)」は、「肌に合わなかったり効果がないと感じられる場合は、商品到着後28日以内であれば返金出来る」 嬉しいサービス、28日間返金保証がついています。

 

質の高いデリケートゾーン美白クリームを、お試し感覚で使用出来るのは嬉しいですよね!下記に家族にばれることなく購入出来る方法をまとめていますので参考にして下さい。

 

 家族にばれないポイント

▼公式サイトから購入すると、商品名などは記載されない「目隠し梱包」で配送されてくる

▼楽天からイビサクリームを購入すると、通常価格のみになるがコンビニ受け取り可能!

 

デリケートゾーンケアまとめ

入浴中の女性

 

今回の重要ポイントをまとめました。

 

 デリケートゾーンケアの重要ポイント 

▼デリケートゾーンは、デリケートゾーン専用ソープで毎日正しい洗い方で洗う

▼陰毛の処理は、デリケートゾーンに負担をかけない正しい方法で行う。自分で処理するのが難しい場合は、サロンやクリニックで処理してもらうのも一つの方法

▼上の2点を完璧にしていれば、黒ずみはそこまで気にする必要はないが、どうしても気になる場合は美白クリームを使用する

▼家族にばれることなくデリケートゾーンケア用品を購入する方法は限られている

 

デリケートゾーンケアをしっかり行うことで、自信を持ってパートナーと素敵な時間を過ごせるようになれるでしょう♡美意識の高い女性の第一歩を踏み出しましょう!

 

気に入ったらシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す



あわせて読みたいコラム