• TOP
  • まんこ体験記
  • 生理痛が重くて産婦人科へ。検査を受けるとクラミジアという性病だった。

コラム

公開日:2015/03/23 3:54

生理痛が重くて産婦人科へ。検査を受けるとクラミジアという性病だった。

まんこ原因性病治療SEX不妊痛みがん

生理が重く、産婦人科に行くと、2度目の検査でクラミジアという性病に感染している事がわかりました。

 

1度目の産婦人科では子宮頸癌検査

 

元々生理痛はあったのですが、ここ1年は特に鎮痛剤を飲まないと夜中起きてしまうほどの痛さを感じてました。 子宮頸癌の可能性もある事を知って、初めて子宮頸癌検査をしに行くと結果は陰性。

 

その時はピルを勧められたのですが、飲み忘れが怖くて断りました。

 

鎮痛剤で凌いでいたものの、次の生理は排卵痛まで出てきてちょっと怖くなって。 何かがおかしい気がして、今度は別の病院へ行きました。

 

2度目の検査でクラミジアを発見

 

先月子宮頸癌を受けている事を話すと、もしかしたら淋病クラミジアかもと言われてびっくり。 確かに彼氏はいるけれど、浮気とかは自分が分かる範囲では知らない。

 

原因が分かるならと思い、勇気を出して受けてみました。

 

1週間後、産婦人科に行くと陽性。 たしかに過去に数人とおつきあいはしていたけれど、そんな性病になってる人なんていなかったですよ!? とびっくりして訪ねると 「

 

男女ともに気付かない事が多いから、知らない間に移されたんだね〜 大抵はちょっとおりものが増えるとかぐらいしかないから、珍しいとタイプだと思うけど 子宮系の他の病気の可能性もあるから他に変なところがあったらすぐに来てね。 それから今、彼氏もいるなら彼も感染してるよ。泌尿器科か性病科に行って一緒に治療してね^^」 と言われました。

 

とりあえずその場で抗生物質をもらって、治療に専念する事に。

 

彼の秘密を知る

 

彼にはもちろん、すぐに電話をしてクラミジアだったことは伝えました。 けれど伝えた瞬間、急に挙動不審になる彼。 それから突然謝られ、風俗に行った事を明かされました。

 

仕事の付き合いで1度無理矢理連れて行かれたが、どうせばれないだろうと思ってそのまましてしまったとのことでした。 それはそれで辛かったのですが、私も処女だった訳ではありませんから 感染源はどちらかもわからないし、とりあえず治療をしてから話し合おうという事で落ち着きました。

 

自己防衛は大事

 

治療も無事に終わり、もう一度検査をしたのですが無事に完治。 あのまま気付かなかったら、もしかしたら卵管炎などを引き起こして不妊になっていたかもしれないよとお医者様から言われ 相手が誰であろうと性病の定期検診は必要だなと感じました。

 

今後、今彼だろうが、また違う彼になろうが、自分の身を守れるのは自分しかいないのです

 

気に入ったらシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す



あわせて読みたいコラム