コラム

更新日:2019/04/12 4:42

会陰切開後の痛みはどれくらい?予防や対策の方法も知っておこう!

まんこ対策SEX病院美マン産後

出産時にまんこが裂けてしまわないよう行われる会陰切開ですが、切られる瞬間はもちろん、産後の痛みはどれくらいなのでしょうか。

 

また、痛みへの対策方法や、会陰切開を回避する予防法、トラブルが起きた時の対処方法もチェックしておきましょう。

 

実際に会陰切開をした経験談も踏まえて進めていきますので、これから出産する人も、すでに出産を経験している人も必見です。

 

 

そもそも会陰とはどこ?

会陰の説明

会陰とは、まんことアナルのあいだにある3cmほどの範囲を指しています。

 

男性も同じようにペニスとアナルのあいだに会陰があり、その範囲は5~6cmほどです。ありの戸渡と呼ばれることも。

 

  • 発言者

    会陰は皮膚が薄いので、出産時は赤ちゃんの進みとともにある程度の伸びが得られる部位です。しかし、伸びには体質や生活習慣による個人差があります。

 

たまに聞く会陰裂傷とは

会陰裂傷について

 

出産時などに、会陰の伸び以上に皮膚が引っ張られてしまい裂けてしまったものを「会陰裂傷」と呼びます。程度には差がありますが、場合によってはアナルや直腸まで裂けてしまうことも

 

会陰裂傷は裂け目が複雑なので縫合が難しいです。そして、治りが悪い、跡が残りやすいといったトラブルに繋がります

 

そのため、出産時はなるべく会陰裂傷を起こさないように、いきみ逃しや会陰切開といった手段が用いられます。

 

  • 発言者

    会陰部分が無事でも膣内が避けることも。。。私は赤ちゃんの頭が大きく、数か所避けてしまい膣内も縫う羽目になりました。

会陰切開とは?タイミングはいつ?

会陰切開について

 

会陰切開とは、医師がお産のときに会陰を切って膣口を広げる処置で、会陰裂傷を避けるために行われる医療処置です。

 

 会陰切開を行うのはどんなとき? 

▽会陰の伸びよりも赤ちゃんの頭のほうが大きい
▽お産の進みが早く会陰がうまくほぐれていない

 

  • 発言者

    一人目で会陰切開をしたら同じところが裂けるというわけではないので、二人目の出産時にも会陰切開を行うこともあります。また、会陰裂傷よりも会陰切開のほうが治りも早く、傷跡もきれい、とよく言われていますが、昨今の医療技術においては比較するほどの差はない、とも言われています。

 

会陰切開の有無は医師の判断で

 

経膣分娩者の6,7割が行うとも言われている会陰切開ですが、妊婦自身の希望だけでなく、医師の考えや判断で切るか切らないかが決まります。

 

なかには初産婦は全員切る方針の医師もいますし、なるべく切らずに産ませる医師もいます。

 

子宮口が全開になり分娩台に乗ってから、会陰の伸びや赤ちゃんの頭の大きさを見ながら判断する場合も少なくありません。

 

  • 発言者

    ここでなるべく妊婦の希望を尊重してもらえるのが嬉しいですが、切開せずに会陰裂傷を起こしてしまうとそれ以上の痛みを伴うため、プロに任せるのがベストでしょう。

  • 発言者

    会陰の伸び以外にも、お産の進みが悪くて赤ちゃんに負荷がかかっている場合や、鉗子や吸引を使う場合も切開するみたい。

     

  • 発言者

    私が実際に切開された際は、最後の最後、会陰部分が広がりきらず赤ちゃんの頭がつっかえているのが分かり、その際に「切るよー!」とサッと切られました陣痛中も助産師さんが硬いね~と言われていたのでその時点で覚悟をしていましたよ!

会陰切開の切り方

会陰切開の切り方図解

会陰切開の切り方は、メスを入れる方向によって大きく3種類に分かれています。それぞれの方法にメリット・デメリットがあるので、確認してみましょう。

 

▽正中切開…まんこからアナルに向かってまっすぐ切る方法。傷が残りにくいが、場合によってはアナルまで裂けてしまうことも。

▽正中側切開…斜め方向に向かって切る方法。アナルに傷がひびきにくいものの、縫合後に違和感がでる場合もある。

▽側切開…真横へメスを入れて切る方法。最も傷が広がりにくい反面、傷跡が残りにくい傾向が強い。

 

医師のスキルやお産の状況に合わせて切り方は選ばれるので、基本的にリクエストなどをするのは難しいかもしれません。気になる場合は出産前に、検診などで質問してみて。

 

会陰切開するときの痛み

会陰切開の痛み

 

会陰切開をするときの痛みは、麻酔の有無で多少異なります。また、麻酔無しの場合でも痛みはほとんど感じないという人が多いですが、中には激痛を感じる人もいるようです。

 

▽麻酔あり…ほとんどの人が無痛、あるいはチクリとする軽い切り傷程度の痛みだったと答えます。

▽麻酔なし…個人差が大きいです。ただし、陣痛が進んでから会陰切開は行われるので、陣痛の痛みやアドレナリンで痛みを感にくい状態ではあります。

 

会陰切開後は縫合も行いますが、こちらは麻酔を使う場合がほとんどです。局所麻酔なので、感覚はあるけど痛みは無い という人が大半になります。

 

また、近年は無痛分娩も数を増やしてきていますので、無痛分娩の方は、さらに痛みは感じずに済むかと思います。

 

  • 発言者

    私の場合は、子宮口が全開になると先生が来るのですが、その時点で「先に麻酔しときますねー!」と言われて麻酔されました。なので、実際切られたときはパチン!と音が聞こえたぐらいで、切られた感覚もありませんでしたよ。

【激痛?】会陰切開後の痛み

痛み

 

会陰切開の経験者に聞くと、ほとんどの人が「会陰切開よりもその後が辛い」と答えます。大きな怪我や手術で縫合の経験がある方なら分かるかもしれませんが、傷口って治るまでも痛み続けるんですよね。

 

実際にはどんな感じなのか、対処方法も含めて見てみましょう。

 

産後のトイレが恐怖!

 

会陰はまんことアナルのあいだにあります。まんこは出産後はしばらくお休み状態となりますが、アナルは毎日排便で使いますよね。この排便が痛みそうで、とても怖いんです。 

 

しかし、怖がって便意を我慢していると、便はどんどん硬くなっていってしまいます。そして硬い便はより、出すときに痛みを伴うことに。

 

  • 発言者

    排便で縫合した糸が切れることや、傷が開くことはありません。はじめは怖いものですが、思い切って出してみましょう!

 

おしっこも会陰に部位が近いので、我慢してしまう人もいるようです。膀胱炎のリスクがありますし、水分を控えると母乳の量にも影響してしまいます。

 

  • 発言者

    私が出産した産院は、初めに不安を伝えておくと酸化マグネシウムを処方してくれたので、強くいきまずにスルリと排便することができました♪

 

床や椅子に座るのが難しい場合も

ドーナツクッション

 

会陰は座るとちょうど座面となって圧迫される部位です。そのため、会陰切開後は椅子や床に座ると激痛が起こるという人も少なくありません。

 

この痛みは患部に負担がかかるために起こるものです。我慢していれば治まるというものではなく、逆に傷の治りを遅くするリスクもあります。

 

 対策方法! 

赤ちゃんのお世話などで座る姿勢を取らなければいけないときは、「ドーナツクッション」を使って会陰を圧迫しないようにしましょう。

 

  • 発言者

    授乳室に貸し出し用のドーナツクッションがあったので、それを病室で使用していました。あるのとないのではかなり違います!!(傷が腫れていたので座って食事すらできない)事前に貸し出し用があるかないかは、聞いておいた方が良いかもです。

 

腫れているような感覚、引っ張られるような感覚

 

切開した傷口そのものよりも、縫合した周辺の皮膚に違和感が出ることも少なくありません。

 

皮膚が腫れているような感覚や、引っ張られているような感覚 で、痛みを伴うことも。

 

これらの症状は、抜糸をすることで嘘のように楽になる場合が多いと言われています。溶ける糸を使用していても退院前に部分抜糸をしてもらえることもあるので、気になるときは医師に相談してみましょう。

 

  • 発言者

    痛みや腫れで眠れないようなときは、鎮痛薬の使用も可能です。授乳との兼ね合いもあるので、こちらも医師の指示に従ってくださいね。

  • 発言者

    実際に鎮痛薬を飲んでも結構な傷みがあったため、産後5日目に先生に診てもらうと、皮膚がかなり突っ張っていたようです。「痛かったでしょ~;」と先生からも同情され(縫ったの先生なんだけどね)、すぐに不要な数か所を切ってもらいましたが、その瞬間からお股がスッキリ!!

 

1ヶ月検診までには落ち着く人が大半

 

会陰切開後の痛みは、早ければ退院まで、長くても1ヶ月検診までには落ち着く人がほとんどです。しかし、本人の体質や、切開・縫合をした先生の腕や経験によっても経過は異なります。

 

できれば評判の良い医師に切ってもらいたいところですが、お産のタイミングは計画通りにはいかないものなので、運の要素もかなり含まれてきてしまいます。

 

なかには、産科ではなく外科の先生に縫合してもらったという人もいるほどです。

 

  • 発言者

    1カ月以降も、見た目は治っているのに、肛門付近がずっと傷みがあったり、乾燥しているような日は『古傷が痛む』といった感じでピリッとするときもありました。やはり、健康なところを切ってしまうものなので、筋肉の繋がりだったり、多少の違和感が残るのは仕方のないことなのかも。

 

いつ解放される?会陰切開の回復

会陰切開の経過

 

会陰切開が回復するまでには数週間の期間が必要ですが、どのような経過で良くなっていくのでしょうか。

 

一般的な流れがわかっていると、不安も解消されるかもしれませんよ。

 

主な経過

 

会陰切開の傷口は1週間ほどである程度くっついた状態になりますが、完全に治癒するまでは数週間、あるいは数ヶ月がかかります

 

また、前述したように、回復にかかる期間は体質や切開・縫合のスキルによって左右されるものです。

 

会陰は皮膚が柔らかい部分なので、切開の傷跡は基本的に残りにくくなっています。また、部位的にも目立ちにくい場所です。

 

しかし、会陰切開をせずに会陰裂傷となった場合は傷が複雑になっているため縫いにくい、傷跡が残りやすい可能性も。裂傷の場合は入院中の診察もより丁寧に対応してもらえる傾向があります。

 

  • 発言者

    抜糸をしたり、糸が溶けたりしたら傷が治ったという判断は時期尚早です。まだ傷口は不安定な状態なので、直接触れる、大きな負荷をかけるなどをすると傷口に痛みやダメージを与えてしまいます。傷の治りが遅くなったり、跡が残りやすくなったりするため、パートナーにも理解してもらいましょう。

 

抜糸について

 

会陰切開の縫合は、抜糸不要の溶ける糸を使う病院と、抜糸の必要なナイロンなどの糸を使う病院に分かれています。

 

溶ける糸のほうが医師も患者も負担が軽くなるため、様々な手術で活用されていますが、会陰切開の場合は一長一短といったところです

 

 溶ける糸のメリット・デメリット

▽メリット…抜糸の手間や時間が不要

▽デメリット…完全に溶けるまでに時間がかかる

  •  

  • 発言者

    私の時は、大体1カ月ぐらいで膣内の糸が出てきました。忘れたころに出てくるので、一瞬病気か何かとヒヤッとしましたね;

 

会陰切開は場所的に、座るたびに患部に負担がかかるため、いつまでも糸が残ってしまう溶ける糸のデメリットが大きく感じられやすいです

 

また、溶ける糸は体温や気温が高いほど早く溶けます。夏場は比較的短い期間で糸がなくなりますが、それでも1週間前後が目安。抜糸の場合は一律で1週間後がタイミングの目安です。

 

 抜糸のメリット・デメリット 

▽メリット…一定の期間や状態で抜糸してもらえる

▽デメリット…手間や時間、痛みが生じる

 

産後は母子ともに1週間ほど入院することになるので、抜糸の手間や時間については患者側としてはそれほど大きな負担にはならないでしょう。

 

痛みについては麻酔を使用しないため、キリキリとした痛みが生じます。抜糸後は痛むことはありません。

 

  • 発言者

    また、溶ける糸でも縫合に違和感がある場合は、退院前に抜糸してもらうことも可能です。医師から提案されるケースもありますが、ひきつれのような感覚があれば相談してみてもいいでしょう。

 

会陰切開後、痛みを和わらげる対策は?

対策方法

 

会陰切開後の痛みは傷が治るまでの付き合いになりますが、少しでも辛い症状を緩和するためにできることをやってみましょう。

 

いろいろな対策方法がありますが、大きく4つの種類に分けて詳しく紹介していきます。

 

会陰患部の回復力を高めよう

 

回復にかかる期間に個人差のある会陰切開後の傷口ですが、以下の対策方法で少しでも早く治すための手助けが可能です。コツコツやってみてくださいね。

 

 check! 

▽座り方に気をつける

▽必要な栄養をしっかり摂る

▽会陰を温める

 

まず、会陰切開後の傷口に負担をかけないよう、痛みや違和感があるうちはドーナツクッションを利用しましょう。 用意が難しい場合は、正座にするだけでもかなり緩和できます。

 

次に、「タンパク質・ビタミン・水分」をしっかり摂るように心がけてください。この3つは傷口の回復に必要不可欠な成分です。食事から摂れるのがベストですが、難しい場合はサプリメントなども利用してみて。

 

最後に、患部を温めることも有効です。ホットタオルを当てる、ウォシュレットは温水にする、といったケアだけでも傷口の回復力が高まると言われています。

 

  • 発言者

    骨盤底筋を動かす体操も有効ですよ。まんこや尿道を締めるようなイメージで、キュッキュッと会陰深部の筋肉を刺激してみてください。血流が良くなり代謝が活発になることで、回復力アップにつながります。

  • 発言者

    たしかに不思議とシャワーを浴びても染みなかった!ドーナツクッションに関しては、会陰切開するかどうかが分からなかったので、産後すぐに病室で購入できる状態にしておいて、実際、生んですぐにポチッとしました。2カ月ほど、毎日座っていましたよ♪

 

きちんと休む 

横になる女性

 

産後の体調不良は疲れから生じることが多いです。会陰切開後の痛みも同じく、疲労が蓄積するほどに強くなりがち。赤ちゃんのお世話を中心とした生活にできるよう、工夫してみましょう。

 

家事をお願いできるように、産前から準備しておく

赤ちゃんが眠っているあいだはママも眠る

こまめに横になる時間を作る

痛みが辛い場合は鎮痛薬を使う

 

家事はパートナーや親などの家族に協力してもらえるのがベストですが、どうしても難しい場合は家事代行サービスなどの利用も検討してみてください。洗濯乾燥機や食器洗浄機といった家電を活用するのもオススメ。

 

産後の赤ちゃんは頻繁に眠る子が多いですが、そのタイミングでママも一緒に眠って身体を労りましょう。

 

 その時は、電話やスマホ、インターフォンなどの機器をオフしておくとゆっくりと休めます。家族が在宅のときは部屋のドアに「入室不可」などの張り紙をしてもいいですね。

 

  • 発言者

    もし痛みが辛くて眠れない、日常生活にストレスを感じる、という場合には処方された鎮痛薬を使ってみてもいいでしょう。

 

また、なかなかまとまって眠ってくれない子の場合も、ソファや布団に横になるだけでも身体は回復します。暖かくできるよう、ブランケットなども用意してみて。

 

  • 発言者

    きちんと休むことは、身体の回復力を高めることにも繋がります。無理のない生活で、まずは出産で傷んだ身体を整えてくださいね。

 

冷やすケアはどう?

注意!

 

火傷をしたら冷水や氷で冷やすなど、痛みの緩和に「冷却」という手段を選ぶ場合もありますよね。

 

会陰切開後の傷跡についても、冷却して対応する方法は有効なのでしょうか?実証研究の内容をピックアップしてみます。

 

 check! 

▽程度の差はあるが、冷却による鎮痛作用が見られる

▽冷却による患部治癒への影響は確認できない

 

冷やし方や個人の感じ方によって、冷却で得られる鎮痛作用の程度には差があるようですが、全く効果がないというわけではなさそうです。どうしても痛みが我慢できず、処方の鎮痛薬もない場合は、試してみる価値もあるかもしれません。

 

しかし、冷やすことで患部の再生が落ちるリスクも懸念されています。前項で傷の回復を早めるには温めて代謝を上げるのが効果的と紹介しましたが、その逆のことが起きてしまうからです。

 

  • 発言者

    なので、強い痛みがある場合を除いては、会陰は冷やすよりも温めたほうがいいでしょう。

 

傷口からの細菌感染にも注意

 

会陰切開後の傷口から細菌感染をするリスクがあるので、産後はこまめにナプキンを変える必要もあります。このときにも注意しておきたいポイントが2つあるので、チェックしておきましょう。

 

▽細菌がアナルからまんこへ入らないように、ナプキンは前から後ろに向かって引き抜くように外す

▽ぬるま湯や濡れガーゼなどを使って経血などの汚れを落として清潔を保つ(このときも動線はまんこからアナルへ)

 

  • 発言者

    また、会陰切開の傷が落ち着く前に行うセックスも、細菌感染のリスクを高めます。抜糸や退院をしていても、傷は完治していません。夫婦の愛情表現はセックスに頼らない別の方法で表すようにしてみましょう!

 

知っておきたい会陰切開後のトラブル兆候

トラブルに悩む女性

 

会陰切開後のトラブルは多くの場合、産後の入院中に起こります。その場合はすぐに医師の診察や医療スタッフのケアを受けられるため、心強いことでしょう。

 

しかし、まれに出産から数週間が経過してから、会陰切開によるトラブルが起こる場合もあります。そのようなときの目立つ兆候をピックアップしてみました。

 

2日以上の発熱

 

産後は疲れや寝不足から体調を崩しやすいタイミングでもありますが、単なる風邪ではない場合もあります。特に2日以上に渡って38.5℃以上の熱がある場合は、細菌感染性の発熱かも しれません。

 

  • 発言者

    熱が出ていることを伝えたうえで、出産をした病院を受診してみましょう。

  • 発言者

    私の場合は、1カ月検診が終わってすぐ、39度の高熱が2日続きました。乳腺炎やら会陰の傷等確認しましたが、結局原因不明…。ビタミン剤を飲み続けたらすぐに安定したので、単純に疲れてたんでしょうね;

 

悪露の量や質

 

退院日の前後を目処に、悪露の量がグッと減り、色も茶褐色になるのが一般的です。主観的に多いかな、と思っていても、退院前の診察でOKが出ていれば、心配するほどではないでしょう。

 

ただし、退院してから悪露の量や色、質に変化が見られた場合は注意が必要かもしれません

 

▽量が急に増えた

▽鮮やかな赤色がナプキンに付く

▽サラサラとしている

 

2つ以上が当てはまり、会陰切開の傷口が痛むような場合は、悪露ではなく傷からの出血の可能性も考えられます。続くような場合は、一度医師に診てもらうべきです。

 

傷口の状態が悪い

血が出ている

 

悪露と同じ様に、退院の時期を目処に会陰切開後の傷跡も回復の目処が立ってきます。

 

しかし、傷がきちんと縫合できていない、開いてしまった、といった場合にはいつまでも悪い状態が続きます。どのような状態がNGサインなのか、見ておきましょう。

 

 check! 

▽熱い

▽赤い

▽腫れてる

▽膿んでいる

 

  • 発言者

    入院中に気になる場合は診察時に相談してみましょう。退院後もこれらに当てはまるものがある場合は、悩むよりもまず受診するのがオススメ。場合によっては、セカンドオピニオンが必要になることもあります。

 

下腹部痛が続く

 

会陰切開の傷口を気にしすぎて、産後はトイレを我慢しすぎてしまう人も少なくありません。

 

しかし、程度によっては膀胱炎や便秘を引き起こしてしまうことも。バランスの良い食事とこまめの水分補給を心がけながら、おしっこは3,4時間おきに、排便は1日1回を目標に してみてください。

 

また産院で酸化マグネシウムが処方してもらえる場合もあります。判断は病院によって違うと思いますので、相談してみてください。

 

▽膀胱炎…おしっこを出している時、出し終わったときにカッとなるような痛みが出る

▽便秘…陣痛や生理痛のようなキリキリとした痛みが定期的に起こる

 

会陰切開の傷跡は残るの?

傷跡について

ちょっとした切り傷くらいなら傷跡は残らずキレイに治ってしまいますが、メスで切るとなるとどれくらい跡が残るのかも気になりますよね。傷跡の有無や程度はケースバイケースになりますが、主な傾向を見ていきましょう。

 

切り方によって異なる

 

まんこからアナルに向かってまっすぐメスを入れる「正中切開」は、皮膚の柔らかい会陰部を切るので傷跡が残りにくいです。

 

対して、足の方に向かって斜めに切る「正中側切開」や横に切る「側切開」はやや傷跡の残りやすい方法になっています。

 

  • 発言者

    それぞれの切り方によるメリット・デメリットは「会陰切開の切り方」の項で詳しく紹介していますよ!

 

 check! 

また、縫合が緩すぎたり、抜糸後に傷口が開いてしまったりすると傷跡が残りやすくなります。

 

体質で傷跡になる場合も

 

傷口が塞がったあとに、患部がミミズ腫れのように腫れ上がり「ケロイド」になってしまう場合もあります。

 

ケロイドができる要因は体質によるものが最も大きく、傷口で過剰にコラーゲンが生成されてしまうことで起こります。

 

  • 発言者

    ケロイドのできやすい体質の人は黄色人種やアジア人に特に多いとも言われています。内服薬や外用薬での対策・治療もできるので、気になるときは診察を受けてみましょう。

 

会陰部贅皮切除術という選択肢

 

会陰切開の傷口がキレイにくっつかなかった場合、まんこ周辺の皮にたるみや凹凸が生じる場合もあります。

 

この余分な皮膚を切り取り、傷口が目立たないように縫合する手術が会陰部贅皮切除術です。

 

  • 発言者

    美容外科の高い切開・縫合スキルによって、産後の処置よりキレイに仕上がります。また、傷跡の除去も可能です。

 

【恐怖】会陰切開後のセックスについて

セックス

 

おしっこや排便、椅子や床に座るたびに激痛を経験した会陰切開後の女性にとって、産後のセックスは本当に不安なもの。

 

会陰切開の有無を問わず、産後は1ヶ月検診までセックスをしないよう指導する産科がほとんどですが、1ヶ月検診でOKをもらってもはじめはリハビリからスタートしましょう。

 

不安や痛みは正直に伝えて

 

「痛い」「怖い」と言うと正直、萎えてしまうという男性も少なくありません。しかし、そこで感情を抑えてしまうと、後々トラウマ化してしまう可能性が。

 

  • 発言者

    二人の赤ちゃんを産んだ後のことなので、パートナーにも理解を求めましょう。座ったりトイレに入るたびに辛い思いをしている姿を見ていれば、ある程度はわかってもらえるはずです。

 

ローションで痛みや不安の緩和を

 

とはいえ、痛みや不安をいつまでも抱えている状態ではセックスレスになってしまう可能性もあります。

 

会陰切開の傷口にひびきにくいセックスをするためのポイントを押さえておきましょう。

 

▽ローションで全体のすべりを良くする

▽前戯に時間をかけてまんこを濡らす

▽挿入は優しく、様子を見ながら

 

赤ちゃんのいる生活では時間をかけてセックスするのも難しいかもしれません。なので、ローションを使ってまんこやその周辺をトロトロにしてみるのがオススメです。

 

  • 発言者

    私は主人も怖がっていたので、産後初のSEXは3か月後ぐらいでしたね。実際、ローションを使っても痛かったですし、少し出血もありました;そこからお風呂で膣トレグッズを使用して少しずつ自分でも慣らしていきましたよ!

会陰切開を回避するには?予防一覧

会陰切開の予防

 

病院の方針や母体の状態、赤ちゃんの頭のサイズなども関わってくるので絶対に会陰切開も会陰裂傷も避けるというのは難しいですが、お産前の準備や実際の進め方によってはリスクを大きく減らすことも可能です。

 

詳しく見ていきましょう。

 

会陰マッサージ

会陰マッサージの説明

まんこや会陰、アナルの周辺までマッサージ用のオイルやクリームをつけて、撫でるようにマッサージしていきます。

 

妊娠初期は胎児の状態が不安定なので、中期や後期から始めるように指導する病院が多いです。もちろん妊娠前に行ってもOK。

 

オイルやクリームの保湿成分と、マッサージによって会陰の皮膚が柔らかくほぐれるので、お産のときにしっかりと伸びてくれます。

 

マッサージ後は気になるならオイルやクリームを拭き取ってもいいですが、保湿ケアになるのでそのままにしておいても

 

  • 発言者

    お風呂上がりはお湯と暖かさでもともと皮膚が柔らかくなっているタイミングなので最適です。ただし、身体を冷やさないようにだけ注意してくださいね。

 

スイミング

 

プールでもお風呂と同じように水の効果で皮膚が柔らかくなります。さらに身体全体を使うスイミングを行うと、会陰の皮膚も自然と柔らかく伸びが良くなる傾向が。

 

妊娠前であれば、開脚のポーズになる平泳ぎが特に効果的です。妊娠中はマタニティスイミングなど、身体に負担のないプログラムを利用しましょう。

 

 check! 

まんこを引き締める効果のある「膣トレ」も会陰を柔らかくする効果があります!骨盤底筋を意識しながら力を入れたり抜いたりしてみてくださいね。

 

お産をゆっくり進める

出産

 

大昔はメスや縫合といった外科的な医療技術はありませんでしたが、出産は行われていました。

 

女性の身体は本来、分娩に絶えられるように作られているからです。とはいえ、いきなりポンと産むわけではありません。

 

個人差はあるものの、陣痛は初産の場合10時間を超える人が多いです。それもいきなりピークになるわけではなく、段階を踏んで痛みが強まり、間隔も狭まっていきます。この段階のある進捗が、会陰の伸びにも効果的なんです。

 

しかし最近はお産時間を短縮するために子宮口をわざと刺激したり、促進剤を使用したりするお産が増えています。そうすると陣痛の期間も短くなり、会陰がほぐれる機会も減ってしまうのです。

 

  • 発言者

    産院によっては希望すれば促進剤などを使用しない出産も可能です。会陰切開の有無と合わせて確認してみてもいいかもしれませんね。

 

 お産に時間をかけるリスク 

分娩時間の短縮化は医師不足も背景にありますが、もう一つ「母子への負担軽減」も挙げられます。促進剤などを使用しないと2,3日陣痛が続くこともあり、休めない妊婦さんへの影響はもちろん、子宮の収縮に耐え続けている赤ちゃんに悪影響が出るリスクも。

 

  • 発言者

    会陰切開したくない、促進剤を使いたくない、というバースプランは素敵ですが、固執しすぎないようにもしましょう。

 

正しいタイミングでいきむ

 

次に、お産の時に赤ちゃんを押し出す動作となる「いきみ」のタイミングも大切です。陣痛の波に乗っていきまないと、ひらいていない産道に無理やり赤ちゃんを押し込むことになり、会陰裂傷の原因にもなります。

 

お産の途中で会陰切開の指示が出される場合、「いきみ逃し」が上手くできていないため裂けてしまいそう、と判断されていることも少なくありません。

 

▽ラマーズ法の練習は事前に繰り返しておきましょう

▽便意や腹痛を我慢するようなイメージで、腹圧を逃しましょう

 

【番外編①】痔の痛みに悩まされる人も

産後の痔の悩み

産後は会陰の傷だけでなく、お尻の痔で悩む女性も少なくありません。退院後もズキズキと陰部が痛む場合は、会陰切開の傷ではなく、痔が原因かもしれません。

 

 check! 

分娩時のいきみによって肛門内にあったイボが表面に出てきてしまうのが原因です。予防策や対策は特にないので、痔がある人はできれば出産前に治療しておきましょう。

 

会陰切開と痔のダブルパンチ

出産前は痔がなかったのに、お産を期に痔ができてしまう人もいます。

 

▽会陰切開の傷を気にして便秘になり、いぼ痔になる

▽授乳で水分を持っていかれて、便が硬くなる

▽会陰裂傷が響いて切れ痔につながる

 

排便で会陰切開の傷が開くことはないので、水分を普段より多めに摂るようにして、便を溜めないように心がけましょう。座る時や排便時に強い痛みを感じる場合は、出産した病院か肛門科を受診してください。

 

【番外編②】会陰切開以外の母体ダメージ

産後のダメージ

出産後の母体が回復するには、ある程度の時間が必要です。数週間はしっかりと休める環境を作ってくださいね。

 

子宮の収縮と後陣痛

 

妊娠や出産で大きくなっている子宮は、産後数日から数週間をかけて元のサイズと位置に戻ります。

 

自然と収縮するようになっていますが、授乳で使われる乳首への刺激で特に促されるということが分かっています。また、子宮の戻りの状態によっては収縮剤を服用する場合もあります。

 

  • 発言者

    恥骨後ろにある胎盤に子宮が治まると、収縮は完了です。医師やスタッフにお腹を触ってもらい、確認してもらうことができます。戻りが悪いと子宮復古不全といってトラブルになってしまうことも。

 

子宮の収縮には、陣痛のような痛みが伴います。 初産婦より経産婦のほうが痛みが強い傾向が。鎮痛薬を使うこともできるので、辛い場合は相談してみましょう。

 

悪露(おろ)ってなに?

 

子宮の収縮にともなって、内側に残った不要物がまんこから出てきます。産後すぐは月経のような真っ赤な血性排泄物ですが、数日かけて量は徐々に減り、色も茶褐色へと変わります。

 

  • 発言者

    悪露が出ている間は子宮の回復期です。細菌感染や復古不全のリスクがあるので、セックスは控えてください。

 

【番外編③】帝王切開の痛みって?

手術

 

帝王切開で出産した場合は会陰には傷が付きません。しかし、麻酔を使ってお腹や子宮を切る手術になるので、相応の痛みを伴います。

 

オペ中は麻酔を使用

 

帝王切開では胎児に影響のない種類の麻酔を使用して手術を行います。全身麻酔のように眠れるわけではないので軽い痛みや間隔は残りますが、耐えられる範囲です。

 

しかし、この麻酔が切れてからは下腹部の広い範囲にズキズキとした痛みが出てきます。

 

縫合は会陰切開と同じ様に溶ける糸やナイロン糸を使うほかに、医療用ホッチキスで留める方法もあります。いずれも抜糸までは皮膚が突っ張るような感じがしますが、会陰のように座って圧迫されるわけではありません。咳をしたり笑ったりといった、腹圧のかかる動作で痛みことが多いです。

 

帝王切開後の注意点

 

オペの前後は絶飲食が続きますが、尿道カテーテルを抜いてからは積極的に水分を摂る必要があります。母乳の出を促すと共に、細菌の感染予防にも繋がります。

 

また、産道を使わない出産方法ではありますが、帝王切開の場合も後陣痛は起こります。耐えきれない場合は鎮痛薬を処方してもらいましょう。

 

産後のママは休むのが仕事!!

新生児期

 

出産は体力を使うものですし、加えて会陰切開や後陣痛などの負担も残るものです。産後は、家族や各種サービスを利用して休める環境を作りましょう。

 

また、産後は赤ちゃんのお世話で忙しく、手伝いを依頼する段取りすら負担になるので、出産前に手配や依頼を済ませておくのがオススメです。

気に入ったらシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す



あわせて読みたいコラム