• TOP
  • まんこの臭い
  • 10代女子のデリケートゾーンの悩みまとめ。改善法も徹底解説!

コラム

更新日:2019/05/24 2:52

10代女子のデリケートゾーンの悩みまとめ。改善法も徹底解説!

まんこ臭い黒ずみ美マン陰毛

デリケートゾーンのお悩みはどんな世代でもあるものです。「デリケートゾーンの悩みは20代以上の女性に多そう」と感じがちですがとんでもない!10代もデリケートゾーンに悩まされている女子はたくさんいるのですよ。

 

そして、デリケートゾーンのことで悩むことが恥ずかしいと思っている女性はとても多く、誰にも相談出来ず病院にも行けず、1人で悩んでいる女子も珍しくないのです。とても心細いですよね。

 

今回は、そんな10代ならではのデリケートゾーンのお悩みを解決するべく、改善策も徹底的に解説しています!

 

目次

 

10代女子はどんどん大人の体に変化する時期!

スマホを使う女の子

 

まず初めに、10代の女の子の体の変化についてお話していきたいと思います!10代の女の子は、子供の体から大人の体へと大きく変化していく大切な時期です。

 

体だけでなく、精神面の発達も大きいので「第二次成長期」とも呼ばれているのはご存知の通りです。第二次成長期は大体4年生~中学3年生まで、この頃に最初の生理である「初潮」を迎える女子も多いでしょう。

 

筆者も初めての生理があった時は、それはそれはびっくりしたものです…それまでは茶色のおりものが下着につく程度だったのですが、血がいきなりついているんですもの。誰だって焦ったりびっくりしますよね。

 

しかも、本人は初めての生理と生理痛でしんどいのに微妙な気持ちの中、母親は「お祝いだよ」と言いながらお赤飯を炊いていたり…すごく恥ずかしかったのを覚えています。

 

  • 女医

    体の発達とともに、心も大人に向かって成長していくため周囲の大人に対して反抗する気持ちが強くなっていきます。俗に言う「反抗期」と呼ばれるもので、一般的に男子よりも女子の方が早いです。

 

第二次成長や反抗期は、女の子だと大体高校生くらいになると落ち着く場合が多いですが、もちろん個人差はあります。これを読んで下さっている人の中にも「私も少し前まで反抗期だったよ」という人もいるのではないでしょうか?

 

第二次成長期の女子はすごく大変…

 

生殖機能の発達は、保健体育の授業でしっかり習っているはずですから、今ここで詳しくは述べません。

 

何やら胸が痛くなってきたかと思ったら膨らみはじめ(しこりに当たったらすごく痛い…)、アソコにも毛がチョロチョロ生えてくるし、大人の女性に向けての発達とはいえけっこう戸惑いますよね。

 

しかも、先程述べたように生理も始まりますし、何だか心もモヤモヤして落ち着かないしで、第二次成長期の女子はすっごく大変なんです。この大変な時期を乗り越えた貴女は、すごく立派ですよ!

 

10代女子のデリケートゾーンの変化について

 

10代の女子のデリケートゾーンは生理が始まるにつれて変化していきます。まず、陰毛は生えはじめ、少しずつですが色素沈着(皮膚が黒ずむこと)が起こり始めます。

 

自分のデリケートゾーンを鏡で見てみて下さい。とても恥ずかしいかと思いますが、自分のデリケートゾーンの構造を知る第一歩となります。

 

デリケートゾーン

 

図で表すとこんな感じになります。黒ずみが起こり始めるのは、小陰唇(ビラビラ)やビラビラの周り、大陰唇の辺りです。生理が始まると急に黒ずむのではなく、年齢を重ねるごとに徐々に徐々に色素沈着が起こります。

 

  • 女医

    日本人はもともと色素沈着が起こりやすい体質なので、デリケートゾーンは「薄い茶色」くらいであれば何の問題もありません。

 

デリケートゾーンがキレイなピンク色なのは、せいぜい子どものうちだけです(笑)生理が始まると、デリケートゾーンが少しずつ黒ずんでいくのはある意味自然なことですので、過度に不安にならないようにしましょう!

 

生理は健康のバロメーター!気になることがあれば相談を

 

デリケートゾーンのお悩みの話に入る前に、今一度「月経」のことについてお話したいと思います。美しいデリケートゾーンのためにいちばん大切なことは「心身ともに健康であること」だと思います。

 

女性にとって毎月付き合っていく生理は健康のバロメーターの一つなので、デリケートゾーンをキレイに保つためにも覚えておいて損はないと思います!

 

生理が始まったばかりの頃は、生理周期が安定していない人も多く「前の生理から2か月経ったのにまだこない」「量が少なく、日数も短い」などというケースも多いものです。

 

でも、生理周期は徐々に安定してきて、量や日数も一定になっていきます。10代の女性で以下の項目に当てはまることがあれば、もしかすると「月経異常」かも知れませんので、一度病院で相談した方が安心でしょう。

 

 月経異常の目安 

▼月経がない

▼月経の量が少なすぎるor多すぎる(標準は20~140ml)

▼月経周期が長すぎるor短すぎる(標準は25日~38日で、変動は6日ほどであればOK)

▼月経周期が全く安定しない

▼月経痛が異常に強い

▼月経中ではないのに出血がある(不正出血)

 

まず頭に入れておいてほしいのは「女性ホルモンは生活習慣やストレスなどの影響を受けやすい」ことです。

 

「今月はストレスが多かったな…」「仕事や学校が忙しくて、かなり不規則な生活をしていた」などの場合、少なからず月経に影響します。

 

 月経は毎月同じではない、少しくらい異常な月があっても、トータルで見た時に正常であれば問題なし!ということを覚えておいてくださいね。それでは月経異常についてひとつひとつ説明していきましょう。

 

①月経がない

 

月経がない、あるいは1年に数回しかこない(稀少月経)場合、排卵そのものがおこなわれていない可能性があります。排卵していないと、後々不妊の原因になることもありますので、産婦人科や婦人科を受診しましょう。

 

②月経の量が少なすぎるor多すぎる

 

「2日目なのに、普通のナプキンで全然大丈夫」「月経は3日くらいでパタッと終わるし量も少ない」このような場合は、卵巣の働きが悪くなっているかも知れません。

 

生理が始まったばかりの頃はよくあることですが、10代後半になってもこの状態であれば過小月経の可能性もありますので、病院を受診してみましょう。

 

逆に「2日目なんかは夜用ナプキンでも1時間もたない」という場合、月経過多の可能性もあります。

 

月経過多は、10代のうちはホルモンの分泌異常が起こる人がいるのでそこまで不安になる必要はありませんが、貧血なども心配なのでやはり一度病院で相談した方が安心かも知れませんね。

 

③月経周期が短すぎるor長すぎる

 

ナース姿の女の子

 

月経は大体1か月に1回くるという認識がありますよね。それで大体は間違いないのですが、正確には25日~38日が正常範囲の周期になります。

 

しかし女性ホルモンは生活習慣やストレスなどの影響を受けやすいため、25~38日に前後6日ほどの変動はあるとしています。

 

月経周期が正常範囲内におさまっていないと何か問題があるのでしょうか?

月経周期が短すぎる場合、卵巣機能の低下が考えられます。月経周期が長い場合は、卵巣機能の低下やホルモンバランスの乱れ、ホルモン分泌を司る「脳下垂体」に問題がある場合があります。

 

気になる場合、婦人科や産婦人科で相談し、必要に応じた治療を受けた方がいいかも知れませんね。

 

④月経周期が全く安定しない

 

「前の生理は28日周期だったのに、今回は40日もかかった」など月経周期が全く安定しない状態が3か月以上続いた場合も、異常月経の可能性があります。

 

ホルモンバランスの乱れや卵巣機能の低下などが原因として挙げられますが、病院で詳しい検査をしないとはっきりとしたことは分かりません。

 

➄月経痛が異常に強い

 

多かれ少なかれ、月経の時は下腹部痛や腰痛、頭痛などに悩まされますよね。筆者も下腹部痛と腰痛がひどく、生理前などは特に精神面でもイライラしてしまってかなり不調になることがあります。

 

「薬を飲んでいるのに月経痛がおさまらない」「月経中は痛みで学校や仕事に行くのもツライ…」という人は、もしかすると「子宮内膜症」が原因かも知れません。

 

  • 女医

    子宮内膜症の原因ははっきりと分かっていませんが、月経時に外に流れ出るはずの経血が卵管などに逆流してしまい、排出されずにとどまってしまうことが原因だと考えられています。とどまった経血は子宮以外の場所で増殖し、炎症を起こして出血します。ひどくなると他の臓器などと癒着を起こし、それが激しい痛みの原因となります。

 

子宮内膜症は生理回数が増えるとともに重くなるため20~30代の女性に多いですが、中には10代の女性でもかかることがあります。

 

生理になる度、日常生活に支障が出るほどの激しい痛みがあれば、子宮内膜症の可能性がありますので、病院を受診しましょう!

 

⑥生理でもないのに出血がある(不正出血)

 

お腹を押さえる女性

 

生理中でもないのに出血がある場合、「不正出血」である可能性が高いです。不正出血の原因は、卵巣機能の問題やホルモンバランスの乱れが大半を占めるようです。

 

特に10代の女性は、生殖機能がまだ未熟なのでホルモンのバランスが崩れやすく、不正出血がみられる人が多いようです。

 

  • 女医

    「茶色のおりものが下着に少しつく」「少量の出血が2~3日続く」など少しの出血であれば様子を見てもOKでしょう。ただ、「鮮血がたくさん出る」「出血がダラダラ続く」「腹痛や腰痛がある」という場合は何らかの病気の可能性もあるので、病院を受診しましょう。

 

生理前の体調不良やイライラ、不安などは「PMS」!

 

生理前に急に不安になったり、涙もろくなったり、イライラしたりします…日常生活にも支障が出ているので困っているのですが…

生理前になると気分が沈んだり体調が悪くなる場合、「PMS(月経前症候群)」である場合があります。PMSの原因はよく分かっていませんが、生理開始の1週間くらい前になると、女性ホルモンの分泌が急激に低下することが原因で起こると考えられています。PMSは身体面と精神面に現れるのが特徴ですが、特に精神面に強く現れる症状のことを「月経前気分不快障害(PMDD)」と呼ばれています。

 

PMS、PMDDの症状

 

▼身体面…下腹部痛、腰痛、頭痛、眠気、食欲不振や過食、めまい、むくみ、お腹の張り、乳房の張りや痛み、倦怠感など

▼精神面…情緒不安定、イライラ、抑うつ、不安、集中力の低下、睡眠障害など

 

上記の症状が生理前になると毎周期起こり、日常生活に支障が出ているようであれば病院で相談しましょう。

 

  • 女医

    PMSやPMDDは、思春期の女性や10代の女性に多いという説もあります。症状に悩まされている場合は、婦人科や産婦人科、レディースクリニックを受診し、治療を受けることが大切です。

 

治療法は、ピルなどによるホルモン療法や、強く現れる症状に対する治療(痛み止めや抗不安剤など)、漢方による治療などその人に合った治療法でおこなわれます。

 

筆者も生理前のイライラがひどく、周りの人に当たり散らしたりして最悪でした…そこで婦人科に相談したところ、ピルを処方されました。ピルはホルモンの分泌を少なくし、PMSの症状を和らげる効果があるそうです。

 

飲んでみると、確かに生理前の不快感やイライラが少なくなりました。加えて、生理がこないので月経中の不快症状とも無縁になりました。何より、周りの人に余裕を持って接することが出来るようになったのが嬉しかったですね。

 

妊娠を望む場合、ピルを飲み続けていても飲むのを中止すれば妊娠はもちろん可能です!「生理がこなくなるから妊娠しにくくなるんじゃ?」と心配する人がいますが、そのようなリスクはありませんので安心して下さいね!

 

実際に、筆者も結婚して妊娠を望んだ際、ずっと飲み続けていたピルを止めてからしばらくして妊娠が発覚しましたよ。

 

デリケートゾーンのお悩み①【臭い】

鼻をつまむ女性

 

デリケートゾーンのお悩みの中で最も多いのが「臭い」です。デリケートゾーンはおしっこを出したり生理中は経血が出たりムレやすかったり…何かと臭いのもとになる要素が多いですよね。仕方ないことですが、それでも女子としては気になってしまいます。

 

デリケートゾーンの臭いがいちばん気になるシチュエーションは、やはり彼とのエッチの時でしょう。「臭いが気になってクンニされるのが嫌」「パンツを脱いだ時、臭いがして幻滅されたらどうしよう…」

 

女子のお悩みは尽きませんよね。それに追い打ちをかけるかのごとく、男性の意見もけっこう厳しいものがあるのも現実なんです。

 

  • ×をする男性

    あそこを見たくて足を広げたら、何とも言えない臭いにおいがした…正直その気をなくしてしまいました。【20代男性】

 

  • しかめっ面の男性

    彼女のあそこが臭くてエッチの時はいつも大変です。でも、面と向かって「アソコが臭い」なんて言えないし、悩んでいます。【10代男性】  

 

男性の率直な声を聞くとなんだかショックを受けますが、これが現実です。男性は思いのほか、女性のデリケートゾーンの臭いには敏感だと思います。

 

男性にも、そして女性にもまとわりつく「デリケートゾーンの臭い」。その原因と改善策を徹底追及していきます!

 

デリケートゾーンの臭いの原因は?

はてな

 

デリケートゾーンが臭うのは大きな4つの原因が考えられます。しっかりと解決するためにも、まずはその原因をしっかり頭に入れておきましょう。

 

 デリケートゾーンの臭いの原因 

▼正しい方法で毎日洗えていない

▼下着やナプキンなどでムレてしまう

▼陰毛が多すぎる

▼生活習慣の乱れ

 

①正しい方法で毎日洗えていない

 

あなたはどのような方法でデリケートゾーンを洗っていますか?

 

「デリケートゾーンはシャワーでさっと流すだけでOKと親に言われたからそうしている」

「市販のボディソープを使ってしっかり洗っている」

 

この2つの洗い方は両極端な方法ですが、どちらの洗い方がより正しいと思いますか?実はどちらもNGな洗い方なんです!理由を検証していきましょう!

 

シャワーでさっと洗い流すだけでは汚れは取れない!

 

あなたは母親からデリケートゾーンの洗い方を教えてもらっていますか?日本人はデリケートゾーンに対して恥ずかしいと思う気持ちが強いのか、正しい洗い方を知らない人が多いようです。

 

それだと、娘に洗い方を教えられるはずもありませんよね。筆者は母親に「デリケートゾーンはわざわざ洗わなくても自浄作用があるし、勝手に汚れは取れるから大丈夫!」と言われた覚えがあります。

 

とんでもない考えです(笑)放置しておいて汚れが落ちるわけないです!確かに膣に自浄作用はありますが、臭いが取れるわけではありません

 

特にビラビラの裏側部分には「恥垢(ちこう)」という、汗や皮脂、おりもののカスなどがたまりやすくなります。恥垢は白いカスなので、別名「マンカス」とも呼ばれています。恥垢は粘度がありますので、シャワーでさっと流す程度では取れません 。

 

しかもこの恥垢、けっこう臭うんです…勇気を出して自分のデリケートゾーンを鏡で見てみましょう。ビラビラの裏側に恥垢がたまっていませんか?見た目的にNGなだけではなく、臭いの元にもなるので恥垢はしっかり洗い流したいものです!

 

ゴシゴシと洗いすぎるのもNG!

 

「恥垢をしっかり洗わなきゃ!」と市販のボディソープでゴシゴシ洗う人がいますが、これもNGです!

 

デリケートゾーンの皮膚はまぶたよりも薄いと言われています。そのようなデリケートな場所をゴシゴシ洗うと…どうなるか分かりますよね?皮膚を傷めて黒ずみの原因にもなりかねません。

 

また、デリケートゾーンには細菌などの侵入を防ぐため、様々な常在菌がいます。市販のボディソープでゴシゴシしっかり洗うとこれらの常在菌まで洗い流してしまうので、かえって臭いが強くなることも。

 

市販の安いボディソープでデリケートゾーンを洗うのはダメなんですか?

市販の安いボディソープは洗浄力が強く「アルカリ性」である商品がほとんどです。アルカリ性のボディソープだと「洗いすぎ」になってしまい、膣を守っている皮脂や常在菌まで洗い流してしまう可能性があります。デリケートゾーンにとってダメージになるだけでなく、なくなってしまった皮脂や常在菌から膣を守ろうと、皮脂や汗などをどんどん分泌するようになるため、臭いの原因になることもあります。デリケートゾーンはデリケートゾーン専用ソープで洗うようにしましょう。

 

筆者も市販の安いボディソープでデリケートゾーンを洗ったことがありますが…洗いすぎなのかけっこう痛くなったことがありました。怖くなり、それからはデリケートゾーン専用ソープを使って洗うようにしています。

 

②下着やナプキンなどでムレてしまう

 

驚く女性

 

デリケートゾーンは常に湿っている状態です。これは膣を守るために致し方無いことなのですが、常に下着やナプキン、おりものシートをつけているためムレやすい環境になってしまっています。

 

言うまでもなく、おりものシートやナプキンはこまめに取り替えましょう。ここでもったいない精神を出してはダメです!デリケートゾーンは常に清潔を心がけることを頭に入れておいてくださいね。

 

ちなみに、締め付ける下着や通気性の悪い下着も出来る限り避けた方がいいですね。綿100%の生地ですと通気性が良いのでおススメですよ!

 

③陰毛が多すぎる

 

デリケートゾーンの陰毛の量や生え方はチェックしましたでしょうか?「けっこう量が多いかも」「量は少ないけど、Iラインの毛が気になる」陰毛の生え方は十人十色です。

 

デリケートゾーンの陰毛が多いと、ムレの原因となり臭いの元となることがあります。また、あまりにボーボーだと見た目的にもマイナスポイントとなることがあるのも現実です。

 

男性の声にも「陰毛がボーボーでクンニの時口に毛が入って嫌」「処理していない陰毛は不潔な感じがする」など容赦ない声も聞かれます…多すぎる陰毛はあまり良い影響はありませんので、きちんと処理した方がいいでしょう。

 

陰毛の処理の仕方は、詳しく後述してありますので是非参考にしてみてくださいね!

 

④生活習慣の乱れ

 

「生活習慣の乱れがデリケートゾーンの臭いとどう関係あるの?」と思われるかも知れませんが、けっこう密接に関係しているのです。「食事」「睡眠」「運動」の3つに分けてお話していきましょう。

 

デリケートゾーンの臭いの元となる食べ物がある!

 

デリケートゾーンの臭い=体臭とも言い替えることが出来ます。体臭がきつくなる食べ物は以下の通りです。

 

▼動物性たんぱく質・動物性脂肪の多い食べ物…肉、魚介類、卵、乳製品

 

デリケートゾーンにある汗腺(汗が分泌される穴)は「アポクリン汗腺」と呼ばれています。アポクリン汗腺は食べ物の影響で臭いやすく、特に動物性たんぱく質や脂質を多く摂ることで特有の臭いを生むと言われています。

 

さらに、腸内環境が悪いと体中からアンモニア臭が放出されるようになります。便通を良くすることは言うまでもありませんが、動物性たんぱく質や脂質を摂り過ぎると腸の菌のバランスが崩れ、悪玉菌が多くなってしまいます。

 

悪玉菌は臭いの原因にもなります。焼き肉で肉を食べ過ぎるとおならや便が臭い…という経験があるかと思いますが、これも腸内の悪玉菌が増えてしまった証拠です。

 

動物性たんぱく質や脂質は大切な栄養素なのでしっかり摂りたいところですが、食べ過ぎには気を付けたいですね!

 

鼻をつまむ女性

 

▼アリシン・硫化アリルが多く含まれる食べ物…にんにく、たまねぎ、ニラ、ねぎ、キムチ

 

これらの野菜は高い栄養素を持っており、夏場に食欲がない時の滋養強壮としても優秀です!全て「硫化アリル」という栄養素を含んでいるのですが、これが酸化することで独特の強い臭いが発生してしまいます。

 

この成分が血液を通して体中の汗腺から汗として流れ落ち、結果的に汗も臭くなるのです。デリケートゾーンも当然汗をかきますので食べ過ぎると臭いの原因になります。お泊り前などはこれらの野菜を食べ過ぎないようにしたいですね!

 

▼植物油など「リノール酸」を含む食べ物…サラダ油、ごま油、マヨネーズなど

 

料理に欠かせないサラダ油やごま油、また調味料として活躍するマヨネーズは「リノール酸」という成分が含まれています。

 

リノール酸を摂り過ぎると、コレステロールや中性脂肪を増やし、それが酸化することで体臭の原因になると言われています。

 

  • 女医

    リノール酸は体内で生成出来ないため食品から積極的に摂る必要がある油ですが、最近の食品にはリノール酸を多く含むものがたくさん出回っており(総菜の揚げ物など)、あえて多く摂る必要はないと言われています。

 

▼食品添加物が多い食べ物…インスタント食品、ジャンクフード、コンビニ弁当など

 

上記の食べ物には、たくさんの食品添加物が含まれています。食品添加物を大量に長期間摂り続けることによって体が徐々に酸化してしまいます(活性酸素が増える)。活性酸素が増えることで、体中から油臭い臭いが発生し、デリケートゾーンの臭いのもとになります。

 

これらの食べ物って不思議と美味しいんですよね…でも、食品添加物は「美味しい」と感じるように味付けされているものもあるんですよ。お手軽ですし美味しいですが、くれぐれも摂り過ぎないようにしましょうね!

 

▼甘い食べ物…お菓子、アイス、ジュースなど

 

砂糖の過剰摂取は単純に太るだけでなく、デリケートゾーンの病気のひとつである「カンジダ症」のリスクが高まるというデータがあります。

 

甘いものの誘惑に勝つのは中々難しいですが(というか完全に絶つのは無理と考えてください)、くれぐれも食べ過ぎない、甘いものを食べた日の翌日は出来るだけ控える…などといった工夫が必要です。

 

ストレスが多いとデリケートゾーンが臭う!?

 

目頭を押さえる女性

 

「ストレスが多い人はデリケートゾーンが臭くなりやすい」というのはご存知でしたか?ストレスが多いと免疫力が低下します。そして、免疫力が低下すると膣内環境が悪化するんです。

 

膣内環境が悪化するというのは、分かりやすく言うと膣内の常在菌のバランスが崩れ、菌が増殖することで臭いのもとになるんですね。ストレスが多いとデリケートゾーンが臭くなるというのは意外です!

 

睡眠不足もデリケートゾーンには良くない!

 

睡眠不足の状態が続くと、デリケートゾーンが臭いやすくなります。要はストレスが多い状況と似ており、睡眠不足だと免疫力が低下することで膣内環境が悪化し、臭いの原因になってしまう…ということなんです。

 

若いからといって徹夜したり、睡眠不足が続くと意外なところで悪影響を及ぼしてしまうことを覚えておいてくださいね!

 

もうデリケートゾーンの臭いに悩まない!改善点をご紹介♪

ジャンプする女性

 

これまでデリケートゾーンの臭いの原因についてお話してきましたが「意外な原因があるんだな…」「臭いの原因になることって多いんだ」と感じた方もいるかも知れません。

 

でも大丈夫です!少しの心がけ次第でデリケートゾーンの臭いのお悩みからは解放されます!改善点についてお話していきたいと思います。

 

正しい洗い方で毎日洗おう!押さえておきたいポイント3つ

 

デリケートゾーンの臭いの大きな原因のひとつに「毎日正しい洗い方で洗えていない」ことが挙げられます。デリケートゾーンを正しい洗い方で洗うには、次の3つの方法を実践することが大切になります。

 

①デリケートゾーン専用ソープを使う

 

デリケートゾーン専用ソープをご存知でしょうか?名前の通り、デリケートゾーンを洗うために製造されているボディソープのことです。デリケートな場所を洗っても大丈夫なように、刺激の少ない成分配合になっています。

 

市販の安いボディソープはアルカリ性であることが多いですが、デリケートゾーン専用ソープなど「肌に優しい」と言われているボディソープは「弱酸性」であることが多いです。

 

「ビオレu」も安いですが弱酸性です。デリケートゾーンに使っても大丈夫ですよね?

確かにビオレuは弱酸性ですが、洗浄成分は非常に強い脱脂力をもつ「ラウレス硫酸Na」が使用されています。このように弱酸性でも洗浄成分が強すぎると「洗いすぎ」になってしまい、常在菌や皮脂まで洗い流してしまい結果的に臭いの原因になります。全てのボディソープは成分表示が義務付けられていますので、しっかりチェックして選ぶようにしましょう。

 

ちなみに、肌に優しいと言われている「牛乳石鹸」もアルカリ性なので洗いすぎとなってしまい、デリケートゾーンに使用するのはNGです。

 

そして悲しいかな、デリケートゾーン専用ソープでも「ラウレス硫酸Na」などの洗浄成分が強いものが配合されている商品もあるのです…

 

本当に正しい商品でデリケートゾーンケアをするためにも、成分表示はしっかり目を通すようにしたいですね。デリケートゾー専用ソープで、本当におススメ出来るものを簡単にご紹介しましょう!

 

▼クリアネオ パールボディソープ

 

クリアネオ ハーバルソープはネットで大人気のデリケートゾーン専用ソープです!デリケートゾーンにも使える優しい成分配合なのに、汚れもしっかり落とします。

 

しかも保湿成分も配合しているので、デリケートゾーンの乾燥も防いでくれるんです。さらに美白成分も配合しているので、黒ずみケア&予防も出来るというスグレモノ。自信を持っておススメできるボディソープです。

 

クリアネオ・パールボディソープ


  • 1本:2,980円(+送料)

肌に優しく汚れや臭いを落としつつ、乾燥と黒ずみケアも出来る驚きのボディソープです。保湿成分は24種類配合!保湿剤もいらないくらいのしっとり感です。

▽ボディソープのみ定期便
1本:2,980円(+送料660円)
2本:5,390円
▽ボディソープ+消臭スプレーセット定期便
1本:3,980円(+送料660円)
2本:6,880円

 

▼LCジャムウハーバルソープ

 

LCジャムウハーバルソープは、発売から約18年になるロングセラー商品です。デリケートゾーン専用ソープでは№.1の売り上げを誇り、各雑誌やメディアなどでも取り上げられていて信頼あるソープです。

 

消臭成分、美白成分、保湿成分をしっかり配合し、コスパもいいので若い女性にはピッタリのデリケートゾーン専用ソープ♪

 

そのままだと泡立たないので、泡立てネットでしっかり泡立て、泡をデリケートゾーンにつけて3分間放置します。あとは流すだけでその人のデリケートゾーンケアは完了です♪コンパクトなので持ち運びにも便利!急なお泊りにも対応できるのも嬉しいポイントですね。

 

LCジャムウ・ハバルソープ

  • 1,933(+税)

1個で2~3カ月ほど持つ。コスパもいいのでデリケートゾーンケア初心者におススメ。

特徴
①:防腐・安定剤不使用だから、敏感肌の人も安心
②:1つ1つハンドメイド
③:有効成分はインドネシアの「天然ジャムウ」

 

②指の腹と泡で優しく洗う

 

泡

 

先程述べたように、ビラビラの裏側には恥垢がたまりやすいです。恥垢を落とそうと躍起になり、ボディタオルでゴシゴシと洗うのはNGです!恥垢を落とす&ビラビラの裏側をキレイに洗う時は、指の腹を使って優しくなでるように洗います。

 

もし恥垢がたまっており長期間放置していた場合は、1回の洗浄では落としきれないことがあります。でも決してゴシゴシしないで下さい!時間をかけて優しく洗えば、 1週間もすればキレイに落ちることでしょう。

 

  • 女医

    最近のデリケートゾーン専用ソープは泡タイプのものも多いですが、中にはそうでない商品もあります。泡立てネットでしっかり泡立ててから、泡を使って優しく洗うように心がけましょう。

 

③膣内は洗わない

 

膣は子宮と直接繋がっている器官、いわば内臓の一つです。わざわざ内臓を洗う人は…いませんよね。というか、内臓を洗う勇気はありません…間違っても膣に指を入れて洗うようなことはしないで下さいね。

 

それこそ膣内は自浄作用があるので、ボディソープなんかで洗わなくても大丈夫です。洗うと常在菌のバランスが崩れ、下手をすると病気になってしまう可能性があります。

 

デリケートゾーンの臭いの改善法まとめ

入浴する女性

 

デリケートゾーンの臭いの改善方法のポイントをまとめました!

 

 デリケートゾーンの臭いの改善法 

▼デリケートゾーンは正しい方法で毎日洗う

▼ナプキンやおりものシートはこまめに替える

▼通気性の良い下着を着ける

▼陰毛の処理をする(カミソリや毛抜きはNG)

 

これらのことを守れば、あなたのデリケートゾーンは臭いに悩まされることはなくなるでしょう♪是非今日から実践してみて下さいね!

 

デリケートゾーンのお悩み③【かゆみ】

悩む女性

 

デリケートゾーンのかゆみは誰でも経験したことがあるでしょう。一時的なかゆみから、けっこう長く続くかゆみまで様々ありますが、場所が場所だけにかゆいととても辛いですよね。

 

そこでまずは、デリケートゾーンがかゆくなる原因を挙げてみたいと思います。

 

 デリケートゾーンがかゆくなる原因 

▼かぶれ

▼乾燥

▼生活習慣

▼性病、その他の病気

 

かゆみの原因は色々あるようです。これらの原因について一つ一つ解説していきましょう。

 

①かぶれ

 

デリケートゾーンのかぶれは、かゆみの大きな原因となります。デリケートゾーンがかぶれてしまう原因は「汚れからくるかぶれ」「ムレからくるかぶれ」があります。

 

デリケートゾーンは汚れやすい

 

デリケートゾーンは皮脂や汗、おりものや常在菌など汚れのもととなる分泌物がたくさんあります。特に夏場は汗をかくため、デリケートゾーンの汚れ度はアップします。

 

先程述べたような方法で、正しい方法で毎日キレイに洗っていればあまり問題はないのですが、シャワーでさっと流す程度だとビラビラの内側に恥垢がたまってしまいます。

 

恥垢をそのままにしておくと、臭いの元になるばかりかかぶれてしまうこともあり、不快なかゆみの症状を引き起こすのです。

 

デリケートゾーンはムレやすい

 

先程も述べたように、デリケートゾーンは皮脂や汗などがたくさん分泌されています。それに加えてずっと下着を着けているため、常に湿っておりムレやすい環境にあります。

 

汗をかいたらすぐ着替えられたらいいのですが、そういうわけにもいかないですよね。結果的にかぶれてしまい、かゆみを引き起こすことも多いです。汗っかきの人はかゆみだけでなく炎症を起こしてしまう人も少なくありません。

 

②乾燥

 

常に湿っている印象のデリケートゾーンですが、同時に乾燥しやすい場所でもあるのをご存知でしたか?皮脂や汗、おりものなどは確かに水分が多く含まれていますが保湿剤の役割はないんです…

 

分かりやすく言うと、唇をなめて放っておくと乾燥しますよね?まさにあの状態です。特に乾燥しやすい冬場などは思った以上にカッサカサになっています。

 

顔や手の甲などもそうですが、乾燥している状態のまま何もしないでおくと、発疹が出来たりかぶれたりしますよね。デリケートゾーンも同じなんです。乾燥からくるかぶれ、かゆみ…意外と多い症状です。

 

③生活習慣

悩む女性

 

睡眠不足、偏った栄養、深酒、喫煙、過度なストレス…これらの生活習慣の乱れは全て肌トラブルに繋がります。それはデリケートゾーンも同じことです。

 

デリケートゾーンには膣を守るため多くの細菌が存在しています。生活習慣が乱れてしまうと、常在菌のバランスが崩れて免疫力が低下し、結果的に皮膚トラブルを起こしてかゆみに繋がってしまいます。「たかが生活習慣、されど生活習慣」ですね!

 

④性病、その他の病気

 

デリケートゾーンがかゆい場合、もしかすると性病の可能性も否定出来ません。「え!?処女なのに性病になるの?」とびっくりされるかも知れませんが、セックスの経験がなくても性病と呼ばれる病気になる可能性はゼロではありません 。

 

まずはどんな症状があれば性病の疑いがあるのかみていきましょう。

 

 性病が疑われる症状 

▼デリケートゾーンのかゆみが2週間以上続いている

▼かゆみ止めをぬってもよくなるどころか悪くなっている

▼おりものの異常(量が多過ぎる、黄緑色や白いカッテージチーズのようなおりもの)

▼デリケートゾーンにできものが出来ている

 

ただし「クラミジア」「淋病」などといった性病は自覚症状が乏しいことが多いです。しかし、それでもおりものの状態には若干の変化はあると言われていますので、日頃から自分のおりものの状態を知っておくことが大切です。

 

処女でもかかる性病って何があるの?

 

先程も述べたように、セックス未経験でもうつってしまう性病があります。処女なのに性病なんてすごくイヤですよね。詳しくご紹介したいと思います!

 

カンジダ膣炎

 

カンジダ膣炎とは、カビの一種である「カンジダ菌」に感染することで発症します。カンジダ菌は女性の膣にいる常在菌の一つで、人間の免疫力の働きで増えることはありません。

 

しかし、免疫力が低下したり風邪をひいて抗生物質を飲んだりした時、カンジダ菌がワッと増えてしまうことがあるんです。この状態を「カンジダ膣炎の発症」と言います。

 

  • 女医

    カンジダ膣炎を発症すると、デリケートゾーンが激しいかゆみにおそわれます。それと同時に白いポロポロしたおりものが出るのが特徴です。

 

カンジダ膣炎は何度もかかることがある性病です。恥ずかしいかも知れませんが、不快な症状でずっと苦しむよりは一刻も早く病院を受診した方がいいですよね。有効な薬がありますので、すぐに治りますよ。

 

咽頭クラミジア

 

クラミジアは性病の代表格ですが、デリケートゾーンだけでなく喉にも感染することはご存知でしょうか?カンのいい方はお分かり頂けたと思いますが、オーラルセックスでクラミジアのウイルスが喉に感染してしまうことがあるのです。

 

「フェラしてから何だか喉に違和感がある」と感じたら、もしかすると咽頭クラミジアの可能性があります。また、ディープキスをしただけでも感染してしまうこともあるようです。

 

  • 女医

    クラミジアは非常に感染しやすく、きちんと治療しないと完治しません。咽頭クラミジアの場合も自覚症状が乏しいですが、風邪でもないのに喉が痛い場合や、目やにが大量に出る場合は咽頭クラミジアの可能性があります。感染源となってしまいますので、きちんと治療しましょう。

トリコモナス膣炎

 

トリコモナス膣炎とは、「トリコモナス原虫」というすごく小さな虫に感染することで発症します。トリコモナス膣炎に感染した接触したタオルや、銭湯の椅子などから接触感染することが多いようです。

 

トリコモナス膣炎を発症すると、強いかゆみや臭い泡状のおりものが出ますのですぐに分かります。

 

性器ヘルペス

 

性器ヘルペスはヘルペスウイルスに感染することで発症します。多くの日本人は、幼少期にヘルペスウイルスに感染しごく軽度の症状でおさまっています。ちょっとびっくりですよね。それくらいヘルペスウイルスの感染力は強いと言われているんです。

 

このウイルスのやっかいなところは、感染すると神経内部に潜み続け、何かのきっかけ(例えば免疫力が低下した時など)に再び発症し、唇や肛門、そしてデリケートゾーンなどに水ぶくれができます。

 

この水ぶくれが潰れるとかなりの痛みがあります。場合によっては発熱することもあり、完治するまで1か月ほどかかることも珍しくありません。

 

性病の疑いがある場合、何科を受診すればいいの?

 

「もしかして性病かも…」と思うととても不安になりますよね。心当たりがあって症状が出ている場合は、出来るだけ早く病院を受診しましょう。放っておくとどんどん悪化してしまいます。

 

病院は婦人科や産婦人科、レディースクリニックであれば基本的にどこでも性病の治療は出来ます。恥ずかしいかも知れませんが、医師は性病の治療に慣れていますので大丈夫ですよ!

 

セックスする場合に気を付けたいこと

 

10代で初体験をする人はけっこう多いです。大好きな彼とのセックスはとても幸せですが、同時に気を付けてほしいことがあります。

 

まずは性病予防や避妊の観点から、必ずコンドームをつけてもらいましょう。あなたが準備していてもOKです。もし予期せぬ病気や妊娠をしてしまった場合、悲しい思いをするのはどうしても女性なのです。

 

  • 女医

    不特定多数とのセックスは絶対にNGです!性病が蔓延する大きな原因ですし、妊娠してしまう可能性もゼロではありません。大切なあなたを守るためにも、安易に体の関係を持たないようにしたいですね。

 

 

デリケートゾーンのかゆみ!改善法をご紹介

ナース

 

デリケートゾーンにかゆみの症状があると勉強やアルバイト、仕事に集中出来ませんよね。何より気持ち悪いですし、場所が場所だけに不快感が増してしまいます。そこで、デリケートゾーンがかゆい場合の改善方法についてお話していきたいと思います!

 

正しい方法で毎日洗う

 

デリケートゾーンのかゆみを予防、改善するにはとにもかくにも「デリケートゾーンを清潔に保つ」ことがいちばん重要です。デリケートゾーンが不潔だと、かぶれたり臭いの元になったりと良いことは全然ありません。

 

当然かゆみの症状も出てきますので、不快指数はMAXです。女子としてもマイナスポイントになってしまうでしょう。

 

デリケートゾーンの正しい洗い方は、先程の「デリケートゾーンの臭い」のところで詳しく紹介していますので、それを参考にして毎日正しくケアしてあげることが大切です。

 

ナプキンやおりものシートはこまめに替える

 

ナプキンやおりものシートは、汚れたらすぐに替えましょう。時間がないからとそのままにしておくと、臭いの元になるばかりかかぶれたり炎症の原因になります。

 

肌に優しい下着を着ける

 

締め付けのきつい下着はかわいくてオシャレですが、デリケートゾーンにとってはあまり優しくありません。

 

例えばパートナーと会う日はそのようなかわいい下着を着けるけど、普段は綿100%など肌に優しい下着を着けることでデリケートゾーンの負担はだいぶ軽減されることでしょう。

 

保湿する

 

手に花

 

デリケートゾーンは意外に乾燥しやすいことは先程申し上げました。お顔をしっかり保湿してあげるように、デリケートゾーンも保湿することで乾燥からくるかゆみも防ぐことが出来ます。

 

保湿剤は、デリケートゾーンに使用出来るものであれば何でもOKですが、「ワセリン」が安価で保湿効果も高いのでおススメです。

 

生活習慣を正す

 

これはデリケートゾーンのかゆみに限ることではありませんが、生活習慣の乱れは様々な健康トラブルに繋がります。「若いから」と無理をしてしまうと必ず後でしんどくなってしまうと思います。

 

若い頃の生活習慣は年齢を重ねると共に「クセ」となってくるのは間違いなく言えます。例えば、若い頃夜型生活だと30歳を過ぎても夜型だとか、食べ過ぎていると年をとってから色々な病気にかかりやすいなどです。

 

出来るだけ規則正しい生活を送り、栄養をしっかり摂ることがデリケートゾーンだけでなく、体全体の「キレイ」を保つことに重要なんだと思います。

 

デリケートゾーンがかゆい時にはコレ!

 

デリケートゾーンがかゆい時は薬をぬると症状が早くおさまることがあります。市販薬なのでドラッグストアで手軽に購入出来ますよ!

 

フェミニーナ軟膏

 

「デリケートゾーンのかゆみにはコレ!」というくらいメジャーなかゆみ止めです。かゆみにしっかり効きますし口コミも良いので初めての人にもおススメですよ!

 

フェミニーナ軟膏

  • ▽15g:880円(+税) ▽30g:1400円(+税)
▽かゆみ止め成分・炎症を抑える成分をしっかり配合!

▽第2類医薬品だからドラッグストアで手軽に購入出来る

 

フェミニーナミスト

 

フェミニーナシリーズのミストタイプです。ポーチにも余裕で入りとにかく持ち運びに便利♪かゆみを感じたら外出先でシュッとひとふきするだけで、素早くかゆみを抑えてくれます。

 

手軽なのにしっかりかゆみに効いてくれるので、夏場など特にムレやすい時期のお守り代わりとしてもおススメです!

 

フェミニーナミスト

  • ▽15ml:880円(+税) ▽30ml:1000円(+税)
▽外出時に手軽に使えるミストタイプ!

▽携帯に便利でいつでもシュッとひとふき!素早くかゆみを抑えられます。

 

デリケートゾーンのお悩み②【陰毛の処理】

女性の下着

 

あなたは陰毛の処理をしたことがありますか?「足や腕、ワキの毛ならぬいたりカミソリで剃ったりするけど、デリケートゾーンまではちょっと…」という人が多いのではないでしょうか?

 

美意識の高い女性や、欧米人女性にとって陰毛の処理はもはや「常識」なんです。理由はいくつかありますが、下着や水着を履いた時にはみ出してしまう場合の対策と、臭い対策が大きな理由でしょう。

 

「陰毛の処理なんて、どうすればいいのか分からない…」と不安に思うのも分かります。しかし、実際にやってみると思いのほか簡単なんですよ♪陰毛の処理のポイントをご説明していきましょう。

 

まずは陰毛は生えている場所を確認!

 

まずは陰毛が生えている場所を確認しましょう。陰毛が生える場所は次の通りです。

 

Vライン

 

 

Vラインは、いわゆるアンダーヘアのことで陰毛の処理と聞くと真っ先に思い浮かぶ場所でしょう。

 

Vラインをキレイに処理することで、色々な下着や水着を楽しめますし、ムレによるかゆみも少なくなります。また、しっかり処理をしていると男性の好感度もアップするようですよ!処理も比較的簡単なので多くの女性が自己処理をしています。

 

もちろん、サロンやクリニックなどプロに任せる人もたくさんいます。

 

Iライン

 

 

Iラインは大陰唇や小陰唇付近に生えている陰毛のことです。鏡を使って確認してみましょう。ビラビラの際まで生えている場合もあり「こんなところにまで毛があるなんて…」とショックを受ける人も少なからずいますが、ごく自然なことです。

 

Iラインを処理することで、ムレによるかゆみも少なくなりますし、Vラインだけ処理するよりもはるかにデリケートゾーン全体がキレイに見えます 。

 

自己処理も出来ますが、鏡を見ながら慎重にする必要があり、ある程度脱毛に慣れた人でないと自己処理は難しいかも知れません。無難にサロンやクリニックで処理をする人も多くいます。

 

Oライン

 

 

Oラインは、肛門周りに生える陰毛のことです。Oラインには毛が全く生えない人もいますし、生えていても少ない人もいるようです。確認が難しい場所ですが、頑張って確認してみましょう!

 

お察しの通り、ここは自己処理が難しい場所なので処理する場合はプロに任せるのも一つの方法です。

 

陰毛の処理の仕方を解説!

 

女性の下着

 

それでは、陰毛の処理の仕方を解説していきたいと思います。様々な方法がありますので、あなたに合った処理方法を見付けましょう。

 

①カミソリや毛抜きは使わないで!

 

陰毛の処理と聞いた時、真っ先に思い浮かんだアイテムが「カミソリ」という人は多いかと思います。確かにカミソリはお手軽ですし価格もリーズナブルでどこでも手に入ります。でも、陰毛の処理には向いていません。というかNGです!

 

カミソリで剃った毛先は、どうしても尖ってしまい生えてきた時にチクチクして痛いです(眉毛などをカットするハサミも同様です)。また、IラインはVラインと比べると非常にデリケートな場所です。

 

もし手が滑ってカミソリで切ってしまったらと思うと…考えただけでも怖いですよね。カミソリでジョリジョリするとデリケートゾーンの皮膚を傷つけてしまうことになりますので、カミソリでの処理はやめましょう。

 

また、毛抜きもダメです。毛抜きで毛根を引っこ抜く行為は思った以上に皮膚にダメージを与えています。ましてやデリケートゾーンは非常に敏感な場所。

 

毛抜きによるダメージは、炎症の原因になるばかりか皮膚を守ろうと黒ずみの原因になってしまうことも…「陰毛の処理はカミソリと毛抜きはNG」ということを頭に入れておきましょう。

 

②陰毛をカットするなら「電気シェーバー」と「ヒートカッター」がおススメ!

 

陰毛をカットするには、電気シェーバーヒートカッターを組み合わせる方法がおススメです!電気シェーバーはデリケートゾーン専用のものがあります。

 

▼電気シェーバー

 

LC*Iラインシェーバー

  • 3,981円(+税)
肌を傷つけない仕様になっており、スムーズにカットすることが可能なIライン専用電気シェーバー。

 

こちらの電気シェーバーはIラインの陰毛を安全かつキレイにカットしてくれます!皮膚を傷つける心配がありませんのでデリケートなIラインにも安心して使うことが出来ます。ただし全ての陰毛を剃ることは出来ず、どうしても1mmくらいは残ってしまいます。

 

また、毛先が尖ってしまうためチクチク感があります。剃った後のチクチクが嫌な人には向いていないかも知れません。

 

▼ヒートカッター

 

ヒートカッターは毛先を焼き切ってカットするため、毛先が丸くなります。そのため、生えてきてもチクチク痛くないのがメリットです。

 

「毛を焼くなんて火傷しそうで怖い…」と思われるかも知れませんが、肌に直接当たらないような設計になっている商品ばかりなので安心ですよ!

 

当サイトでは「LC Vライントリマー」をおススメしています。コンパクトでとても使いやすいですが、Vライン専用トリマーなので、Iラインにはかなる使いづらいと覚えておいて下さい。

 

Vラインはヒートカッターで、Iラインは電気シェーバーで…というふうに使い分けたり組み合わせたりして自己処理してみましょう!

 

LC*Vライントリマー

  • 3,810円(+税)
熱の力で隠毛を処理するため、毛先が丸くなりチクチクしないのが最大の特徴。Vライン専用ではあるので、Iラインに使用すると使いづらい可能性も。

 

③Vラインには除毛クリームも使える♪

 

Vラインには除毛クリームも使用することが出来ます!自分のお好みの形のアンダーヘアを瞬時に実現することが可能です。ただし、除毛クリーム使用に関して注意することがいくつかあります。

 

 Vラインを除毛クリームで処理する時の注意点 

▼Iラインには使用出来ない

▼除毛クリームがビラビラの内側にある粘膜部分についてしまうとかなり痛い

▼除毛クリームを使う前に長い毛をカットしておく

 

「デリケートゾーンにも使える除毛クリーム」と書いてあるのですが、なぜIラインには使えないのですか?

除毛クリームは毛根を溶かして毛を抜く方法です。刺激が強い成分が配合されていますので、デリケートゾーンの粘膜部分についてしまうと尿をしたときにかなり痛みます。炎症を起こしてしまう場合もありますので、「デリケートゾーンにも使える」と書いてあってもIラインには使用しないで下さい。除毛クリームの説明書にも「Iラインには使用しない」と書いてあるはずです。

 

上記のように、除毛クリームが粘膜部分についてしまうと大変です。Vラインの除毛の時でも、クリームが粘膜部分につかないよう細心の注意を払いましょう。

 

除毛クリームを使用する前に、長い毛のままだと陰毛が残ってしまうことがあります。電気シェーバーやヒートカッターで短くカットしてから除毛クリームを使った方がいいですね。それではおススメの除毛クリームをご紹介します♪

 

ヘアーリデューシングクリーム


  • 初回限定価格:2,900円(+手数料600円)

使い続けていく内に徐々に薄くなる画期的なクリーム!毛深い海外女性用に作られたもののなので、効果も抜群です!

容量:1個*140ml

 

④自己脱毛ならブラジリアンワックスが簡単&安全♪

 

「ブラジリアンワックス」という商品をご存知でしょうか?その名の通り、ブラジル生まれの蜂蜜がベースになっている脱毛ワックスで、脱毛方法は非常に簡単で原始的。

 

脱毛したい場所にワックスを塗り、専用のシートを上から貼り付けてシートを思い切り引きはがします。これで脱毛完了です♪かの三大美女「クレオパトラ」も、ブラジリアンワックスを使って脱毛していたんだかとか。

 

ブラジリアンワックスは皮膚に優しい天然成分で作られているため、VラインはもちろんIラインやOラインにも安心して使用出来るのも大きなポイントです。

 

  • 女医

    ブラジリアンワックスは永久脱毛ではないので、脱毛後2~3週間後にはまた生えてきます。デリケートゾーンの毛が一生生えてこないのに抵抗がある人にはおススメの脱毛方法でしょう。

 

ブラジリアンワックスはいくつか種類がありますが、当サイトでおススメしているのはコチラです!

 

シェリークリア


  • 定期コース初回*480円
  • 2回目*4,480円

ただ引き剥がすのが目的ではなく、プラス肌の保護も考えた成分が配合されています。

容量:150g

 

肌に優しい成分なので、肌が弱い人でも安心して使うことが出来ると評判ですよ!是非試してみて下さいね。

 

脱毛サロンや医療脱毛の違いややり方は?Q&Aで聞いてみた!

 

疑問を持つ女性

 

「デリケートゾーンの毛をキレイに脱毛したい」「毎回脱毛したりカットするのが面倒だから永久脱毛したい」「IラインやOラインの脱毛が自分では上手に出来ないから、プロにお任せしてみたい」

 

このような場合は、脱毛サロンやクリニックで脱毛することをおススメします。と言っても「ネットで脱毛サロンやクリニックを検索してみたけど、多すぎてどこがいいのか分からない」「やり方がイマイチ分からないからちょっと怖い」

 

などの不安があるかと思います。そこで、脱毛サロンや医療脱毛に関する疑問をQ&A方式で聞いてみました!

 

脱毛サロンと医療脱毛の違いは何ですか?

脱毛サロンと医療脱毛の大きな違いは「照射マシンの出力の違い」です。脱毛サロンよりも医療脱毛で使うレーザーの方が出力が強く、少ない回数で脱毛が完了します(個人差があります)。その分、医療脱毛の方が費用がかかります。

 

脱毛サロンと医療脱毛の違いを表にまとめていますので参考にしてみてくださいね!

 

  クリニック 脱毛サロン
照射マシンの出力 強い 弱い
効果が出るまでの照射回数 約5~8回 数か月かかる場合も
費用 高い 比較的安く、キャンペーンも多い
脱毛時の痛み 比較的強い 低出力のため比較的痛くない場合が多い

 

費用がクリニックの方が高いですが、出力が強いためその分回数が少なくなり、結果的に脱毛サロンと比べると安くなる …といった場合もあります。

 

また、出力が強いと当然痛みもありますが、クリニックだと麻酔を使用して施術することもあります。術後のアフターフォローはクリニックも脱毛サロンもしっかりとしていますが、クリニックの方が医療面でのサポートが充実しています。

 

例えば、脱毛後どうしても痛くて仕方ない時、痛み止めを処方してくれたり、炎症を抑える塗り薬を処方してくれたりします。脱毛サロンでは医療行為は出来ませんので、痛みがある場合などは提携する病院に行く必要があります。

 

脱毛サロンや医療脱毛を利用出来るのは何歳からですか?

各サロンやクリニックによって違いはありますが、多くの場合生理が始まっていればOKのようです。

 

陰毛がかなりボーボーなのですが、そのまま行っても脱毛してくれますか?

陰毛が薄くても剛毛でも、長い毛は自分でカットしてから施術を行うことになっています。

 

先程紹介した、電気シェーバーやヒートカッターなどを使い、ある程度自己処理してから脱毛してもらう流れになります。

 

どこで脱毛しようか迷っています…無料で相談など出来ますか?

脱毛サロンもクリニックも、脱毛に関するカウンセリングは完全無料で受けることが出来ます。多くの場合、電話かWeb予約にて予約をしてからカウンセリングを行っています。無理な勧誘などは一切行っていませんので、もし自分に合わないなと思ったら断ってももちろん大丈夫です。脱毛サロンは、カウンセリングの後無料で脱毛体験などを行っているところもあります。

 

気になる脱毛サロンやクリニックがあれば一度電話するなどして、無料カウンセリングの内容などを確認してみるのもいいですね。

 

脱毛はどんな格好でするのですか?Iライン、Oライン脱毛は足を広げる必要があるのでしょうか…

多くの脱毛サロンやクリニックでは、ガウンと紙パンツという格好で施術を行います。Vラインはショーツをずらし、仰向けで足を閉じたまま施術します。Iラインは仰向けに寝た状態でショーツをずらし、足を片方ずつ「4の字」に曲げます。こうすることでデリケートゾーンががばっと開くので、片方ずつ照射していきます。Oラインは横向きかうつ伏せで施術します(まれに四つん這いの場合もあります)。お尻の穴周辺ギリギリまで照射するので、どうしてもお尻を広げる必要があります。

 

IラインやOラインの施術は慣れるまで恥ずかしいかも知れませんが(慣れても恥ずかしいかも…)、施術する人はプロですしはっきり言って見慣れていますので大丈夫です!

 

施術の時間はどのくらいですか?

サロンやクリニックによって違いはありますが、各ライン(VIOライン)約2~3分くらいでしょう。

 

脱毛は痛いですか?

レーザーを皮膚に照射するため痛みはあります(痛みの感じ方は個人差があります)。クリニックでは痛みを軽減するため麻酔を使用する場合もあります。

 

やはり脱毛は痛みがあるようですね…「特にIラインが痛かった!」「IラインよりもVラインの方が痛かった」「数日は痛み止めが欠かせなかった」「おしっこするのも辛かった」「ネットでは痛いという声が多かったけど、私はそこまで痛くなかった」

 

感じ方は本当に人それぞれのようです。でも、基本的に初回がいちばん痛みを感じますが、2回目、3回目と慣れるにしたがって痛みは軽減されることが多いようです。

 

脱毛サロンやクリニックは本当に多くて迷ってしまいますが、おススメのサロンやクリニックをご紹介しましょう。

 

▼脱毛サロン

 

ミュゼプラチナム


  • ハイジニーナ7VIO脱毛コース

アプリをダウンロードすればさらにお得に!!

▽平日デイプラン:4回*30,000円/6回*45,000円
▽いつでもOKレギュラープラン:4回*36,000円/6回*54,000円

 

ミュゼプラチナムは大手脱毛サロンのひとつで、全国に店舗数も多いのが非常に便利です。お得なキャンペーンも随時行っているので、ホームページをしっかりチェックしてみましょう。

 

キレイモ


  • 全身脱毛
▽月額定額:9,500円
▽パック:6回*114,000円/12回*212,040円

 

キレイモも全国に店舗数が多く、通いやすいという利点があります。芸能人が多く通うという人気のサロンで有名です。エステにも力を入れているので、脱毛後のアフターケアも充実していますよ。

 

▼クリニック

 

リゼクリニック


  • Iライン単発/VIO脱毛セット

ポイント会員&プラチナ会員ならさらにお得に!

▽Iライン単発:1回*13,300/5回*39,800円
▽VIOセット:1回*44,500円/5回*99,800円

 

クリニックなので皮膚トラブルがあった場合のアフターフォローも充実しており安心出来ます。全国に20院開院しているため、比較的アクセスが良いのもいいですね。脱毛のメリットやデメリットもしっかり説明してくれるので信頼出来ます。

 

湘南美容外科


  • Iライン単発/ハイジニーナ(VIO)

ポイント会員&プラチナ会員ならさらにお得に!

▽Iライン単発:1回*6,070円/3回*17,410円/6回*28,750円
▽ハイジニーナ:1回*14,500円/3回*29,800円/6回*58,000円

 

テレビCMでもお馴染みの湘南美容外科クリニックは、クリニックにしてはかなり安い価格で脱毛出来ると評判です。もちろん無料でカウンセリングも行っており、無理な勧誘も一切しません。痛みに不安がある場合は、相談の上麻酔も使用出来るので安心です。

 

10代のデリケートゾーンのお悩みと改善法まとめ!

海でジャンプする女性

 

10代のデリケートゾーンのお悩みに関する重要ポイントをまとめました!

 

 10代のデリケートゾーンのお悩み改善法まとめ 

▼10代は子供から大人の体に変化する大切な時期であることを頭に入れておく

▼生理は健康のバロメーター。まずは自分の生理周期など生理の特徴をしっかり把握しよう

▼10代はデリケートゾーンの臭いやかゆみが気になり始める時期。正しい方法で毎日洗い、デリケートゾーンを清潔に保つようにする

▼長すぎる陰毛は臭いやかゆみの原因になるため、正しい方法で処理をする。脱毛サロンやクリニックを利用してもOK!

▼生活習慣の乱れはデリケートゾーンのトラブルにつながる。また、この頃の生活習慣は成人になってからの生活に大きく影響するので、規則正しい生活を心がける

▼処女でも性病になる可能性があるので、デリケートゾーンに異変を感じたらすぐに婦人科や産婦人科、レディースクリニックを受診する

▼不特定多数との性交はNG!必ずコンドームをつける

 

10代のうちからデリケートゾーンの正しいケア方法を身に付けるようにしたいですね!

気に入ったらシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す



あわせて読みたいコラム