• TOP
  • まんこの臭い
  • 20代、30代女子のデリケートゾーンお悩みまとめ!改善法も徹底解説!

コラム

更新日:2019/08/22 16:06

20代、30代女子のデリケートゾーンお悩みまとめ!改善法も徹底解説!

20代、30代の女性は生殖機能が最も盛んな年代と言えます。20代の女性は若さにあふれ、仕事に恋に趣味にオシャレに…結婚し出産している人は子育てに…と生き生きと活動されているかと思います。

 

30代になっても最近の女性は若い方が本当に多いです。美意識が高い人が多いからでしょう!ママになっても若くてキレイな人は世にたくさんいらっしゃいます。

 

そんな20代、30代の女性が密かに悩んでいることが「デリケートゾーンのトラブル」だということをご存知でしたか?場所が場所だけに中々人に言えず、病院にも中々行けず…という人が多いんです。

 

デリケートゾーンのトラブルは、パートナーとのセックスにも影響を与えてしまうことがありますし、放っておくとどんどん悪化してしまう場合もあるので早いうちに解決することが重要なんです!

 

そこで今回は、20代、30代の女性によくあるデリケートゾーンのお悩みと改善法を徹底的に解説していきたいと思います!

 

目次

 

20代、30代の女性はデリケートゾーンのトラブルが多い!その原因とは?

悩む女性

 

冒頭でも述べましたが、20代、30代の女性は生殖機能が最も盛んな年代です。分かりやすく言うと妊娠・出産するのに適している年代なんですね。その理由は「女性ホルモン」にあります。

 

まず初めに、このことがどうデリケートゾーンのトラブルにつながるかということから説明していきたいと思います。自分の体内で何が起こっているのか理解することで、デリケートゾーンに悩みがあっても比較的冷静に対処できるようになることでしょう!

 

女性ホルモンは大きく分けて2種類ある!

 

女性ホルモンは大きく分けると「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があります。

 

エストロゲンは生理開始後3日目くらいから分泌されるホルモンで、卵巣にある卵子の成長を促します。一方、プロゲステロンは排卵後から生理開始前まで分泌されるホルモンで、受精卵が着床しやすいよう子宮内膜をフカフカに保つ役割があります。

 

  • 女医

    エストロゲンは別名「美のホルモン」とも言われています。エストロゲンが多く分泌される排卵前までの期間は、生き生きと活気にあふれ肌ツヤも良くなります。気分も上がって生理前と比べると快適に過ごせる人が多いです。

 

女性の生殖機能をカギを握っているのはエストロゲンとも言えます。20代、30代の女性は、生涯のうちでエストロゲンの分泌量が多い時期です。特に20代半ばから30代前半は最も多い時期にあたります。

 

また、エストロゲンの分泌が多いということは、プロゲステロンの分泌量も多いということです。女性ホルモンはバランスを保つことで正常に分泌されます。エストロゲン、プロゲステロンどちらも大切なホルモンなんですね。

 

つまり、この2つの女性ホルモンが多く分泌される時期は、生殖機能が最も盛んな年代であり妊娠・出産に適している年代とも言えるのです。

 

20代、30代の女性がデリケートゾーンのトラブルに悩まされる理由は?

 

生殖機能が最も盛んな年代である20代、30代の女性は、他の年代に比べるとデリケートゾーンのトラブルも多いのはご存知でしたか?この時期の女性のデリケートゾーンのトラブルで多いのは以下のような内容です。

 

 20代、30代女性のデリケートゾーンのお悩み 

▼臭い

▼黒ずみ

▼かゆみ

 

「私にも当てはまるお悩みばかり!」という人が多いのではないでしょうか?

 

この時期の女性は卵巣機能が活発で、それに伴い子宮やそれに繋がる膣の状態も活発になります。分かりやすく言うと、生殖機能全体が元気になるので膣からの分泌物も増えるんですね。おりものが多くなったり、汗や皮脂の分泌量も増えます。

 

  • 女医

    おりものや汗、皮脂などの分泌物が増えると、ムレやかぶれの原因となり、臭いの元になったり、かゆみや炎症などのトラブルを引き起こすことがあります。

 

また、この時期に妊娠・出産する女性も多いですが、妊娠するとプロゲステロンの分泌が盛んになり、どうしてもデリケートゾーンが黒ずむ原因となります。

 

プロゲステロンが分泌されると、何故デリケートゾーンが黒ずみやすくなるのですか?

プロゲステロンは別名「妊娠ホルモン」とも呼ばれています。妊娠すると女性の体は胎児を守ろうと「守り」の体制に入りますが、プロゲステロンが多く分泌される排卵後から生理前の期間も、受精卵の着床に備えて守りの体制となります。その結果、皮下脂肪が増え、体内に水分をためこみやすくなって体重が増えます。さらに、外部刺激から皮膚を守ろうと「メラニン色素」の分泌が多くなり、皮膚が黒ずみやすくなります。それはデリケートゾーンの皮膚も例外ではありません。

 

生殖機能が最も盛んな年代=エストロゲンとプロゲステロンの分泌が多い年代ということはお話しました。プロゲステロンの分泌が多いということは、デリケートゾーンが黒ずみやすくなるということです。

 

「10代の頃はキレイなピンク色のデリケートゾーンだったのに、今は少し黒ずんでる…」という女性がほとんどだと思いますが、それはごく自然なことであり生理現象の一つと言ってもいいでしょう。

 

このように、20代、30代の女性がデリケートゾーンのお悩みが多い理由は明確にあるのですが、それでも臭いやかゆみ、黒ずみなどは気になってしまうものです。女性である以上、それは当然のことです。

 

それではお悩み別に、デリケートゾーンのトラブルの原因と改善法を1つ1つ説明していきましょう!

 

デリケートゾーンのお悩み①  【臭い】

鼻をつまむ女性

 

デリケートゾーンのお悩みで一番多いのが「臭い」です。デリケートゾーンはいつもピッタリと閉じており常に湿っていますよね。それだけではなく、生理の経血やおりもの、皮脂や汗などの分泌物も多く臭いの原因になる要素が満載なんです。

 

デリケートゾーンが臭って困るシチュエーションといえば、パートナーとのセックスの時なのではないでしょうか?

 

「臭いと思われるのが嫌でクンニをしてほしくない…」

「自分のデリケートゾーンの臭いが分からないし、どう思われているのか気になる」

 

こんなお悩みを抱えている女性は意外と多いのです。でも、女性だけでなく男性も似たような思いをしているのをご存知でしたか?実際に女性のデリケートゾーンの臭いについて、男性の意見を集めてみました。

 

  • ×をする男性

    エッチの時、彼女のデリケートゾーンが臭くて困っています…中々言う勇気がないのですが、言ってあげた方が彼女のためになるのかな… 【20代男性】

 

  • 悩む男性

    最近彼女ができてエッチをしたのですが、アソコが臭いんです。クンニなんてとてもじゃないけど出来ません。【30代男性】

 

「デリケートゾーンが臭う」。女性が気になっていることですが、実は男性も気になっていたなんて、けっこうショックですよね…でもこれが現実の声なんです。

 

デリケートゾーンはただでさえ臭う原因が多い場所です。それなのに日頃からきちんとケアしていないと、臭ってしまうのは当然のことですよね。デリケートゾーンが臭う原因はほとんどの場合以下の4つになります。

 

 デリケートゾーンが臭う原因 

▼正しい方法で毎日洗えていない

▼ナプキンやおりものシートをこまめに替えていない

▼すそわきがの体質である

▼生活習慣の乱れ

 

それではデリケートゾーンの臭いの原因ついて、一つ一つみていきましょう!

 

①正しい方法で毎日洗えていない

 

あなたはデリケートゾーンを毎日洗っていますか?

 

「ボディタオルでしっかり洗っているから大丈夫!」

「デリケートゾーンは自浄作用があるから、シャワーでさっと流す程度でいいと言われた」

「市販の安いボディソープだけどしっかり洗っている」

 

これ、どれもNGな洗い方なんです!日本人女性はデリケートゾーンのことを「恥ずかしい」と思う人が多く、子どもの時に母親から正しい洗い方を教えてもらっていない人が非常に多いです。

 

欧米では娘が10歳くらいになると、母親がデリケートゾーンの洗い方やケアの仕方をしっかり教えるそうですよ。欧米人はデリケートゾーンのケアに対して意識が高い人が多いですが、子どもの頃からきちんと洗っているからだと思います。

 

デリケートゾーンは自浄作用があるから、シャワーで流す程度でOKと聞きましたが…

自浄作用があるのは膣内のみで、デリケートゾーン全体に自浄作用があるわけではありません 。それどころか、小陰部の裏側は「恥垢(ちこう)」という白いカスがたまりやすい場所でもあります。恥垢は臭いの元になるだけでなく、粘度があるためシャワーでさっと流す程度では取れません。

 

「え!?恥垢って何?」

「恥垢なんて言葉、初めて聞いた…」

 

そう思った人もいるのではないでしょうか?先程のQ&Aでもあったように、恥垢は小陰部(ビラビラ)の裏側にたまりやすいです。

 

「小陰部がどこか分からない」という人は、以下の図を参考に自分のデリケートゾーンをじっくり観察してみてください。

 

デリケートゾーン

 

少陰部の場所がお分かり頂けたかと思います。勇気を出して裏側をチェックしてみましょう。…いかがでしょうか?もし恥垢がついているとしたら、デリケートゾーンの臭いの原因になってしまっているかも知れません。

 

②ナプキンやおりものシートをこまめに替えていない

 

生殖機能が盛んな20代、30代の女性は特におりものが多い時期です。下着が汚れるのはイヤですし、臭いも気になりますよね。おりものシートを使っている人も多いでしょう。

 

でも、そのおりものシートが臭いやムレの原因になってしまっているかも知れないのです!先程も述べたように、デリケートゾーンは汗や皮脂、おりもので常に湿っています。そこにおりものシートをあてることで、更に通気性が悪くなってしまうのです。

 

さらに、女性には毎月生理がありますよね。最近は「布ナプキン」も登場し、愛用している人も多いかと思います。

 

布ナプキン

 

市販のナプキンに比べると通気性抜群ですが、それでもムレの原因になることには変わりはないです。もちろん、市販のナプキンも「時間がないから」と長時間替えないのはNGです!

 

生理2日目など量が多い時は絶対に替えると思いますが、量が減ってくる4日目くらいからは特に注意が必要です。意識して替えないとすっかり忘れてしまっていた…ということにもなり兼ねません。

 

③すそわきがの体質である

 

「すそわきが」という体質をご存知でしょうか?脇から独特の臭いを発するのは「わきが」と呼ばれているのはほとんどの人が知っていると思います。一方、すそわきがはデリケートゾーンから独特の臭いを発する体質なのです。

 

一般的にすそわきがは男性よりも女性に多く、特に生理中は経血が出るため臭いが強くなります。

「自分がすそわきがなんて分からないし、かなり不安…」という女性も多いかと思います。まずはすそわきがとはどんなものなのかお話したいと思います。

 

すそわきがの原因は?

 

すそわきがもわきがも「腋臭症(えきしゅうしょう)」というアポクリン汗腺から出る汗が原因で、その臭いに悩まされます。

 

アポクリン汗腺から出る汗は脂肪や尿素、アンモニア臭など臭いの元になる成分が含まれており、それが皮膚の常在菌などと混ざり合うことで独特の臭いを発するようになります。

 

  • 女医

    アポクリン汗腺が多い場所は、脇やデリケートゾーン、乳輪や耳の中です。つまり、すそわきがの人はデリケートゾーンだけでなく脇や乳輪などからも臭いのある汗が出ていると考えられています。

 

アポクリン汗腺には誰にでもありますが、すそわきがになる人は限られています。そこで、すそわきがになりやすい人の特徴についてもお話していきたいと思います。

 

すそわきがになりやすい人の特徴は?

 

すそわきがになりやすい人は以下のような特徴があります。

 

 すそわきがになりやすい人の特徴 

▼わきが体質である

▼肉食中心の生活である

 

▼わきが体質である

 

先程も述べたように、すそわきがの人は脇や乳輪などアポクリン汗腺が多い場所から腋臭症を併発している可能性が高くなります。理由は単純で、アポクリン汗腺が多いのは体質だからです。

 

アポクリン汗腺が多いと、独特の臭いを発するわきがやすそわきがになりやすくなる…という訳です。

 

  • 女医

    アポクリン汗腺が多い人は、両親もわきが体質である可能性が高いです。わきがは「優位遺伝」のひとつで子どもに遺伝しやすいと言われています。仮に両親ともわきが体質である場合、子どももわきがになる確率は75%です。また、どちらかの親がわきが体質である場合も、子どもがわきが体質になる確率は50%です。

 

▼肉食中心の生活である

 

ステーキ

 

食事内容に肉が多い場合、臭いの原因になる皮脂の分泌量を増やしてしまいます。焼き肉に行った次の日に「何だか汗が臭い?」と感じた経験はありませんか?

 

それは動物性たんぱく質の摂り過ぎで臭いの元になる皮脂が分泌され、汗と一緒に流れ出てしまったからなのです。現に肉をよく食べる欧米人の75%、アフリカ人の100%はわきが体質であると言われています(軽度なものも含みます)。

 

すそわきがのセルフチェック法は?

 

「すそわきががどんなものか分かったけど、自分がそうでないか気になる」そう考える人は多いと思います。仮にわきが体質だったとしても、面と向かって「わきがじゃないの?」と言う人は…ほとんどいないですよね。

 

特にデリケートゾーンは皮脂や汗、おりものの分泌が多く常に湿っており臭いがこもりやすい環境なので、強烈な臭いになることが多いです。

 

それでもパートナーに対し、セックスの後に「あそこの臭いがキツイんだけど」などと言ってくるデリカシーのない男性はほとんどいないでしょう。

 

そこで自分がわきが体質であるかどうか、簡単に見極められるセルフチェック法についてご紹介したいと思います。

 

 わきが体質のセルフチェック法 

①耳垢が湿っている

②下着に黄色の汗染みがつく

③乳首から独特の臭いがする

④両親、またはどちらかがわきが体質である

➄陰毛が太くて濃い

 

①耳垢が湿っている

 

先程も述べたように、耳の中はアポクリン汗腺が多い場所のひとつです。わきが体質の人は耳の中にあるアポクリン汗腺から汗が出るため、湿った耳垢が出るようになります。

 

  • 女医

    湿っている耳垢のことを「軟耳垢(なんじこう)」と言います。軟耳垢の人の約80%がわきが体質であると言われています。

 

②下着に黄色の汗染みがつく

 

アポクリン汗腺から出る汗は黄色く濁った色をしています。このため、シャツの脇の部分や下着に黄色の汗染みがついている人は、わきが体質の可能性が高くなるのです。

 

③乳首から独特の臭いがする

 

乳輪はアポクリン汗腺が多い場所の一つです。乳輪周りが独特の臭いを発している場合、わきが体質の可能性が高いでしょう。

 

汗染みも同様で、妊娠中や授乳中でないのにブラジャーなどに黄色の染みがついている場合もわきが体質である場合があります。

 

④両親、またはどちらかがわきが体質である

 

先程も述べたように、わきが体質は優位遺伝の一つです。両親、またはどちらかがわきが体質の場合、自分もわきが体質である可能性が高くなります。

 

➄陰毛が太くて濃い

 

デリケートゾーンの毛の量や毛質は人それぞれですが、アポクリン汗腺が多いと陰毛が太く濃くなる傾向があります。

 

すそわきがの臭いってどんな臭いなの?

 

すそわきがの臭いは自分では分かりづらいため、どんな臭いなのか気になりますよね。そこで、すそわきがの臭いはどんな臭いなのかご紹介したいと思います。

 

 すそわきがの臭いとは? 

▼酢のような酸っぱい臭い 

▼玉ねぎのようなツーンとした臭い

▼納豆のような発酵した臭い

 

身近にあるものなので比較的イメージしやすいかと思います。アポクリン汗腺から出る汗はアンモニアが混じっているため、ツンとした臭いになりやすくなるのかも知れませんね。

 

  • 女医

    すそわきがの臭いは、体調が悪かったりストレスが多いと強くなる傾向があります。また、生理前後や妊娠中はホルモンのバランスが崩れやすく、おりものも多くなるため臭いが強くなります。

 

このような独特の臭いを発するすそわきがを改善する方法については、こちらの記事に詳しく紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね!

⇒すそわきがって?頑固なまんこ(陰部)の臭いの原因・症状チェック

 

④生活習慣の乱れ

 

ぐったりしている女性

 

デリケートゾーンの臭いの原因に一つに「生活習慣の乱れ」があります。生活習慣の乱れとは、睡眠不足、偏った栄養、過度のストレスなど様々なものがあります。

 

現代人はとにかく忙しいですよね。20代、30代の女性は仕事やプライベートに、結婚して子どもがいる場合は育児に仕事に…と、忙しい女性が本当に多いです。

 

時間がないと当然睡眠時間も短くなりますし、食事も急いで済ませようと手軽に食べられる炭水化物が多いものばかりに偏ってしまいがちです。また、仕事や育児のストレスも大いにあるかも知れません。

 

何故生活習慣の乱れがデリケートゾーンの臭いの原因になるのですか?

生活習慣の乱れは、一見デリケートゾーンの臭いに関係ないように思いますが大いに関係しています。一番の原因は、生活習慣の乱れからくるホルモンバランスの乱れです。睡眠不足やストレス過多の状態が続くと、女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。そうすると、デリケートゾーンの常在菌のバランスも崩れ、皮脂や汗の分泌のバランスも崩れてしまい、結果的に臭いの原因になってしまうのです。

 

さらに、食べると体臭がきつくなる食べ物もデリケートゾーンの臭いに関係しているのです!詳しくご紹介しましょう。

 

デリケートゾーンの臭いがきつくなる食べ物とは?

 

私たちが日々口にする食事は、大事な栄養素になるだけでなく消化・吸収の過程で様々な老廃物も生み出します。老廃物は尿や便、汗などと一緒に体外に排出されるわけですが、汗の臭いが食べ物によって多大な影響を受けることがあります。

 

デリケートゾーンの臭いがきつくなる食べ物を知って、パートナーとのデートの日など大切な日に備えたいですよね!デリケートゾーンの臭いがきつくなる食べ物は以下の通りです。

 

▼動物性たんぱく質・動物性脂肪の多い食べ物…肉、魚介類、卵、乳製品

 

先程も述べたように、デリケートゾーンには「アポクリン汗腺」がたくさんある場所です。アポクリン汗腺は食べ物の影響を受けやすく、特に動物性たんぱく質や脂質を多く摂ることで特有の臭いを生むと言われています。

 

先程のすそわきがの臭いと同じ原理と思って頂ければ問題ないかと思います。さらに、動物性たんぱく質や脂質を摂り過ぎると腸の菌のバランスが崩れ、悪玉菌が多くなってしまいます。

 

このことを俗に「腸内環境が悪い」と言いますが、腸内環境が悪いと体中からアンモニア臭を発しやすくなり、結果的にデリケートゾーンの臭いの原因になります。

 

動物性たんぱく質や脂質は体を作る大切な栄養素なのでしっかり食べたいですが、くれぐれも食べ過ぎには気を付けるようにしましょう。

 

▼アリシン・硫化アリルが多く含まれる食べ物…にんにく、たまねぎ、ニラ、ねぎ、キムチ

 

これらの野菜は高い栄養素を持っており、夏場に食欲がない時の滋養強壮としても優秀です!全て「硫化アリル」という栄養素を含んでいるのですが、これが酸化することで独特の強い臭いが発生してしまいます。

 

この成分が血液を通して体中の汗腺から汗として流れ落ち、結果的に汗も臭くなるのです。デリケートゾーンも当然汗をかきますので食べ過ぎると臭いの原因になります。お泊り前などはこれらの野菜を食べ過ぎないようにしたいですね!

 

焦る女性

 

▼植物油など「リノール酸」を含む食べ物…サラダ油、ごま油、マヨネーズなど

 

料理に欠かせないサラダ油やごま油、また調味料として重宝するマヨネーズは「リノール酸」という成分が含まれています。

 

リノール酸を摂り過ぎると、不要になったリノール酸の栄養素はコレステロールや中性脂肪の元になります。それが酸化することで体臭の原因になるのです。

 

  • 女医

    リノール酸は体内で生成出来ないため食品から積極的に摂る必要がある油ですが、最近の食品には揚げ物などリノール酸を多く含むものがたくさん出回っており、あえて多く摂る必要はないと言われています。

 

▼食品添加物が多い食べ物…インスタント食品、ジャンクフード、コンビニ弁当など

 

手軽な上に美味しいインスタント食品やジャンク、コンビニ弁当…本当にたくさんの種類が出回っていますよね。そしてこれらの食品には美味しく感じるよう、たくさんの食品添加物が含まれています。

 

食品添加物を大量に長期間摂り続けることによって体が徐々に酸化してしまいます。これは俗に「活性酸素が増える」と言われていますが、活性酸素が増えると体中から臭いが発生し、デリケートゾーンの臭いのもとになります。

 

▼甘い食べ物…お菓子、アイス、ジュースなど

 

特に女性が好きなスイーツなどの甘い食べ物には、砂糖が多く含まれています。砂糖の過剰摂取は脂肪の原因になるだけでなく、デリケートゾーンの病気のひとつである「カンジダ症」のリスクが高まる危険性があります。

 

甘いものを完全に絶つのは難しいと思いますので、たくさん食べた日の翌日は控える、食べ過ぎないなどの工夫が必要です。

 

もう悩まされない♪デリケートゾーンの臭いの改善法とは?

水着の女性

 

デリケートゾーンの臭いの原因は、思いのほかたくさんあることに驚かされた人もいるかと思います。デリケートゾーンの臭いは場所が場所だけに、すぐに除去することは難しいのです。常日頃から意識してケアすることが大切になってきます。

 

そこで、デリケートゾーンの臭いの改善点について詳しくご紹介しましょう。

 

臭い対策① 【正しい洗い方で洗う】

 

臭い対策と聞いて真っ先に思い浮かぶのが「デリケートゾーンをしっかり洗う」ということだと思います。確かにしっかり洗えば臭いの改善に繋がるでしょう。しかし、あくまでも「正しい洗い方で」洗った場合です。

 

デリケートゾーンを洗う時、以下のようなことをしていませんか?

 

▼ボディタオルでゴシゴシ洗う

▼市販の安いボディソープで洗っている

▼膣内に指を入れて洗っている

 

これ、実はどれもNGな洗い方です!「私、毎日こんな洗い方してた…」という人は、デリケートゾーンの臭いはもしかすると洗い方に原因があるのかも知れません!正しい洗い方を知っておきましょう。

 

デリケートゾーン専用ソープで洗う

 

市販の安いボディソープは、強い洗浄成分が配合されておりアルカリ性のものがほとんどです。デリケートゾーンは子宮を細菌などから守るため、様々な常在菌がいます。

 

強い洗浄成分のボディソープで洗うと「洗いすぎ」になってしまい、常在菌や皮脂まで洗い流してしまいます。皮脂が洗い流されると、「皮膚を守って!」と脳から指令がいき、デリケートゾーンの皮膚からは余計な皮脂や汗が分泌されるようになるのです。

 

これは臭いの原因になってしまい逆効果です。デリケートゾーンは「デリケートゾーン専用ソープ」で洗うようにしましょう。

 

【2019年版】デリケートゾーン専用ボディソープ比較ランキング☆

 

指の腹で優しく洗う

 

デリケートゾーンの皮膚は、まぶたよりも薄いと言われています。そのようなデリケートな場所をボディタオルでゴシゴシしてしまうと、皮膚が荒れてしまうのは容易に想像できますよね。

 

デリケートゾーンを洗う時は、専用ボディソープをしっかり泡立て、指の腹を使って優しく洗ってあげてくださいね。ビラビラの裏側の恥垢がたまりやすい場所も同様です。

 

膣内は絶対洗わないで!

 

膣は子宮と繋がっているとても大切な場所です。先程も述べましたが、膣には様々な常在菌がいて子宮を守っています。

 

膣に指を入れて洗ってしまうと、膣内の常在菌まで洗い流されてしまい、最悪の場合病気になってしまうことも。膣内はそれこそ自浄作用があるため、洗わなくても全然OKですよ。

 

臭い対策② 【ナプキンやおりものシートはこまめに替える】

 

ナプキンやおりものシートを長時間替えないでいると、雑菌が繁殖して臭いやかゆみの原因になります。また、デリケートゾーンがかぶれてしまうことも。

 

忙しいとは思いますが、ナプキンやおりものシートはこまめに取り替えましょう!女性としての最低限のエチケットでもありますよね!

 

臭い対策③ 【規則正しい生活をする】

 

寝起きの女性

 

規則正しい生活を送ることは、デリケートゾーンの臭いを改善するだけでなく健康のためにもとても大切なことです。

 

お酒はたまにであればたくさん飲んでもOKかと思いますが、頻繁に大量に飲むのは考えものです。また、若いうちは夜更かししても平気ですが、年齢を重ねるにつれてどんどんしんどくなっていきます…

 

若いからと徹夜したり夜更かしはできる限り抑え、睡眠をしっかり摂るようにしたいですね。

 

さらに先程述べた「動物性たんぱく質や脂質の摂り過ぎ」「臭いを発しやすい食べ物」「添加物を多く含むジャンクフードやコンビニ弁当などの摂り過ぎ」「甘い物の摂り過ぎ」なども要注意!デリケートゾーンの臭いだけでなく太る原因にもなります。

 

「たかが生活習慣、されど生活習慣」です!毎日の積み重ねなので、影響は意外と大きいものになりますよ。

 

デリケートゾーンのお悩み②  【黒ずみ】

下着の女性

 

デリケートゾーンのお悩みの中で「臭い」と同じくらい多いのが「黒ずみ」なのではないでしょうか?10代の頃はキレイなピンク色だったデリケートゾーンも、20歳を過ぎる頃になると「あれ?ちょっと黒ずんできた…?」など黒ずみに気付くようになります。

 

まずは、デリケートゾーンの気になる黒ずみの原因を徹底解説していきたいと思います!

 

デリケートゾーンの黒ずみはメラニン色素が原因!

 

黒ずみと聞いて思い当たるのが「紫外線による日焼け」だと思います。日焼けをすると皮膚が黒くなりますよね。これは紫外線という異物から皮膚を守ろうと、メラノサイトという細胞からメラニン色素が分泌されるからです。

 

メラニン色素は皮膚を防護するだけでなく、黒くする働きもあります。これが日焼けのプロセスなのですが、実はデリケートゾーンの黒ずみも原理は同じなんです。

 

「え!?デリケートゾーンは日焼けしないのに?」

と不思議に思われるかも知れませんが、皮膚が黒ずむ原因は紫外線だけではないことをご存知でしたか?

 

 皮膚が黒ずむ原因 

▼刺激や摩擦によるもの

▼乾燥

▼ホルモンバランスの乱れ

▼肌のターンオーバーの乱れ

 

黒ずみの原因は紫外線だけではなく、意外にも色々あるんですね!それでは具体的にご説明していきたいと思います。

 

①刺激や摩擦によるもの

 

デリケートゾーンは、常に下着やナプキンなどによる刺激や摩擦にさらされている状態です。特に締め付けの強い下着をよく身に付ける人は要注意!下着による圧迫により、皮膚を守ろうとデリケートゾーンのメラニン色素が多く分泌される傾向があります。

 

また、ナプキンやおりものシートを長時間替えないとムレやかぶれの原因になり、そこから黒ずんでしまう…というケースもあります。

 

刺激によるメラニン色素

 

上の図のように、メラノサイトは真皮でつくられ、役割を果たしながら徐々に表皮の上へと上がっていき、最終的には表皮のいちばん上にある「角質層」に到達します。この角質層に到達した状態が長く継続的に続くと、黒ずみの原因になるというわけです。

 

②乾燥

 

デリケートゾーンは乾燥しやすいという事実をご存知でしたか?

「常に湿っているのに乾燥しやすいのは矛盾があるのでは?」

と思われるかも知れませんが、皮脂や汗、おりものは保湿剤ではないのです。

 

特に冬場は乾燥しやすく、デリケートゾーンは思った以上にカッサカサになっています。お顔に例えると分かりやすいと思いますが、乾燥している状態のまま放置しておくと皮膚が荒れる原因となります。

 

それが長期間に及ぶことでかゆみやかぶれの原因となり、結果としてメラニン色素が分泌されやすくなってしまい黒ずみやすくなる…というわけです。

 

  • 女医

    デリケートゾーンは年齢と共に潤いがなくなり、乾燥しやすくなります。毎日のお手入れ後に保湿をすることが大切です。

 

デリケートゾーンの保湿の方法は後の「黒ずみ対策」のところで詳しく紹介していますので、是非参考にしてみてください!

 

③ホルモンバランスの乱れ

 

冒頭でも述べましたが、女性ホルモンは「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。そしてプロゲステロンが分泌されると、メラニン色素の分泌量も多くなります。

 

膣を細菌などからの侵入から守ろうとデリケートゾーンが黒ずみやすくなるため、生殖機能が最も盛んな20代、30代の女性のデリケートゾーンが黒ずみやすくなるのは、ある意味自然の摂理とも言えるでしょう。

 

  • 女医

    デリケートゾーンがいつまで経ってもまっピンクな人はいません。「ちょっと茶色」「少し赤黒い」色であれば気にしなくても大丈夫です。元々アジア人のデリケートゾーンは、欧米人に比べれると少し赤黒いのが普通です。

 

また、妊娠するとプロゲステロンの分泌が多くなるため、デリケートゾーンや乳首、脇などが黒ずみやすくなります。適切なケアをすれば、産後には元通りになると言われているので安心して下さいね。

 

④肌のターンオーバーの乱れ

 

「肌のターンオーバー」という言葉は、20代、30代の女性であれば多くの人が知っていることでしょう。ターンオーバーとは、端的に言えば「肌の生まれ変わり」のことです。

 

皮膚の画像

 

こちらの図は、皮膚の構造を詳しく表したものです。皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つからなり、表皮は「基底層」「有棘層」「顆粒層」「角質層」の4つで出来ています。

 

基底層で生まれた細胞はそれぞれの役割を果たしながら上に押し上げられていき、角質層までたどり着くと最終的に垢となって自然と剥がれ落ちていきます。これが肌のターンオーバーの流れです。

 

  • 女医

    ターンオーバーは20代では大体28日周期と言われています。ターンオーバーは加齢と共に遅くなり、30~40代では45日程度になります。「自分の年齢×1.5~2」が大体のターンオーバーの目安となります。また、ターンオーバーはストレスや生活習慣が乱れるとリズムが狂いがちになります。

 

肌のターンオーバーはデリケートゾーンの皮膚でも同じことが言えます。加齢やストレス、生活習慣の乱れなどでターンオーバーのリズムが崩れてしまうと、角質層にあるメラニン色素が剥がれ落ちにくくなり黒ずみの原因になるのです。

 

デリケートゾーンの黒ずみの改善法や予防法をご紹介!

水着の女性

 

デリケートゾーンのある程度の黒ずみは自然なことなので仕方ないとしても、美意識の高い女性にとってはデリケートゾーンの黒ずみは切実な問題ですよね。そこで、デリケートゾーンの黒ずみの改善法や黒ずみの予防法について解説していきます!

 

 デリケートゾーンの黒ずみの改善法&予防法 

▼保湿する

▼清潔を保つ

▼締め付けの強い下着はたまに着けるようにする

▼美白クリームをぬる

▼美容皮膚科などで美白をする

 

黒ずみ対策① 【保湿をする】

 

皮膚が薄くとてもデリケートな場所であるデリケートゾーンは、しっかり保湿して守ってあげることが大切です。お顔はしっかり保湿する女性がほとんどですが、これは肌に潤いを与えることで乾燥や摩擦などから守っているのです。

 

デリケートゾーンは常に乾燥や摩擦の状態にあります。黒ずみやすい環境になっていますので、潤いを与えてしっかり守ってあげるようにしましょう。

 

デリケートゾーンは何で保湿すればいいのですか?

お手軽な保湿剤として「ワセリン」があります。ドラッグストアで取り扱いがあり赤ちゃんの肌にも使える非常に安心な保湿剤です。ワセリンはただ保湿をするだけですが、黒ずみが気になる人は美白も兼ねてデリケートゾーンにも使える美白クリームでも保湿が可能です。

 

デリケートゾーンにも使える美白クリームについては、詳しく後述しています。

 

黒ずみ対策②  【清潔を保つ】

 

先程も述べましたが、デリケートゾーンは汗や皮脂、おりものや経血などで非常に汚れやすい場所です。

 

汚れがたまると黒ずみの原因になるだけでなく、臭いやかゆみの原因にもなりますので先程紹介した「デリケートゾーンの正しい洗い方」を参考に、毎日洗うようにしましょう。言うまでもありませんが、ナプキンやおりものシートはこまめに取り替えましょう!

 

黒ずみ対策③  【締め付けの強い下着はたまに着ける】

 

カワイイ下着やオシャレな下着は、締め付けが強いものが多いようです。また、素材もデリケートゾーンにとってはあまり優しくないものを使用しているものが多いです(ポリウレタン系やナイロン系など)

 

これらの下着は、パートナーと会う予定がある時に着けるようにして、普段は綿100%の素材の下着などデリケートゾーンに優しい下着を着けるようにしてはいかがでしょうか?

 

黒ずみ対策④  【美白クリームをぬる】

 

デリケートゾーンの黒ずみが気になる人は、デリケートゾーンにも使える美白クリームをぬるのもおススメです!

 

保湿も出来ますし一石二鳥ですよ。ただし、美白クリームは効果があらわれるまで時間がかかる上、肌に合わない場合もあります。人によっては美白効果がないケースもあり、「何もしないよりマシ」という体験談も聞かれるほどです。

 

しかし、根気よく続けていれば黒ずみを防ぐことが出来ると思いますし、美白効果があらわれることももちろん期待できます。最近は「○○日間返金保証」など、効果があらわれなければ返金できるサービスもあります。

 

当サイトでおススメしているのはこちらの美白クリームです!

 

イビサクリーム


  • 通常購入:7,000円(+税)
  • 定期購入:4,470円(+税)
容量:35g/1ヶ月分
有効美白成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2k
※60日間返金保証サービス付き(初回限定)

 

「デリケートゾーンの黒ずみ改善」と言えばイビサクリーム!と言われるほど有名な美白クリームです!高級美白成分である「トラネキサム酸」をふんだんに使用している他、植物性の美白成分も配合されています。

 

「デリケートゾーンの黒ずみが改善された!」「保湿と美白が出来るなんて最高!」など多くの喜びの声があります。効果が実感出来なければ、初回に限り60日間の返金保証サービスがあるのも嬉しいですね。

 

ホスピピュア


  • 通常購入:9,000円(+税+送料)
  • 定期購入:5,500円(+税)
容量:30g/1ヶ月分
有効美白成分:トラネキサム酸
※90日間返金保証サービス付き(初回限定)

 

こちら「ホスピピュア」もトラネキサム酸の他に、11種類もの天然美白成分が配合されており、肌に優しく効果が高いと評判の美白クリームです!

 

90日間の返金保証サービスは大変太っ腹!肌のターンオーバーの効果があらわれはじめるのが大体3か月くらいなので、それに合わせて効果を確かめられるのが大きな魅力です。

 

黒ずみ対策➄  【美容皮膚科などで美白する】

 

 

デリケートゾーンの黒ずみがあまりに気になる人は、美容皮膚科などで美白するのも一つの方法です。

 

病院では、ピーリング剤を使って黒ずみを除去する方法であったり、デリケートゾーンにも使えるレーザーを当ててメラニン色素を除去する方法があります。

 

「病院で美白するんだし効果抜群なのでは?」と思われるかも知れませんが、メリットの他にデメリットもあるんです。

 

 メリット 

▼時間をかけずに黒ずみを改善出来る

▼トラブルがあってもすぐに対応可能

 

 デメリット 

▼保険適用外なので費用がかかる

▼病院に通うので時間的コストがかかる

▼思うより効果が出ない場合も

 

「自宅で美白クリームをぬるよりも、お医者さんに処置してもらう方が安心!」

という人は病院での黒ずみ除去が向いていると思います。

 

メリット・デメリットを把握して納得のいく治療が出来るよう、しっかり下調べをしてから病院に行きましょう。ほとんどの病院では無料でカウンセリングを行っていますので、それも利用するといいかも知れませんね。

 

デリケートゾーンのお悩み③  【かゆみ】

悩む女性

 

デリケートゾーンのお悩みで他によくあるのは「かゆみ」でしょう。しかもかゆみは急に襲ってくることもあり、場所が場所だけに思い切りかくことも出来ません…とても辛いですよね。

 

でも、デリケートゾーンのかゆみは何も特別なことではなく、多くの女性がデリケートゾーンのかゆみに悩まされた経験があるのです(もちろん筆者もあります!)

 

デリケートゾーンは汚れやすくムレやすいのでかゆみが起こりやすい場所です。しかも夏場は汗をかくのでさらにムレやすく、デリケートゾーンのかゆみに悩まされる季節でもあります。

 

でも、きちんと対処法が分かっていればかゆみに悩まされることはありません!デリケートゾーンのかゆみの原因と対処法についてお話していきたいと思います。

 

デリケートゾーンのかゆみの原因は?

 

デリケートゾーンの辛いかゆみの原因は以下のものが挙げられます。

 

 デリケートゾーンのかゆみの原因 

▼正しい洗い方で洗えていない(汚れがたまっている)

▼汗や皮脂、おりものや経血などによるムレ

▼乾燥

▼陰毛が濃い

▼性病などの病気

 

①正しい洗い方で洗えていない(汚れがたまっている)

 

デリケートゾーンが正しく洗えていないと、臭いの原因になるだけでなくかぶれを起こしてしまいかゆみの原因にもなります。

 

特にビラビラの裏側は要注意です!恥垢がたまりやすいので専用ソープで優しく洗わないと取れません。たまった恥垢はかぶれや炎症を引き起こすこともあるので、毎日しっかり洗いたいですね。

 

ただし、「優しく」「デリケートゾーン専用ソープで」「泡を使って」を守って洗って下さいね。洗って清潔にすることは、スキンケアの基本中の基本です!

 

②汗や皮脂、おりものや経血などによるムレ

 

デリケートゾーンは内臓に直接繋がっている器官である「膣」を守ろうと、汗や皮脂、おりものが分泌されやすい場所です。これらは言わば「水分」なので非常にムレやすくなります。

 

  • 女医

    デリケートゾーンの外側にある「大陰唇」は常にピタッと閉じており、細菌の侵入や外部の刺激から膣や尿道など重要な器官を守っています。しかし、閉じていることでとてもムレやすい状態であることも事実です。

 

また、生理中は経血が出るのでこれまた水分が多い状態になり、ムレやすくなるのですね。しかも生理中はナプキンをつけているので想像以上にムレてしまっており、かぶれやかゆみを引き起こす環境となっています。

 

③乾燥

 

干上がった地面

 

かゆみの原因は何もムレだけではありません。それとは真逆の「乾燥」からくるかゆみもまた多いものです。冬の寒い日に唇をリップで保護してあげないと乾燥して痛くなることがありますよね。あれと同じことがデリケートゾーンでも起こり得るのです。

 

  • 女医

    デリケートゾーンは加齢と共に潤いがなくなり、乾燥しやすくなります。特に乾燥しやすい季節はそれが顕著にあらわれます。

 

④陰毛が濃い

 

皆さんは自分の陰毛をどう思いますか?

 

「けっこう薄いのかな…」

「ちょっと濃いめ?でも分かりづらいかも」

「Iラインまでしっかり生えてる」

 

などなど、陰毛の生え方は十人十色です。

 

ところで、夏場や生理中など陰毛が生えている辺りがかゆくなることはありませんか?それ、もしかすると陰毛が濃いのが原因かも知れません…陰毛が濃いとムレやすくなるので、かゆみを感じやすくなるのは当然ですよね。

 

「陰毛を処理したいけどやり方が分からない」

「自己処理は自信がないから脱毛サロンやクリニックで処理したい」

 

と思っている方、この後に陰毛の処理の仕方について詳しく解説していますので是非ご覧くださいね!

 

➄性病などの病気

 

かゆみの原因となるのは、単にムレやかぶれだけではありません。中には性病やその他のデリケートゾーンに起こる病気が原因でかゆみを引き起こしていることがあるのです。

 

特に20代、30代はセックスする機会が多い年代でもあります。もちろんセックスの経験がある人全員ではありませんが、性病にかかるリスクは他の年代に比べると高くなってしまっているのが現状です。

 

ムレやかぶれなどから起こるかゆみなのか、それとも性病など病気からくるかゆみなのかを見分ける方法、また性病の種類について詳しく後述してありますので一度目を通しておくことをおススメします!

 

デリケートゾーンのかゆみにおススメの市販薬はコレ!

 

ナース

 

デリケートゾーンにかゆみの症状があるととても辛いですよね。かきづらいですし、かきこわして炎症やひどいかぶれになってしまうのも心配です。

 

そこでデリケートゾーンのかゆみにすぐ効き、しかもドラッグストアで手軽に手に入る市販薬をご紹介したいと思います!

 

フェミニーナ軟膏

 

フェミニーナ軟膏

  • ▽15g:880円(+税) ▽30g:1400円(+税)
▽かゆみ止め成分・炎症を抑える成分をしっかり配合!

▽第2類医薬品だからドラッグストアで手軽に購入出来る

 

CMでもお馴染み、フェミニーナ軟膏です。「デリケートゾーンのかゆみと言えばコレ!」というくらい高い知名度を誇ります。それに見合うかのように効果も抜群です!

 

かゆみ止め成分と炎症を抑える成分が比較的多く配合されていますので、かゆみにすぐ効くばかりでなくかぶれなどのトラブルも解決してくれますよ。ドラッグストアで手軽に購入出来るのも魅力の一つです。

 

フェミニーナミスト

 

フェミニーナシリーズのミストタイプです。デリケートゾーンにかゆみを感じたら、トイレでシュッとするだけで速やかにかゆみを抑えてくれる超便利アイテム♪

 

お手軽仕様なのにかゆみにしっかりアプローチしてくれるので、夏場などムレやすい時期のお守り代わりと持っていてもいいですね。ポーチに入る大きさなのも嬉しいです。

 

フェミニーナミスト

  • ▽15ml:880円(+税) ▽30ml:1000円(+税)
▽外出時に手軽に使えるミストタイプ!

▽携帯に便利でいつでもシュッとひとふき!素早くかゆみを抑えられます。

 

これらのアイテムを駆使して、デリケートゾーンのかゆみを乗り切りましょう!

 

性病や病気の可能性アリ!チェックリストでチェックしてみよう

ナース姿の女の子

 

先程も述べましたが、20代、30代の女性は性生活が最も盛んな年代だと言えます。それだけ性病にかかるリスクも上がってしまうのが現状です。

 

しかし、性感染症で有名なクラミジアなどは自覚症状が乏しいことでも知られています。性病などデリケートゾーンの病気を放置しておくとパートナーにうつしてしまうリスクがあるばかりか、不妊の原因になることだってあります。

 

そんな怖い性病と、単なるかぶれなどからくるかゆみなのかを見分ける方法をご紹介しています。チェックリストもあるので、不安な方は是非チェックしてみてくださいね。

 

性病ってどんなものがあるの?

 

性病は実はたくさんの種類があり症状も違ってきます。世の中に蔓延している性病の種類を理解しましょう!

 

①HIV(後天性免疫不全症候群)

 

通称「エイズ」と呼ばれる性病で、世界でも感染者が増大していると共に、発症すると様々な細菌やウイルスに対する抵抗がなくなることで死に至る恐ろしい病気です。

 

ひと昔前までは「不治の病」とされていましたが、近年は抗エイズウイルス薬が多数開発されており、早期発見すれば感染していない人と同じくらい生存が可能となっています。

 

  • 女医

    エイズウイルスは感染力が非常に弱いウイルスです。唾液や涙、尿などの体液では他の人に感染することはありません。男女間のセックスでもそれほど感染力は高くありませんが(100回のセックスに1回の確率)、あくまでも確率なのをよく覚えておきましょう。膣やペニスなどに傷がある場合、感染率はぐんと高まってしまいます。血液を介して感染することもありますので他人の血液に極力触らないことも大切です。

 

HIVに感染したとしても、長い人で約10年くらいは症状が出ない状態が続きます。そのため、自分がHIVに感染していることを知らず、結果として感染が拡大してしまうというわけです。

 

このような恐ろしいHIVの感染を防ぐには以下の方法を実行するしかありません。

 

 HIVから身を守る方法 

▼不特定多数の人とのセックスはNG

▼パートナーとセックスする時は必ずコンドームを使用する

▼婚姻関係にある夫婦はHIVの検査をする

▼体に傷などがある場合、他人の血液に触らない

 

各自治体の保健所ではHIV検査を無料で実施していますので、定期的に検査しておくと安心ですね。

 

②クラミジア

 

性感染症の中では最も多い性病です。自覚症状に乏しく、感染しても無治療の場合が多いので近年感染者が拡大しています。実は、クラミジアに感染している人はHIVに感染する確率が高くなるとも言われています。

 

また、放置しておくと卵管まで炎症が進み、不妊の原因になることもある怖い病気です。

 

  • 女医

    クラミジアはデリケートゾーンに感染するものの他に、喉に感染する「咽頭クラミジア」もあります。オーラルセックスが原因で感染し、発症すると喉が痛くなったり発熱したりします。

 

自覚症状に乏しいと言われていますが、おりものには少なからず変化が出るとも言われています。普段からおりものの状態をチェックしておくことが大切です。クラミジアは、抗生物質で比較的早く治療が可能です。

 

③淋病

 

淋菌による性感染症で、感染する確率は20~30%と比較的高めです。また、クラミジアと同じく自覚症状に乏しいため、気付かないままパートナーに感染させてしまっていることもあります。

 

放置していると不妊の原因にもなる怖い性病で、オーラルセックスによる喉への感染もあります。妊娠中の女性が感染すると産道を通して胎児に感染し、胎児の両目を侵すことで失明してしまうこともあります。

 

  • 女性

    淋病に感染しているとクラミジアにも感染している可能性が高いので、この2つの性病の検査と治療は同時に行われることが多いです。

 

④梅毒

 

花と女性

 

「梅毒は戦前戦後の性病」という認識が高かったのですが、ここ数年梅毒の患者数が増えています。特に20代前半の女性に多いと言われており、この年代の女性は注意が必要です。

 

梅毒に感染してもすぐに症状が出るわけではありません。また、梅毒には経過した期間によって症状が違ってくるのも大きな特徴です。

 

第一期(感染後約3週間目)…感染が起きた部位(デリケートゾーン、口腔内、肛門など)にしこりが出来ます。また、鼠径部のリンパが腫れることもありますが、特に治療をしなくても自然に治ってしまいます(ただし感染力はあり)。

 

第二期(感染後数か月)…無治療で3か月以上経つ頃には、手のひらや足の裏、体全体などにうっすらと赤い発疹がみられます。これも特に治療をせずとも自然に消えますが、この時点で治療をしておかないと数年後に複数の臓器に異常がみられることも。

 

第三期(感染後数年)…無治療で数年経過すると、全身に膿腫が発生し、臓器が正常に働かなくなり場合によって死に至ることもあります。現在は早期発見出来る場合が多く、治療薬も大変有効なものがあるためここまで症状が進むことは稀です。

 

  • 女医

    妊婦が梅毒に感染すると、胎盤を通して胎児に感染し、死産・流早産・新生児死亡や奇形が生じることがあります(先天梅毒)

 

梅毒は第二期の発疹がバラのような感じなので「バラ発疹」とも呼ばれます。この時期に梅毒であることに気付く人がほとんどですが、中には気付かないことも。思い当たる場合は必ず医療機関を受診しましょう!

 

➄カンジダ膣炎

 

カンジダ菌という真菌の一種が異常増殖して発症する性病です。カンジダは元々膣の常在菌として体内にいますが、体調を崩したりして免疫機能が低下した時に異常増殖することがあります。このため、セックスの経験がない人でも発症することがあります。

 

カンジダ膣炎は、デリケートゾーンの激しいかゆみとポロポロした白いおりものが特徴なのですぐに分かります。薬で治りますが、常在菌なので再発することも珍しくありません。面倒だからと病院に行かないのではなく、しっかり治療するようにしましょう!

 

⑥尖圭コンジローマ

 

ヒトパピローマウイルスに感染することで発症します。特徴的なイボがデリケートゾーン全体に出来、酷いかゆみを伴うためすぐに分かるケースが多いです。

 

ヒトパピローマウイルスは子宮頸がんのウイルスなので、子宮頸がんも心配です…

尖圭コンジローマのウイルスは確かにヒトパピローマウイルスで子宮頸がんの原因となるウイルスと名前は同じです。しかし、子宮頸がんの発症に関わるウイルスは「ハイリスクHPV(ヒトパピローマウイルス)」と言われ、尖圭コンジローマに関係するウイルスとは異なります。ただし、尖圭コンジローマに感染した人は、念のため子宮頸がんの検査も実施します。

 

⑦性器ヘルペス

 

ヘルペスウイルスに感染することで発症しますが、無症状の場合がほとんどです。日本人の約70~80%の人がこのウイルスに感染していると言われています。

 

ヘルペスウイルスは神経に潜んでおり、免疫力が低下した時などに発症するとても厄介な病気です。症状としては、デリケートゾーンにできものが出来、激しい痛みを伴ったり発熱することもあります。

 

このことから、セックスの経験がない人でも発症することがあります。治療法はヘルペスウイルスに効く抗ウイルス剤を投与しますが、神経内部にいるため症状を緩和する程度にとどまります。再発することもありますが、再発時の症状は軽く済む場合が多いです。

 

⑧トリコモナス膣炎

 

トリコモナス原虫に感染することで発症します。黄色や黄緑色のおりものがたくさん出て、泡も一緒に出ていることがあるため、比較的早く異常を感知しやすい性病です。有効な薬がありますので適切な治療をすればすぐに治りますよ。

 

⑨毛ジラミ

 

髪の毛に多いイメージがある毛ジラミですが、陰毛にうつる毛ジラミもあるんです。感染するきっかけは毛ジラミが寄生している人の陰毛と、自分の陰毛同士が触れることで簡単に感染してしまいます。

 

症状としては陰毛が異様にかゆくなります。また、シラミの成虫は肉眼で見えるのでよく見ると虫がいるのが確認出来ます。卵を産みつけていることもあるため、駆除は「スミスリンシャンプー」という毛ジラミ専用のシャンプーを使います。

 

スミスリンシャンプーはドラッグストアで購入出来ます。3日に1回スミスリンシャンプーをして、これを3~4回繰り返し、毛についている卵は付属品のクシを使って除去します。

 

性病チェックリストで性病の有無を調べてみよう!

 

性病の症状を見ると「かゆみ」「おりものの異常」が初期症状として多い印象がありますよね。でも、かゆみやおりものの変化はあまり珍しいことではないので、性病かどうかの見分けがつきません

 

そこで、単なるかぶれや乾燥などからくるかゆみなのか、それとも性病からくるものなのか簡単にチェック出来るリストがありますので、是非参考にしてみてください。

 

 性病チェックリスト 

□デリケートゾーンのかゆみが続き、かゆみ止めを使用しても効果がない

□デリケートゾーンにできものが出来ており、激しく痛むこともある

□おりものの増加や濃い黄色や黄緑色のおりものが出る、白いポロポロしたおりものなど、おりものの異常がみられるようになった

□原因不明の発熱があり、内科にかかることが多くなると同時に、発疹が出ていることもある

□陰毛が異常にかゆく、よく見ると小さな虫や卵がついている(毛ジラミの症状)

 

この中に1つでも当てはまる項目があれば、もしかすると性病である可能性が高いです。性病の治療は早ければ早いほど効果が高く予後も良好です。思い当たる場合は、速やかに婦人科や産婦人科、レディースクリニックを受診しましょう!

 

デリケートゾーンの毛が多くて悩んでいます…処理の仕方を教えて!

外国人の女性

 

先程も述べましたが、陰毛が多いとかゆみや臭いの原因になることがあり、実はあまり良いことはないんです。

 

「自己処理をしたいけど正しい方法が分からない」

「脱毛サロンやクリニックを調べているけど、多すぎて違いも分からない」

「ツルツルは嫌だけどどれくらい毛があった方がいいのか、バランスが分からない」

 

など初心者の方はハードルが高いものです。陰毛の処理は気軽に他人に相談出来ないのもツライところですよね。そこで、陰毛の正しい処理の仕方や脱毛サロンやクリニックの違いやおすすめなど詳しくご紹介したいと思います!

 

陰毛が生えている場所はここ!

 

まずは鏡を見ながら陰毛が生えている場所を確認していきます。

 

Vライン

 

 

Vラインは、いわゆるアンダーヘアのことで下着や水着を着る際に処理をすることが多い場所です。Vラインをきちんと処理しないと、いざカワイイ水着やパートナーとのセックスの時に恥ずかしい思いをすることも…

 

自己処理も比較的簡単に出来るので、多くの女性が処理している場所でもあります。

 

Iライン

 

 

Iラインは大陰唇や小陰唇付近に生えている陰毛のことです。鏡を使わないと見えないので勇気を出して確認してみましょう!

 

「けっこう生えてる…」

「思ったよりも薄いかも」

などIラインの陰毛の生え方は様々です。

 

Iラインの毛が多い人は処理することで、ムレによるかゆみも少なくなります。また、下着の種類によってははみ出てしまう毛もスッキリときれいに見せることが出来、パートナーの評価もグンと上がります!

 

セックスの時にクンニをしてくれるパートナーも多いですが、Iラインの毛が多いと毛が口に入ってクンニしたくない…という人もいるんです。そのためにもしっかり処理したい場所ですよね。

 

自己処理も出来ますが、Vラインの処理にある程度慣れた人でないと難しい場所かも知れません。初心者の方はサロンやクリニックで処理するのがおススメです。

 

Oライン

 

 

Oラインは、肛門周りに生える陰毛のことです。全く毛が生えていない人もいますが、チョロチョロと生えている場合もあり、それはそれで処理しないと見栄えが悪いです…自己処理が難しい場所なので、サロンやクリニックで処理するのがおススメです。

 

陰毛の自己処理の方法は?

 

水着の女性

 

陰毛は自己処理出来ますが、慣れるまではコツが必要です。また、デリケートな場所でもあるため、処理の仕方を間違えると思わぬトラブルに繋がることも。正しい自己処理の方法をしっかり覚えましょう!

 

①カミソリや毛抜きはNG

 

鏡がなくても自己処理が出来るVラインなどは、カミソリで簡単に処理出来そうですよね。しかし、Vラインの皮膚もけっこうデリケートなんですよ。カミソリは思った以上に肌に負担をかけますので、肌荒れやそれによる黒ずみの原因となることも。

 

さらに、カミソリでそった後の毛は真っすぐになるので、生えてくる時毛先が皮膚に当たると思いのほか痛いんです。

 

毛抜きも同様です。毛抜きは毛根を無理矢理引っこ抜く行為なので皮膚には相当のダメージがあります。すねなどの毛を抜いた時もけっこう痛くて抜いたところが赤くなっていたりしますよね。

 

それをVラインやIラインの毛を引っこ抜いたら…皮膚にかなりの負担がかかることは容易に想像出来ます。というかすごく痛いと思います。「陰毛の処理はカミソリと毛抜きはNG」ということを頭に入れておきましょう。

 

②陰毛をカットするなら「電気シェーバー」と「ヒートカッター」がおススメ!

 

陰毛をカットするには、電気シェーバーヒートカッターを組み合わせて処理する方法がおススメです!どちらもデリケートゾーン専用のものがありますよ。

 

▼電気シェーバー

 

LC*Iラインシェーバー

  • 3,981円(+税)
肌を傷つけない仕様になっており、スムーズにカットすることが可能なIライン専用電気シェーバー。

 

当サイトでおススメするデリケートゾーンにも使える電気シェーバーです!しかもデリケートで処理が難しいIラインの毛を簡単にカットしてくれる超優秀アイテム♪皮膚を傷つけないような設計がされているのでとても安心ですよ。

 

ただし、電気シェーバーでカットした毛の毛先は尖ってしまうためどうしてもチクチクしてしまいます。また、全部の毛を剃ることは出来ずどうしても1mmくらい残ってしまうのが弱点です。

 

▼ヒートカッター

 

ヒートカッターは毛を焼き切ることでカットしていく方法です。

「何だか火傷しそうで怖い…」

「毛がチリチリになりそう」

と不安になる方もいますが大丈夫です!

 

こちらも肌に直接当たらないような設計になっていますし、毛がチリチリになることはなく、むしろ毛先が丸くなるので生えてくる時に痛くないのが嬉しいですね。ただし、ヒートカッターも1mmくらい残ってしまうのが欠点です。

 

「LC Vライントリマー」はデリケートゾーンにも使えるヒートカッターなのでとても使いやすくておススメです♪ただし、Vライン専用なのでIラインにはかなり使いづらく、上級者でないとうまく処理出来ないと思います。

 

LC*Vライントリマー

  • 3,810円(+税)
熱の力で隠毛を処理するため、毛先が丸くなりチクチクしないのが最大の特徴。Vライン専用ではあるので、Iラインに使用すると使いづらい可能性も。

 

Vラインはヒートカッターで、Iラインは電気シェーバーで…という感じで使い分けると効果的かも知れませんね!どちらも陰毛の自己処理には必須アイテムですよ。

 

③Vラインをスッキリさせたい人は、除毛クリームも使える!

 

除毛クリーム手足や脇のムダ毛用だけだと思っていませんか?でも、実はVラインにも使用できるんですよ!電気シェーバーやヒートカッターでは処理しきれないムダ毛も、除毛クリームならスッキリ除毛出来るのではみ出る心配もないです!

 

除毛クリームはVラインだけにしか使用出来ないのですか?

除毛クリームは毛根を溶かしてムダ毛を取り除く方法です。刺激が強いのでデリケートなIラインには使用出来ません。ビラビラの内側にある粘膜部分に除毛クリームがついてしまうと、かなりの痛みを伴います。

 

また、除毛クリームを使用する前に、長い毛は電気シェーバーなどでカットしておいて下さい。その方がキレイに除毛出来ますよ。当サイトでおススメしている除毛クリームはコチラ!

 

ヘアーリデューシングクリーム


  • 初回限定価格:2,900円(+手数料600円)

使い続けていく内に徐々に薄くなる画期的なクリーム!毛深い海外女性用に作られたもののなので、効果も抜群です!

容量:1個*140ml

 

140mlで2,900円と少し割高ですが、伸びがすごくいいので実はコスパもいいですよ!優しい成分配合ですが、日本人女性よりも毛深いと言われている海外女性用に作られた除毛クリームなので、効果は抜群です。是非お試しくださいね。

 

④ブラジリアンワックスならIライン脱毛も出来る!

 

「Iライン脱毛をしたいけど除毛クリームは無理だし、電気シェーバーだと完全に脱毛出来ないし、もう脱毛サロンに行くしかない!?」

 

と思っているあなた、大丈夫です!「ブラジリアンワックス」ならIラインの毛も安心して脱毛出来るんですよ。

 

ブラジリアンワックスとは何ですか?

ブラジリアンワックスとは、主にVIOラインを脱毛するのに便利なワックスです。脱毛方法は至って原始的で、脱毛したい場所にワックスをぬり、専用のシートを貼り付けて一気に剥がして脱毛します。色々な種類がありますが、天然成分で作られているので肌に優しく、 Iラインにも安心して使うことが出来ます

 

ブラジリアンワックスはかのクレオパトラも愛用していたのだとか…大昔の女性でも、ムダ毛はしっかりお手入れしていたのですね!このような便利なブラジリアンワックスですが、慣れるまではコツが必要です。使用する際の注意点を挙げてみたいと思います。

 

 ブラジリアンワックスを使用する際の注意点 

▼初めてする場合は、念のためパッチテストをしてから使用する

▼初めに腕の毛などで練習し、慣れてきたらデリケートゾーンの処理をしてみる

▼ワックスはたっぷりまんべんなくぬり、引きはがす時は一気に!

▼脱毛後は肌荒れを起こすことがあるので、保湿をして皮膚を守る

▼永久脱毛ではないので、1~2週間程経つと生えてくる

 

ブラジリアンワックスでの脱毛後の保湿は、ワセリンや美白クリームなどでしっかり保護してあげましょう。

 

また、脱毛するタイミングにも気を付けたいですね。1~2週間ほど経つとポツポツ生えてくるので、例えばパートナーに会う前日などに脱毛しておけばベストです!

 

ブラジリアンワックスはいくつか種類がありますが、当サイトでおススメしているのはコチラのワックスです♪

 

シェリークリア


  • 定期コース初回*480円
  • 2回目*4,480円

ただ引き剥がすのが目的ではなく、プラス肌の保護も考えた成分が配合されています。

容量:150g

 

肌を保護する成分が配合されているので、乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使うことが出来ると評判ですよ。

 

永久脱毛をしたい!方法やサロンとクリニックの違いは?

 

疑問を抱く女性

 

陰毛の自己処理は手軽でいいですが、また生えてくるというのが最大の難点ですよね。特に陰毛が剛毛の人は切実な悩みでしょう。そんな人は、脱毛サロンやクリニックで「永久脱毛」をすることをおススメします!

 

「デリケートゾーンの脱毛なんて恥ずかしくて出来ない!」

「Iラインの脱毛とかどうやってするの!?」

「Vラインの永久脱毛をしたいけど、パイパンはイヤ」

 

などなど、脱毛サロンやクリニックに対する不安は本当に様々です。脇やすねなら永久脱毛の敷居は低いのですが、デリケートゾーンの脱毛ってけっこう勇気が必要ですよね。そこで、永久脱毛の方法やサロンとクリニックの違いなどをまとめました!

 

脱毛サロンとクリニックの違いは?

 

世の中には脱毛サロンやクリニックが本当に多いですよね!CMなどでも盛んに放映されていますし、ネットに至っては情報が多すぎてどれがいいのか分からなくなってしまいます。

 

基本的に「○○クリニック」と呼ばれるところは「医師のもと医療脱毛を行っているところ」と覚えておいてください。それ以外は脱毛サロンと呼ばれるところで、医師ではなく熟練したスタッフが脱毛を行っています。

 

脱毛サロンと医療脱毛の大きな違いは「照射マシンの出力の違い」です。基本的に脱毛サロンよりも医療脱毛で使うレーザーの方が出力が強く、少ない回数で脱毛が完了します。その分、医療脱毛の方が費用がかかります。

 

脱毛サロンと医療脱毛の違いは以下の通りです。

 

  クリニック 脱毛サロン
照射マシンの出力 強い 弱い
効果が出るまでの照射回数 約5~8回 数か月かかる場合も
費用 高い 比較的安く、キャンペーンも多い
脱毛時の痛み 比較的強い 低出力のため比較的痛くない場合が多い

 

基本的に医療脱毛の方が痛みが強いですが、麻酔を扱うことが出来る医師がいる場合は、麻酔をしながら照射出来るクリニックもありますので痛みに弱い人は安心でしょう。

 

施術後のアフターフォローはクリニックも脱毛サロンもしっかりケアしてくれますが、クリニックだと医師が痛み止めなどの薬をその場で処方してくれますので、安心感があるのは事実です。

 

費用もクリニックの方が高いですが、高出力のレーザーを使用しているため効果が出るのが早く通う回数が少なくなる可能性もあります(個人差があります)。

 

脱毛サロンはマシンの出力が低く通う回数も多くなりますが、その分料金はかなり安く、キャンペーンを行っているところも多いのでとてもお得かつ気軽に脱毛をすることが可能です。

 

永久脱毛の流れ

 

脱毛サロンもクリニックも、永久脱毛の流れはだいたい同じです。大まかな流れをご説明したいと思います。

 

①ネットや電話でカウンセリングの予約をする

全てのサロンやクリニックでは、無料でカウンセリングを行っています。どんな形のVラインにしたいのか、Iラインはどこまで脱毛するのか、痛みはどれくらいなのか…など気になることはどんどん聞きましょう。

 

もちろん、無料カウンセリングのあとに施術を断ることも出来ますし、無理な勧誘もありませんから安心してくださいね。

②脱毛するサロンやクリニックを決め、施術の予約をする

どこで脱毛するか決まったら、電話で施術の予約を入れます。持ち物などを確認しておくのを忘れないようにしましょう。

 

  • 女医

    レーザーを当てる際、陰毛が長いと十分な効果がありません。施術当日までに陰毛のセルフカットをしておきましょう。

 

③施術を受ける

予約した日時にサロンやクリニックに行き、施術を受けます。アフターケアの方法や次回の施術の詳細を伝えられますので、メモしておくと忘れずに済みますね。

 

脱毛はどんな格好でするのですか?Iライン、Oライン脱毛は足を広げる必要がありそうで恥ずかしいのですが…

多くの脱毛サロンやクリニックでは、レーザーを照射しやすいよう、ガウンと紙パンツという格好で施術を行います。Vラインはショーツをずらし、足を閉じたまま施術します。Iラインは仰向けに寝た状態でショーツをずらし、足を片方ずつ「4の字」に曲げます。こうすることでデリケートゾーンが開いてIラインが見えるようになるので、片方ずつ照射していきます。Oラインは横向きかうつ伏せで施術しますが、お尻の穴周辺ギリギリまで照射するので、どうしてもお尻を広げる必要があります。

 

Vラインはともかく、IラインやOラインは少し恥ずかしいかも知れません。でも、慣れれば大丈夫!スタッフは慣れているので「恥ずかしい恰好だな」と思われたりしませんから安心してくださいね。

 

  • 女医

    脱毛時間は、VIO1か所ずつ大体2~3分くらいで完了します。

 

おススメの脱毛サロンやクリニックをご紹介!

 

 

脱毛サロンやクリニックは本当に多くて迷ってしまいますよね。そこで当サイトおススメのサロンやクリニックをご紹介しましょう。

 

▼脱毛サロン

 

ミュゼプラチナム


  • ハイジニーナ7VIO脱毛コース

アプリをダウンロードすればさらにお得に!!

▽平日デイプラン:4回*30,000円/6回*45,000円
▽いつでもOKレギュラープラン:4回*36,000円/6回*54,000円

 

ミュゼプラチナムは大手脱毛サロンとして有名です。全国的に展開されているので通いやすいのが利点!また、お得なキャンペーンも定期的に行っているので、行く場合はホームページをしっかりチェックしてみましょう。

 

キレイモ


  • 全身脱毛
▽月額定額:9,500円
▽パック:6回*114,000円/12回*212,040円

 

キレイモも店舗数が多く、通いやすいです。何回も通う必要のある脱毛サロンは、とにかく「通いやすい」というのは選ぶ際の大きな要素になりますよね。

 

また、芸能人が多く通うという人気のサロンでも有名。脱毛だけでなくエステにも力を入れているので、よりきれいなデリケートゾーンになれること間違いなし!

 

▼クリニック

 

リゼクリニック


  • Iライン単発/VIO脱毛セット

ポイント会員&プラチナ会員ならさらにお得に!

▽Iライン単発:1回*13,300/5回*39,800円
▽VIOセット:1回*44,500円/5回*99,800円

 

クリニックなので医師によるアフターフォローも充実しており安心出来ます。全国に20院開院しており、通いやすいというのも大きな長所!脱毛のメリットだけでなく、デメリットもしっかり説明してくれるので安心出来ますね。

 

湘南美容外科


  • Iライン単発/ハイジニーナ(VIO)

ポイント会員&プラチナ会員ならさらにお得に!

▽Iライン単発:1回*6,070円/3回*17,410円/6回*28,750円
▽ハイジニーナ:1回*14,500円/3回*29,800円/6回*58,000円

 

CMでもお馴染みの湘南美容外科クリニックは、クリニックの中でも比較的安い価格で脱毛出来ます。無理な勧誘も一切ありませんし、麻酔が出来る医師も常駐していますので痛みに不安がある場合は安心です。

 

20代、30代のデリケートゾーンのお悩みまとめ

笑顔の女性

 

20代、30代のデリケートゾーンのお悩み、重要ポイントをまとめました!

 

 20代、30代のデリケートゾーンのお悩みまとめ 

▼正しい洗い方で毎日洗う(臭いやかゆみの予防、改善につながる)

▼ナプキンやおりものシートはこまめに替える

▼保湿も忘れずに

▼生活習慣の過度の乱れは要注意!

▼長い陰毛は処理する(臭いやかゆみの予防、改善)

▼かゆみやおりものの異常が続く場合は性病の疑いアリ!速やかに病院を受診する

 

お顔だけでなく人に見えにくいデリケートゾーンもしっかりケアをして、素敵で充実した20第、30代を過ごしましょう♪

 

気に入ったらシェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す



あわせて読みたいコラム